サワラ(サゴシ)の生態を知り、回遊を待つ心得

鰆(サワラ)は”春”の字が入っていることから、春がシーズンのイメージが強いですが、一年中どこかで釣れます。

回遊魚なので、いつ頃来るのかは、生態を知ることである程度予測することもできます。

釣る前にサワラのことをもっと知ろう!

スポンサーリンク

今更聞けないサワラの生態

鰆はアングラー的基準として、50cm以下がサゴシ、60cm以上をサワラと呼びます。当記事はメンドイので「サワラ」で固定します。

サワラはショアジギングで人気のターゲット。

日本全国の沿岸を巡る回遊魚のため、特定の地域で釣るなら、年に2回ほどチャンスが訪れます。春と秋が該当しますね。

冬は深場に生息しており、春になって水温が上がりはじめると、日本列島の沿岸を行ったり来たりしています。春からは産卵期に当たるため、大型が沿岸で釣れやすいタイミング

比較的温暖な地域を好むため、太平洋側の西日本なら、オールシーズンで出会いやすい傾向があります。日本海側だと季節を告げる魚といえますね。

成長速度は当歳で46cm近くまで。4歳で80cmほどまで成長し、寿命は6年とされています。

サワラを専門に狙うショアジギング考

まとめると、冬から春は大型狙い、夏から秋は回遊の数狙い……という感じ。

サゴシと呼ばれるサイズは当歳魚のため、秋頃に爆釣のタイミングが訪れます。サワラサイズは年中狙うことができますが、沿岸で釣る条件となれば、春から夏にかけてが望ましい。

サワラは肉食性なので、ミノーやメタルジグなどのルアーを用いるのが主な釣法になります。

主にイワシを食べているため、それに似たルアーが有効。

カタクチイワシやマイワシは、最大でも10cm前後に収まるし、何より細い特徴があります。なので丸々としたミノーは”マッチザベイト”で若干不利。

そして基本は回遊待ちになるため、サーフは特に飛距離を求められます。

サワラといえば西京焼き

サワラが人気のターゲットたるゆえんは、味の良さがあります。

雑味の無い白身は極上。大型になると身も厚くなるため、切り身を「塩焼き」にするのが間違いないレベル。

サワラといえば「西京焼き」が有名ですが、これは保存するために生まれた調理法です。青魚で足が早いため、味噌漬けで熟成させて保存を可能にしています。

新鮮なサワラに西京味噌をつけて、熟成を経るからこそ、西京焼きは極上の料理となるわけです。

https://www.uoan.jp/%E8%A5%BF%E4%BA%AC%E7%84%BC%E3%81%8D%E3%81%AE%E3%80%8C%E8%A5%BF%E4%BA%AC%E3%80%8D%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%9F/

静岡県だと秋のショアジギングシーズンを告げる魚

遠州灘サーフに訪れるのはサゴシサイズがメイン。

今までの経験上、晩秋にワラサが伊勢湾から出かけて「大型シーズンじゃあ!」が始まる前に、サゴシの回遊が来る感じですね。9~10月に出会えることが多いかな。

イワシや小サバがベイトになることが多いので、近いメタルジグを選ぶといいでしょう。「サゴシジグ」「マキノミー」がおすすめ!

サゴシジグは名前の通り、サワラ狙いに対して万能です。詳しくはこちらのページも参考にしてください。

「サゴシジグ」で来たる鰆シーズンに備えよう!
サゴシは「鰆(サワラ)」の50cm以下のことらしい……。 サワラは名前に”春”が入っているように、春のショアジギングシーズンの開幕選手みたいな存在。回遊一発勝負を制すには、飛距離と確実なアクションが大事。 それでも「サゴシジグ」...

マキノミーはフックにブレードがあるため、アピール力が高いのと、表層巻きが可能になること。高活性の群れが入っている時に役立つし、ボトムに落として他を狙うこともできます。

釣りの雑学
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生