「号数だけじゃ釣り針の大きさわかんなくね?」の対処法

 

釣り針の大きさは、号数(もしくはナンバー)で表記されています。

号数が大きさを表してるのはわかる。それで実物(実寸)を想像するのは難しくない?

という疑問を持っているのは私だけだろうか。

 

魚を引っ張る道具は、「ポンド」「グラム(キロ)」で耐荷重を表している。

うん──これは身近な単位でわかりやすい。でも魚を掛ける釣り針は……号て、ナンバー(#)て。

この曖昧な単位を攻略するに、「カタログ数値だけで釣り針の大きさを想像することはできないだろうか?」を考えてみました。

 

結論は「実物見たほうが早いよね☆彡」だったりします。

スポンサーリンク

そもそも釣具全般に国際標準の単位が存在しない件

釣具のサイズ表記は、発祥地が基準となっています。

例えば、ルアーフィッシングはイギリス発祥なので、タックル全般に「ヤード・ポンド法」が用いられます。日本製品もそれに倣っていますね。

日本発祥の延べ竿など、純国産タックルは、長さとして「尺(約30cm)」が用いられています。

 

「メートル」「キログラム」は国際単位ですし、それだけでタックル全てを数値で表現できます。

ヤード・ポンド近年では「細かくて面倒じゃね?」とされ、「メートル法」が国際基準になろうとしています。

 

でも釣具に「国際標準」は存在しません

基準点がないのは自由度の高さを物語る

規格が存在しないのは、「こいつを釣るためには、このタックルじゃなければダメだ!」と限定されない自由があるおかげかもしれない。

ただそのおかげで、品質や強度は製造メーカーに裁量されています

 

なので同じ号数でも、微妙に太さや強度に”違い”があります。

針は対象魚で左右されるけど、「◯号は△cmでなければならない」みたいな規格はないです。

だから釣具の商品表記・規格はややこしいんです。

釣具に溢れるグローバルな規格

魚釣りは大雑把に「エサorルアー」の2択。そのため釣具は「和洋入り乱れる規格」が用いられる。

釣具屋に並ぶ商品をよくみると、以下の単位をもちいて、大きさや重さの基準を表記していると気づくでしょう。

 

重さを表す規格
ポンド(lb)グラム(キロ)

 

長さを表す規格
ヤード(インチ)メートル尺・号

 

……と書かれたところで、「号はさすがに解らなくないか?」という疑問が今回の主役。

糸・針・錘に使われる「号」の単位

「号」はエサ釣りメンにとって身近な単位です。

──しかし、ン十年関わっている私ですら、「重さと大きさを表しているのはわかる。でもその数値がよくわかんねぇ」と未だに感じてます。

 

オモリに使われる号数は、グラム換算できるから、まだわかりやすい(ちなみに1号=3.7g)。

針に使われる号数は、針全体の大きさを表していますが、「その大きさはどのくらいなの?」という疑問がつきまといます。

数字が増えるほど大きくなるのはわかる。

「1号を基準とすれば、1号増えるごとに針の大きさはどう変化していくの?」など、メーカーや種類によってマチマチだから、「実際に見るほうが早い」で結論が出てしまう。

 

なのでエサ釣りのスタンダードである「チヌ針」を例に、「針の号数とは何なのか(哲学)」を考えてみることに。

針の号数とは何なのか?(哲学)

メーカー側も「号数だけじゃ大きさわかんないっス」と悩んでいるせいか、釣り針はカタログやHPで「実寸表記」されていることも多い。

というわけで、実寸でチヌ針を見れるこちらをご覧ください。

 

リンク チヌ針|タイガー針

 

参考にすると、針の号数は0.1~14号まで計20種類。多くてキレそう

 

リンク キス専用|タイガー針

 

こちらのキス針は「6号から」ですね。──は?(威圧)

とりあえず号数が増えるほど大きいことを知ればOK

こうして号数ごとの全体図を見ると、「1号増える毎に1~2mm長くなるし、フトコロと腰(ゲイブとベンド)も同様に広くなっていく」──てのは、なんとなく理解できるしょう。

