浜名湖でやるタコ釣りと3つのコツ

浜名湖でメジャーのタコ釣りの盛期は、梅雨入り前から夏のはじまりくらいまで。

最盛期が7月辺りで、「5~8月」が狙いどころです。

 

浜名湖の中域くらいまでは満遍なく生息しているので、ボートのほうが有利ですけど、陸っぱりで手早く狙えてオイシイのが人気の秘密。

最近はテンヤより「タコエギ」が主流になりましたが、どちらも一長一短。

要点を絞って「3つのコツ」をまとめてみました。

スポンサーリンク

まずはタコさんの生態を知るべし

浜名湖で釣れるタコは「マダコ」が多い。

スーパーで並ぶタコは輸入が多く、国産のタコは今や高級品。

 

浜名湖でやるタコ釣りと3つのコツ

 

ここに生息するタコは、クルマエビやワタリガニを食しているグルメで、地域ブランドとして有名(らしい)な美味しさ。

6月にもなれば弁天島周辺で、エギをぶら下げたアングラーをよく見かけます。

 

タコは障害物か何かに隠れる本能があります。

釣りで狙うなら、水中にある岩周りを攻めるのが効果的。

「砂底が多い浜名湖の水中に隠れるとこなんてあんの?」

砂底でも流れで凹凸ができるので、そのわずかな段差も隠れる場所。

タコのエサは砂地に多く居るため、「駅まで徒歩5分」みたいな好物件が砂地です。

ただし陸からより船のほうが狙いやすい。

 

陸からだと、堤防沿いの沈み根周辺を探るのが王道。

砂地でも石が多いところもあるので、そこも狙い目です。

浜名湖でやるタコ釣りのコツとは?

浜名湖のタコを狙うに、陸っぱりは「ピン狙い」、ボートは「探り」がそれぞれ向いています。

「コツ」は要点を絞ると3つ。

 

  1. 早い流れを有効活用する
  2. タコエギはカラーよりもサイズで選ぶ
  3. タコに耐えるタックルセッティング

 

それぞれ順に説明していきましょう。

早い流れを有効活用する

浜名湖は外洋に近いほど、潮汐による流れが強くなります。

そのため市販のタコエギにつくオモリだけでは、底を取るのも難しい。

メイン生息地がそこですし、まずは「流れが強くても着底させる」必要があります。

 

エギは号数をあげれば重くなり、全長も増えていく。

強い流れでも着底させるには、重くすればいいわけですが、タコが見向きしないサイズに合わなくなる可能性も。

そのため「オモリを追加する」のが効率的。

 

タコはエギを底でズリズリすればいいので、「ダウンショットリグ(胴付き)」がおすすめ。

この時期ならではのエギング!(コウイカリーダーを使って甲イカのダンショットエギング!)
YAMASHITAは、生態研究に基づいた企画開発で、エ&#12462...

方法はこちらのサイトを参考にしてください。

今はスナップでオモリを追加するタイプが多いので、浜名湖なら10~20号のナス型オモリがあれば十分。

 

 

いくらオモリを重くしても、流れるもんはしょうがないから、自然の流れに任せ、ついでにタコが来ればいいやの心構えでいいかと。

タコエギはカラーよりもサイズで選ぶ

エギのサイズは「号数」で表記されます。「2.0~4.0号」をまとめると以下の通り。

 

2.0号6.06cm6g
2.5号7.57cm10g
3.0号9.09cm15g
3.5号10.6cm20g
4.0号12.12cm25g

 

肝心なのは「長さ」で、浜名湖のベイト(エビカニ)に合わせるなら10cm以下が望ましい。

カラーは岩礁か砂地で「カラフルor白基本」の2択。サイズは2号から0.5刻みで3号まで揃えれば、困ることはないでしょう。

ポイントにより根掛かりが多くなるから、ストックは多めにしたほうがいいです。

タコに耐えるタックルセッティング

タコは吸盤で地球にしがみついているので、例えれば「石を釣りあげる」感覚。

そのため、強靭なロッドが欲しくなります。

リールはそれほど関係なく、ハンドルストロークが長いベイト(太鼓型)が力を入れやすく、多少有利になる程度。

”巻いて剥がす”ことは無理なので、ロッドを立ててタコを引き剥がしましょう。

 

タコ向けのロッドは、ぶっちゃけ「曲がらないただの棒」でもOKなくらい。

浜名湖で使うなら、180gまで対応しているアブガルシアの「タコスフィールド」がおすすめ。

 

ラインは根掛かりに耐える太めを選び、メインラインはPE2号以上、リーダーを使うなら5号以上てところ。

タコ専用に使うベイトリールに、PE3号を巻いて、直接エギに繋ぐでもいいくらいです。

生餌を使うタコテンヤの利点は?

テンヤにカニをくくりつける「タコテンヤ」は、待つことができるのが強み。

今は陸っぱりで使われることはほとんどなく、投げて待つボートのタコ釣りで使われています。

タコエギよりも底を直接ズル引きできるし、オモリも重いため、流れの強い今切口付近で専門に狙うなら有効な手段。

カニを調達するのが面倒でもあるし、手間なので、タコエギで十分です。

毒タコには要注意

浜名湖でもヒョウモンダコの目撃例は過去からあり、最近はチョイ多めになっている。

毒を持つタコは特徴として斑紋があります。見た目からして毒毒しいのでわかりやすい。

また噛むことで毒を注入するので、噛まれなければ大丈夫なのですが、触らぬ生物から毒を刺されることはないです。

浜名湖でヒョウモンダコが相次いで見つかって騒いでるけど……
以前から居るんだよなぁ……。 「熱帯に生息するタコなのに何故浜名湖!?」と騒がれているが、浜松アングラーである私はそれほど驚いてもいない。 居ても不思議じゃなくない要素が盛り盛りだから...

おすすめのポイント

陸っぱりなら弁天島周辺全域がポイントみたいなもの。

適当な駐車場に車をとめて、テクテク歩いて探り歩いていきましょう。

橋脚周りがヨサゲに見えると思います。でも届くのはごく一部であるため、ボートにとっての1級ポイントに代わります。

 

最もやりやすいのが「新居海釣り公園」のT字堤。

あとは渚園周りで、キビレのルアー釣りがダメならエギに切り替え、航路などの駆け上がりを這わせるのもアリ。

何かのついでにできるのもタコエギの魅力ですが、柔らかいロッドの時は気をつけてアワセましょう。

 

浜名湖のタコ釣りを学ぶには、「つれづれダイアリー2巻」を読むのもオススメ。

専門のムック本より絵が多くてわかりやすく、地域特化してるため、釣具屋で陽気に聞くより参考になるでしょう。

釣法解説
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さしし@釣りしたいマンをフォローする
とある浜松アングラーの一生