【ツインパワーXD】ステラの弱点を改善する一手だけ褒めたい

20161226tp111

 

シマノの次世代リールのはじまりは──今回は耐久力に定評のある「ツインパワー」が対象。

キャッチコピーの「耐久性の基準を変えてしまう」とか、前モデル以上に強くするとか頭おかしいんじゃねぇの? と感じるレベル。

 

そんなわけで、発表後に沸き立つソルト界を他所に、いまいち魅力は感じられなかった。

良さより突っ込み所が多いので、なるたけ活かす方法を考えた結果、「ツインパワーXD」として生まれ変わったリールを、主観だだ漏れで紹介。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

とにかく強い!(小並感)を全面に押し出したツインパワーXD

 

前置きしておくと、これはむしろ良すぎるリールです。買って損はありません。

ただ「これいる?」と感じる機能があったから、そこにツッコミを入れたい記事です。

 

シマノはやたらと「HAGANEギア」を推すけれど、ギアの耐久だけ向上されても……って話。

耐えられない部分は他にある。

タックルには金属を使えない箇所があり、リールより脆い部分は多い。リールはもともと強固な物だ。ギアを強くするメリットは「ゴリ巻き(力押し)」にあるといえばそう。

けれど全力で逃げる大物相手に、ドラグを出さず耐えれるロッド、切れないラインシステムがまず存在しないのです。

 

というチグハグさを感じます。初期ラインナップが3000・5000番と、ショア向けの小型がメイン。

強さを全面に出すなら──

「マグロ100kgもゴリゴリでイケましたよ! HGNギアまじヤバイっすね!」くらいのアピールで、SWモデルの10000番台を最初にだね。

 

総合的に見れば悪い点はないし良すぎるくらいだが

 

ツインパワー XD[TWINPOWER XD]|スピニングリール|リール|製品情報|シマノ -SHIMANO-

 

ツインパワーXDのお値段は49000円前後。

リール全体の耐久性は業界随一であるし、ローター部は最軽量のヴァンキッシュに迫るスペック。何回”他のリールが過去”になればいいのやら

 

マイクロモジュールギアを入れなかったのは、絶対的な強度を得るためだろう。

大口径のギアを活かすのならば、あれは無用の長物ともいえるし、差別化としていい選択でしょう。ただそれを活かせるファイトをしているアングラーは、どこで戦っているかを考えると──

ロックショアを主戦場にしている人たちくらいだろうな、と思う。

 

新構造の防水構造「Xプロテクト」について

 

20161226tp112

http://fishing.shimano.co.jp/product/reel/4645

 

これを見て「スゲェ!」より「バカじゃねぇの」と思ったのは私だけだろうか。

入る水が海水なら、出にくくすれば錆びるだけじゃねーのと。内部で塩が結晶化して排水できなくなるとか、内部が腐食してボロッともげる未来がありそう。

わざわざ複雑な構造にして、生産と修理のコストを上げるのもバカらしいと思う。

 

防水構造の「コアプロテクト」は、浸水しにくい構造なだけで、完全な防水じゃない。

完全防水にするには、水の分子が入れない隙間かつ、可動させる必要があるわけで、無茶ブリもいいところです。

リールの場合、ハンドルを回すと内部からエアーが吹き出て「自然乾燥機能ですけど?」くらいが面白いと思う。撥水素材ならそれなりに効果はありそう。

 

TPは買いだけどラインローラーは釣行のたびに洗おうね

 

ステラで最も多いトラブルが、ラインローラーの塩ガミ。

これはハッキリいってユーザー側が悪いだけで、開発側からすれば「釣行後に洗えよ」とキレッキレだろうけど、防水構造にした悪影響も要因にある。

ようするに、水が入りにくいってことは出にくいってこと。

メンテナンスフリー(笑)のマグシールドでさえ、この問題は解決しておらず、海釣りでの天敵はいつだって塩である。

 

 

何がいいたいのかといえば……

単純構造のほうが保ちは良く、修理もしやすく、誰でもメンテナンスはしやすいなどのメリットがある。

わざわざ複雑化してコストを上げる選択をとるのは、日本企業の悪いクセだと思っている。

 

まあリールに関わる技術で、客を刺激する”明確な違い”は、軽量化と剛性アップしかないしねと、私はわかっているから(生暖かい目)。

 

 

ツインパワーXDのスペックが最大限に活かせるポイントは磯くらいでは?

 

10kgクラスのアカエイ番長でも、ドラグを出しつつロッドが折れなければ、まあなんとでもなります。

ツインパワーXDのスペックから、これをフルに活かした目標は、そういう重いヤツをドラグを出さずに”巻きで寄せる”ことでしょう。

 

ほならね、「大間のマグロ釣り」を参考にしてみたらどうでしょう。

 

 

ようは大物相手にロッドを使うのは非効率です。

それが”ゲームフィッシング”といわれる所以でもあるし、難しいから達成感のある行為。

──法律で定められているってのもあるけど。(遊漁的な意味で)

 

リール
スポンサーリンク
タイトル通り浜松市在住のアングラー。その周辺に出没します。 当ブログは私に見える範囲での、釣り情報から釣り方の知識など、おまけに業界ニュースを主にとりあげています。 2018年はモバイルロッド片手に、浜名湖一周釣り歩きを計画中。
さししをフォローする
気に入ったら「いいね!」
お願いします。
最新情報をお届けします!

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

とある浜松アングラーの一生