サクラエビとアキアミの違い(とオキアミ)

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20170331/dms1703311130017-n1.htm

 

アキアミをサクラエビと偽り、販売していた男性が怒られる事件があった。

「その2種は食品偽装できるほどなの?」と、疑問を持つ人も多いかと。

 

サクラエビは静岡県だけの特産です。

偽装品をわざわざ地元で販売したから、「特産品を地元民以外は見抜けるのか?」という企画だったと誤魔化しても、おかしくないよう思えるニュース。

というわけで、似てるようで違うエビ達の、違いを探してみましょう。

スポンサーリンク

本物のサクラエビは静岡だけの特産品

サクラエビの体長は5cmに満たないほどで、中深海に生息します。

“サクラ”と呼ばれる理由は、赤色の色素がピンクの桜色に見えることから。

富士山を背景に天日干しされているビビッドな赤い絨毯は、桜の開花と同時期なので、静岡県の風物詩です。

 

サクラエビ漁が認められているのは静岡県のみ。

生息だけなら、日本だけでいうと「駿河湾・東京湾・相模湾」にいます。

 

リンク 「駿河湾直送桜えび」…実は中国産 ほぼ完売|毎日新聞

 

駿河湾のサクラエビは、「初めての偽装」らしい。

今回使用された「アキアミ」は、全国どこでもわりと見るエビです。

サクラに比べて安値で、見た目は似てるが味は本物に及ばない──、そんなエビ。

サクラエビと他の小エビを見分けることは難しい?

サクラエビは名の通り、「サクラエビ科」に属しています。

一方アキアミは……実はサクラエビ科なんです。

 

目立つ違いは、体長がサクラエビより一回り小さくなり、最大で3cmほど。

赤は本物より薄く、乾燥すると白に近い薄いピンクで、並べると色の違いが際立ちます。

どちらかを知るなら、見分けることは難しくありません。

 

ちなみに偽装が発覚した流れはこんな感じ。

 

とある男性は仕入れた中国産のアキアミを、わざわざ静岡県の河津町で2月10日から3月8日にかけ、サクラエビと偽って販売した。後ほど消費者から「あれサクラエビじゃなくね?」と情報提供され、DNA鑑定から別種と判明し、偽装が発覚した。

参考※http://www3.nhk.or.jp/lnews/shizuoka/3035149191.html

 

さすがに本物を知る県民は騙せなかったようで……。

この男性は、10年以上も同会場で出店しており、「果たして今回だけだったのか?」という疑問は残る。

県外だけなら、今もバレずにウハウハしてたかも?

偽装は産地表示の穴をついた事例が多い

実行犯の言い訳は、「グレーゾーンと思ってやっていた」とのこと。

食品偽装を罪に問う場合、主に『景品表示法』に『詐欺』が該当します。

今回の偽装は「アキアミをサクラエビとして販売」しているので、表示法の優良誤認に該当しますが、むしろ詐欺です

 

産地のブランドは強力で、あるなしで同じ魚種でも、市場価格は大幅に変わる。

でも魚介そのものが変わるわけじゃないので、実際それほど味に違いはありません。

食品偽装が減らない理由は、そう簡単にバレないから──でしょうね。

釣り人すらあまり知らないアミエビとオキアミの違い

アミエビはエビ。オキアミはプランクトンです。

「えっマジ?」と思う人もいるでしょう──

 

オキアミは蛋白質やビタミン類を多く含み、魚肉ソーセージなど加工食品の原料になり、朝鮮ではキムチの発酵に添加される。しかし風味にクセが強く、また漁獲後すぐ劣化するため、人間の食用としての消費はきわめて少ない。釣りえさ用として販売されているオキアミは鮮度や製造の衛生管理が食品加工法規の適用外であり、また食品に適さない薬品が添加されている可能性もあり、食べないほうがよい。

wikipedia|オキアミ

 

海の生命を支えるオキアミさんが、人類に釣り餌として使われはじめたのが、1970年代と最近のこと。

冷凍できるし、なんでも釣れるしで人気で、ウケを狙った商品名が多い気もする。

 

 

陸でも沖でも、「オキアミさんで釣れない魚なんているの?」くらいの万能エサ。

でも針持ちが悪いし、エサ取りに弱いから、投げ釣りに向いていない。

模したソフトルアーもあるけど、似せる必要ある? て思う。

 

オキアミさんで釣れる所以は、魚が視認しやすい色と大きさ、そして匂い。

これらの要素が重要でしょう。