曲げてはいけないロッドの角度を知ろう【ランディングの注意点】

ロッドが折れやすい条件は確実に存在する。

一連の動作内でいえば、『投げる』『掛ける』『取り込む』の3つ。

そして最も折れやすい条件が重なるのが、ウェーディングだったりします。

 

ロッドは曲げてナンボ。

でも想定外の曲げ方をすればすぐ折れるので、やってはダメなことも交えて説明します。

スポンサーリンク

ウェーディングでロッドが折れやすい理由

ウェーディングは数ある釣りの中でも、ロッドが折れやすい条件が重なりやすい。

 

──なぜなのでしょうか?

 

答えは、手掴みできる位置に魚を寄せたい場合、ロッドをほぼ真上に上げないといけないため

そうすると、ロッドで最も弱い部分の「ティップ」に負荷がかかりやすく、ゆえに折れやすいわけです。

 

 

雑な図で説明するとこんな感じ。

この状態でちょっとでも暴れられると、魚の大きさを問わずにあっさり「ポキッ」といきます。

ちなみに、この状態で折れないロッドは、この世に存在しないといってもいいでしょう。

 

折れることを防ぐために、どうしたらいいのだろう。

対処としては、「ランディングネット」を使い自分から離れた位置で魚を取り込むがひとつ。ロッドを持つ腕を後ろにひいて、ラインを掴んで寄せる方法もあります。

 

先調子ならこれを防げるのではないか?」──違います。

胴調子なら耐えれるのではないか?」──先調子よりも折れやすいです。

 

ロッドは正しい使い方をしている限り、折れにくい物です。

正しい角度は対象物との三角形を意識しよう

ロッドは曲がるものであって、その反発で魚のアタックを吸収したり、仕掛けを遠くに飛ばす役割があります。

その性能をフル活用するには、正しい使い方、正しい角度を知るのが重要。

手っ取り早く図で説明するとこんな感じ──

 

 

ロッドの角度と、魚を繋ぐラインが90度前後になるのが、最大負荷に耐えるベストの位置

魚を手元に寄せるにつれ、その角度を維持しようとすると、ロッドは水平にしていく必要があります。

この際に立てすぎると「ポキッ」といきます。初期に経験した人は多いかと。

 

ファストテーパー(先調子)のロッドは中間部分、スローテーパー(胴調子)のロッドは根本部分、それぞれに力を掛ける設計。

ロッドを立てすぎた時は、ティップのみに負荷がかかるため、調子の違いは関係ありません。

設計上耐えうる重量は存在しますが、正しい角度に正しい曲げ方なら、まず折れることもありません。

もしこの位置(90度)からズレるとどうなるか──

 

  1. ロッドを上げすぎた場合(45度未満)は、細い部分に負荷がかかり、ティップ付近が折れやすくなる。
  2. ロッドを下げすぎた場合(130度以上)は、根本に負荷がかかり折れにくいが、ラインに負荷がかかるため切れやすくなる。

 

[a]の状況は、ロッドの曲がりを見ようと格好つけた時に陥りやすい。

[b]の状況は、大物に耐えきれない時に陥りやすい。

 

特に[a]は、ランディング時に起こりやすい状況

サーフで砂の上にずりあげる時は[b]の状態に近く、陸上で浮力を失った魚をロッドが支えきれず、無理やりやると、ラインが切れるかロッドが折れるかしやすい。

だから寄せ波に合わせてあげる必要があるわけです。

曲がりを楽しむロッドの選び方

「胴調子」は、全体のバネで魚の力を吸収しやすく、やり取りが楽しめる点がメリット。

「先調子」は、小さなアタリを敏感に察知しやすく、投げやすいのがメリット。

 

ロッドの曲がりを楽しむ点では、「胴調子」がおすすめ。

先調子に比べて綺麗な弧を描きやすく、全体のバネを活用するだけで魚が弱るので、眺めているだけでランディングできた──みたいなことも。

 

究極の胴調子となると、「磯竿」と「船竿」ですかね。

これらは振り出しタイプに一本物が大半なので、「2本を1本に──」の接合と違い、ロッド全体が曲がるため特に美しい。

磯竿は5m超が多いので、なおさら弧が映えますね。

魅せるアングラーはロッドの曲げ方も上手い

魚を掛けた後のロッドの扱い方が、特に巧いと思うのが村田基氏と高橋哲也氏。

 

参考に

#128 国境を越えてつながる釣り交遊 台湾の離島で磯釣り|SHIMANO TV

#019 気軽に楽しむビッグトラウト ! エリアフィッシングの魅力|SHIMANO TV

 

魚を掛けた後に、角度がほぼ一定になるようにしていることが、わかると思います。

ロッドの扱い方などのレクチャーは、「管釣りマスター」が映像として参考になります。

テクニック
気に入ったら
「いいね♪」お願いします!
更新情報はSNSでも
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生