ただし、「◯号は全長◯mmでなければならない!」みたいな規格が存在していないわけです。

うーんややこしい。

 

ちなみにルアーフックの大きさは、「#(ナンバー)」が用いられます。

こちらは数字が少ないほど大きくなり、多いほど小さい。号数とは真逆なんですよね。

ややこしさが加速する。

号数は「とある◯cmの魚を釣りたい!」を人に説明しやすい基準

数値は説明する時に便利ですが、それが曖昧だと「このくらいの多きさの針で、こんな太さの糸を使えばいいよ!」などと感覚で説明しなければなりません。

規格を定めるのは、「釣れるタックル構成のマニュアル化」に便利なんです。

 

例えば「30cmのクロダイを釣りたいけど、おすすめの針って何?」と聞かれたとします。

 

まずは該当する魚の口の大きさから、針の大きさを考えます。それならチヌ針5号でも問題ないくらい。

でも5号以下ならなんでもいいってわけじゃなく、小さすぎると針が飲み込まれやすく、口でハリスが切られるし、耐久不足で曲げられる恐れもあります。

なので30cmのクロダイだけなら3号前後で大丈夫。しかし「小さくてもクロダイを釣りたい!」って人には向きません。

 

手の平サイズを水中にたくさんいるから、それだけを狙いたいっていうなら、1号以下でも十分。

この状況で5号を使うと、まず口に掛かりません。「大は小を兼ねる」とありますが、釣り針はそれが当てはまりにくい。

針は小さいほど「なんでも釣れやすい万能性」があり、大きくなるほど「デカイ魚のために特化する」ような感じです。

釣り針に「◯専用」が多い理由

釣具の構成は「釣りたい魚の大きさと重量に合わせる」のが基本であり概念です。

釣り針は魚種を決めてから、想定した大きさの口にちょうど入るかどうかが第一。それで最適を選ぶと、だいたい耐久値も兼ね備えるはず。

口の大きさは魚種毎に違うし、大きさでも変化する。

それはひとつの標準規格ですけど、魚によって食性と習性は違います

 

釣り針は口の形状と捕食習性を考慮し、コイツには最適な形状で製造されています。

そのため「◯専用」が多いわけ。

 

タチウオは鋭い口でハリスを切られるのを防ぐため、軸を長めにして防いでいます。

とにかく重いマグロやクエは、針自体が鉄筋みたいに太くなります。

エサ名人のカワハギは、口が小さくつんつん食べるのが特徴。なので幅が広く針先が口に入りやすい形状です。

「シュポッ」とエサを丸呑みするフィッシュイーター系は、針先が眠り形状(内側に曲がる)で、飲み込まれても喉に引っかからず、引っ張り出して口に掛かりやすい。

 

これらの違いが生まれた理由は、効率的な釣り方(漁法)を常に考え続けた尽力かと思います。

まあおかげでややこしいことになっていますが。

釣り針の注文するには「がまかつのカタログ」を参考にするといいぞ

がまかつのカタログ」は、釣り針が実寸で掲載されています

なので実物を見れないネット販売を利用する歳に、とても便利です。釣具屋で入手できるし、古い物でも問題ない。

 

リンク 製品検索|がまかつ

 

今は各社のHP上で、実寸画像を使われることが多いので便利になりましたね。

でもブラウザで縮尺はいじれるから、環境設定に注意は必要です。

 

 

これはメジナ用針の「アワセチャダメジナ」。

名前で笑いましたが、魚に引っ張られてから合わせる「向こうアワセ専用モデル」

 

よーく形状を見ると、通常のグレ針に比べて針先が内側へ眠っていますね。

これは飲まれてもエラなどに引っかからないための形状。

そういうのを知ってから、釣具屋で釣り針を魚種別で眺めてみると、形状からそいつの捕食習性が垣間見れて面白く感じるかもしれません。

 

エサの種類、魚の食い気、潮流や仕掛けの重さ、などなど──。針選びは魚の習性に口の形状から考えるため、その魚をひと目見るのが手っ取り早い。

突き詰めると終わりのない哲学が、釣りの奥深さでしょう。

テクニック
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生