サーフでヒラメを狙うためのメタルジグを選ぶ時はここを気をつけよう

 

某店のサーフルアーコーナーを見ると、「メタルジグが増えてきたなー」と感じる。

バカの1つ覚えのように、実績がある物を真似(追従)して、各メーカーが後追いを続けている。

そのため種類こそ、多くはなっていない。

 

ルアーには特性があるので、それを注視すれば、釣果や口コミに振り回されることもなくなる。

というわけで、ヒラメを狙うためのメタルジグに重要なポイントを抑えてみた。

スポンサーリンク

ヒラメを狙うためのメタルジグのポイント

『スピンビーム32g』が爆発的にヒットしたのは、「遅くただ巻くだけで釣れる」を周知させたから。

メタルジグは鉛の塊なので重いルアー。

底を取るのが得意だけど、ゆっくり漂わせるには難しい

 

そこをブレイクスルーしたのがスピンビーム。

遠州サーフで「ヒラメのエサ」と化した要因はそれだけじゃなく、地域(ポイント)にカッチリはまった特性のおかげもある。

ルアーはゆっくり動かすほうが釣れやすい

ルアーはゆっくり動かすほうが釣れやすい。

回遊タイプに対しては「速い動き」が有効で、該当しないのは「目の前でじっくり見せる」ほうが釣果に結びつきやすい。

どんな魚でもまずは、ルアーを見つけてもらわなければならない

 

ヒラメは底に居る魚だから、底からなるべく離れずルアーを見せる必要がある。

それを誰でも実行してもらうため、数回巻いて止める「ストップ&ゴー」みたいなテクニックがあるし、じっくりルアーを見せるに効果的。

ルアーは小さいほうが食わせやすいし、遅く巻けるほうが釣れやすい。

『スピンビーム』はヒラメが釣れやすい要素を、メタルジグで実現したからこそ、ヒラメのエサになったわけです。

 

 

だからといって『スピンビーム』は、サーフならどこでも使えて、釣れるわけでもない。

遠浅サーフのヒラメのレンジにガッチリはまっているからです。

ただ巻くだけでヒラメが釣れるメタルジグを選ぶポイント

形状より優先して抑えるのは「重さ」です。

 

  • 水深1~5mの遠浅サーフはせいぜい30gまで
  • 水深6m以上の急深サーフは40g以上が効率的

 

実際やるとわかりますが、ハンドルを秒速1回転(一般的なただ巻き)の場合、重さはこの範囲でないと底を切りにくい

立ち位置も関係するけれど、指標としては合っているだろうし、経験もあるのではないかと。

 

飛距離を追求するなら、ルアーをただ重くすればいいだけの話。

でもゆっくり巻くだけで底を切るのが難しくなる。

その塩梅が絶妙なのがスピンビームの32gなわけで、進化のつもりが退化したのが『スピンビームTG』です。

スピンビームTGの失敗しているところ

奇跡的な仕上がりのスピンビームが、「TG」に生まれ変わったことは知られているでしょう。

話題にはなったけれど、釣果は前モデルより全然聞かなくなった

その原因はどこにあるのだろう。

 

タングステンコンポジットで後方重心にし、重量は42gにアップした。

後方重心にすると飛距離は確かに伸びやすいが、ただ巻きで使いたい場合は、デメリットがある。

スピンビームTGはリア寄りにした重心がアダとなり、極端にいうと「縦に泳いでいる」感じで動きます

 

 

画像は「スピンビームTGのスイム動画」からで、結構深いところで70度近い角度で巻いているのではないかな。

水深6m以上なら底を切って巻けるけど、水深3m程度の遠浅では、秒速1回転だとリアフックをずるだけになりやすい。

そのためにシタビラメやナガラミなど、海底で動かない物の釣果が多くなる。

 

リップがない重いルアーは、総じてこんな風に泳ぎやすい。

重いルアーはジャカジャカ巻きからのフォールが効きやすいけれど、後方重心はフォールスピードも早くなるので、そのいいところも阻害されてしまっている。

 

遠浅サーフでスピンビームTGを使っている人は、「前作よりもリアフックが甘くなるの早くね?」みたいな経験があるのではないかと。

旧モデルよりも早く巻かないと、底を切れていないわけです。

逆に急深サーフでは結果を出しています。

それは「ストップ&ゴー」が従来通りでも、丁度いい感じで機能するためです。

【まとめ】ポイントに対してルアーを選ぶ能力を鍛えるべき

ルアーは巻くだけで水平を保つ製品はほぼありません

(水平フォールはするけど、巻きでそうなるとはいってない)

ただ巻きでヒラメを狙えるメタルジグを選ぶポイントは──

 

  • 形状よりも重さで選ぶ
  • 水深が深いほど重いジグを選べばただ巻きでもヒラメは釣れやすい
  • フォールを活かすならフロントorセンターバランスを選ぶ
  • メタルジグで後方重心にしても飛距離は大して変わらない

 

リアクションバイトを狙うなら、ストップからのフォールが有効なので、リアバランスが有利

フォールを主体にするジギングでは、センターバランスが有利

メタルジグをただ巻きで使うなら、浮き上がりやすい形状を選びましょう。

 

 

巻くだけで浮き上がりやすいメタルジグの特徴は、「本体の一部をリップ代わりにして水を受ける構造」になっています。

平べったい『ヒラメタル』は、全体で水を受けるからフォールが遅く、バタバタ動くからアピールしやすい。

『フリッパー』はアイがある本体部分が幅広になっていて、ここが水を受けるため浮き上がりやすい。

 

その仕組みを理解しているなら、他でもカスタムで浮き上がらせやすくできる。

例えばアイを上向きにひん曲げたり、水を受けやすい箇所に穴を開けてアイを作ったり、フックをつけるほうが向いてそうならそこに繋げる……などの方法があります。

ただ巻きのアクションなら、スプリットリングを増やすだけで変わります。

 

ガン吉』のようなメタルジグも、ボディを少し曲げるだけでウォブリングが強くなります。

やりすぎるとぐるんぐるん回るだけで、糸よれがひどくなるのでほどほどに。

サーフルアー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生