【タコング】浜名湖のタコ釣りでおさえるべき3つのコツ・ポイント・釣果【おすすめロッド・PEライン】

タコは初夏の浜名湖で人気のターゲット。

始まりは梅雨入り前の5月頃で、7月には終盤戦を迎える感じです。

はる@釣行中
はる@釣行中

浜名湖タコングのベストシーズンを逃さないためにも、コツを3つに絞ってみました。

まずは浜名湖に生息するタコさんの生態を知るべし

浜名湖に生息するタコは「マダコ」が多め。

味が良いと評判なのは、クルマエビやワタリガニなどを食べて育つため。浜名湖産は市場でも高値で取引されています。

浜名湖タコングの始まりは5月頃で、終わりは7月頃です。

GWの前後辺りから釣り人が増えだします。ここで小型を数釣りしてしまうと、後半の6月は釣りが難しくなる感じ。

なので、サイズ関係なく簡単に釣りたいなら早めに行くのが吉です。

タコが居そうな場所を理解することが釣果につながる

タコは狭い場所や物陰が大好き。ふだんは岩場などの物陰に居ることが多いんですけど、浜名湖は大半が砂底です。

タコが釣れやすいのは太平洋に近い表浜名湖エリア。沿岸にはそこそこ岩場もありますが、そこを狙うよりも、ちょっと投げて航路付近を探るのも手。

競争率は高めですが、最もタコ釣りがしやすいのは「新居海釣公園」かな。

浜名湖 新居海釣公園 【湖西市】|釣具のイシグロ |釣り情報サイト
「浜名湖 新居海釣公園 【湖西市】」のご案内です。アクセスだけでなく、釣期・釣種・最寄りのイシグロ店舗などの情報も掲載。昭和27年創業。静岡・愛知・滋賀・岐阜で25店舗。大型釣具専門店。最新の釣り情報、セール情報、イベント情報など満載。初心者から上級者までお客様の”遊び”のお手伝いします。釣具のイシグロにお任せください...

タコングは物陰に隠れるタコさんを狙い撃つのが効率的。陸っぱりならランガンが有利。
タコングは根掛かりとのバトル

浜名湖でやるタコ釣りのコツとは?

浜名湖のタコ釣りは3つのコツが重要です。

  1. 潮汐を味方につける
  2. タコエギはカラーよりもサイズで選ぶ
  3. タコに耐えるタックルセッティング

(1)を解決するには、市販されているタコエギにオモリを追加するのが単純かつ効果的。

(2)は”重さ”が関係するため(1)とほぼ同じ内容。

(3)はタコの重さと潮の流れが加わり、かなり重くなるため。あとは根がかり前提の釣りだから、無理やりでも外すことを優先するためでもあります。

潮汐を味方につける

広範囲を探るなら潮止まり前後を狙うのがベスト。特に太平洋の入り口(今切口)付近は流れが速いので重要になります。

時間を問わずに釣りがしたいのなら、15~20号のナス型オモリがあれば対応できないこともありません。

……とはいえ、流れるのはしょうがない。だから自然の流れに任せてエギを流し、ついでにタコが来ればいいやの心構えでいいかと。

タコエギはカラーよりもサイズで選ぶ

エギのサイズと重量は「号数」で表記されます。グラムじゃないとわかんねぇぞって方は多いだろうので、下記に「2.0~4.0号」をまとめてみました。

2.0号6.06cm6g
2.5号7.57cm10g
3.0号9.09cm15g
3.5号10.6cm20g
4.0号12.12cm25g

タコングで肝心なのは”エギの長さ”。

浜名湖で釣りやすいサイズは、頭部がコブシ大かそれ以下のサイズです。そのため3号以上になると食いが悪くなります。ベイト(エビカニ)に合わせる視点でも10cm以下が望ましいですね。

タコエギは2号以下、カラーは白とカラフルでOK
浜名湖ではボトムを確実にとるため15g前後は欲しい。20gもあれば無難。

カラーは選択は「カラフルor白基本」の2択で十分。砂地をずるなら赤基調のカラフルなエギが目立つし、海藻がつく岩礁帯なら白のほうが目立ちます。

オモリを追加する方法は2通りあって、「ダウンショットリグ(胴付き)」にするか、「エギにウェイトを追加できるモデル」にするか。胴付き仕掛けに関してはこちらのサイトを参考にしてください。

http://www.yamaria.co.jp/yamashita/eging_blog/detail/1001

タコに耐えるタックルの選び方

タコはぐいぐい引くことはないですが、張り付いたり純粋に重かったりと、釣りあげるためにはロッドパワーがとても重要です。

タコ向けのロッドも販売されており、選ぶ基準は「曲がらないただの棒」を選ぶ感覚でもOKなくらい。

浜名湖で使うなら、180gまで対応しているアブガルシアの「タコスフィールド」がおすすめ。

合わせるリールは両軸のベイトリールがベスト。ベイトはギアがスピニングより大きく、巻き上げるパワー伝達効率が良いメリットがあります。

根掛かりが多い釣りなので、ラインは太めを選びましょう。

メインラインはPE2号以上、ショックリーダーは5号以上てところ。リールにPE3号を巻いて直接繋いでもいいし、ナイロン5号を直巻でも構いません。

ヒョウモンダコには要注意

浜名湖でもヒョウモンダコの目撃例はあります。
温暖化で水温が高めになった近年は、発見される事例も多めになっています。

ヒョウモンダコはかなり小型ですし、普段は特徴の”豹紋”もないので見つけづらい。噛むことで毒を注入するので、噛まれない限り大丈夫です。もし見つけたりエギにくっついてきたら、なるべく触らないよう還してあげましょう。

浜名湖でタコングができるおすすめのポイント

陸っぱりなら弁天島周辺全域がポイントみたいなもの。適当な駐車場に車をとめて、テクテク歩いて探り歩いていきましょう。

専門のムック本より絵が多くてわかりやすく、地域特化してるため、釣具屋で陽気に聞くより参考になるでしょう。

はる@釣行中
はる@釣行中

タコングできる穴場情報を仕入れると同時に聖地巡礼もできてお得やぞ!

テクニック

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
★Amazon売れ筋ランキング★
とある浜松アングラーの一生