実践から答えを出したギマの効率的な捌き方

ギマが敬遠される理由に、「(美味しいけど)捌くのが面倒」があると思います。大量にもらったので、捌く効率に答えを出そうと頑張った結果……!

私の指紋がなくなりました。

ギマを簡単に捌くためには道具が重要!

ギマを捌く前に、「これだけは用意すべき!」って物が2つあります。

  • 軍手かビニール手袋
  • ペンチ

ギマは皮にぬめりがあるため、ホンカワハギより剥く際に力がいります。軍手かビニール袋は、手が滑りにくいようにするのと、肌を守る目的があります。

ペンチは厄介なトゲを切るために必要。出刃包丁で頑張っても無理でした。プライヤーの根本に刃物があるタイプなら代用できます。

ミドリ安全(Midori Anzen)
¥441 (2021/09/24 03:09時点 | Amazon調べ)
ケンオー(KENOH)
¥260 (2021/09/24 03:10時点 | Amazon調べ)

あと、あって損はないのがパワーであり、マッスル(筋肉)ですね。

それでは効率のいいギマの捌き方にいきましょう!

YouTubeで学ぶギマの捌き方

捌き方は文字で説明するより、動画で見たほうが伝わりやすいですね。そして、おそらくこれが一番速いと思います(フラグ)。

はじめはホンカワハギの要領で捌いていましたが、ギマに特化されたこの方法を参考にすると、かなり速く捌けるようになりました。

ポイントはトゲを根本から除去すること。先にニッパーでバチンバチンと切っておくとスムーズです。

でも皮を剥ぐときはパワー(マッスル)が必要なので、数が多いとかなり疲れますね……。

見てわかるとおり、皮を剥ぐ時「ふむむむむ!」と唸るくらい硬いです。自分でやってみて無理そうだったら、近くにいるマッチョに頼むほうがいいでしょう。「良い機材があるんだ!」といえば釣れるかもしれません。

ギマを捌くポイントはトゲの処理にアリ!

次の動画でやっている方法は、先の動画とちょっと違います。

こっちはパワー(マッスル)こそ必要としませんが、包丁の切れ味が重要になります。

この方法でポイントになるのは、背中と胸のトゲに入れる切り込み。

トゲの部分は骨の一部なので、それに沿って包丁を入れると、トゲを根本から外す(へし折る)ことができます。ニッパーが要らずに済むのが利点かな。

どちらの方法も、数匹捌けばいい筋トレになります。あらかじめプロテインを用意しておくのもアリ。

ギマのぬるぬるをなんとかする方法

ギマは表皮から、ぬるぬる成分を生きている限り出し続けます。

このぬるぬるをなんとかするには、水で洗い流し続けるか、締めてから取りかかるかのどちらか。

鮮度を気にする場合、洗い流し続けるのがベストと思いがちですが、作業効率が悪くなるためおすすめしません。ニッパーでトゲをなんとかしつつ、先に血抜きして、それから洗い流すほうが楽ですよ。

ギマを捌くのが難しい理由

ギマは皮と骨が強いせいで捌くのが面倒な部類ですね。

特にトゲが厄介で、頭蓋骨とくっついているし、めちゃ硬いから簡単に切れない。ホンカワハギやウマヅラハギは、口か尻尾に切り込みを入れたら皮を全部剥げるから楽。

それと同じようにギマを捌こうとすると、難しいって思ってしまいます。魚ごとに構造は違うから、それぞれ特化したやり方があることを知りましたね。

ギマは生食と加熱どちらが最善なのか

ギマの味を一言でいえば「≒カワハギ」です。

個人的な感想では、クロダイやヒラメよりも旨いですね。肝はホンカワに勝るほど絶品ですし、魚種を伝えず刺し身を出せば、大半の人が「おいしー!」ってなるはず。

調理法で「どれが最善か」の話は加熱か生食かの選択になるので、両方試してみました。

ギマの刺し身と肝with薬味
ギマのアラと肝を一緒に煮てみた

どちらを選ぶかは、鮮度と相談するべきかと。

新鮮なら肝を生で使えるから、肝醤油で刺身がベストかな。血抜きしてしばらく経った物なら、皮を剥いだ状態を煮魚にすれば、ほろほろにほぐれる筋肉質の身が美味しく感じます。

ギマに関しては、他にもこんな記事を書いてます。ぜひご覧ください!

料理

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生