【西部編】連休の遠州灘サーフで釣る!(豊橋~伊良湖岬)

 

遠州灘の愛知県側は、静岡県より短いものの、ポイントと釣れる魚種のバリエーションが多く内容は濃い。

この地域は「表浜」と呼ばれおり、遠州サーフとはあまりいわれません。

ちなみに浜松側は「前浜」とかいいます。ややこしい。

 

今記事は、遠州サーフ愛知県エリア(豊橋~伊良湖岬)のポイント紹介と、おすすめの攻め方などを紹介。

スポンサーリンク

連休の遠州サーフで釣る!(豊橋~伊良湖岬)

冒頭でいったように、このエリアでは「表浜」の呼称が多いため、それで固定します。

 

表浜は「海食崖」と呼ばれる形状をしており、それは「崖を降りたら砂浜が……!」という地形。

外洋に面した砂浜としては、全国的にも珍しい形状です。

その副作用として、海岸に降りる道は普通車のすれ違いが困難な細い峠道が続き、車の運転に慣れない人を拒んでいます。

 

酷道を走ったことがある人にはまだ優しい道。

もちろんそうじゃない箇所もあるけれど、全体としてはごくごく一部。

「表浜サーフに通えば、運転技術が自然と身につく!」なんて、前向きな捉え方もできる。

 

車で砂浜への乗り入れは全域で禁止。ほとんど物理的に無理です。

その代わり、砂浜沿いに(一応)車が走れるレベルの道があるので、「A海岸からB海岸へ移動」するのは、静岡エリアより楽です。

利用者はサーファーが多く、各海岸にはトイレや洗い場が整備されていたり。これは静岡より充実している。

海を見ながら車で移動できるのが最大のメリット

個人の感想だと、「静岡より海岸へは行きづらいが、降りてしまえばどうということはない」という感じ。

混雑時は車を停めるのが難しくなるのと、砂埃で汚れやすいのが難点。

最大のメリットは、砂浜沿いを移動できるので、ベイトやナブラなど海況を選んでポイントを決めれる点です。

 

というわけで、各地を細かく掘り下げていきましょう。

道中が運転下手にもまだ優しい豊橋地区

 

 

小松原の「王寿園」と、伊古部の「野外教育センター」がある箇所は、海岸までの道が比較的広め。

駐車場とトイレが完備されており、表浜へ降りる道としては、愛知県内でもイージーモード。

 

ここはサーファーが多いので、肩身を狭い思いをすることもしばしば。休日では車を停めるところがないことが多い。

早朝よりも、昼から夕方のほうが比較的空いている。

降りる道がハードモードになる田原地区

 

 

ここから西は「降り口=サーフィンorフィッシング」になるので、画像説明は割愛。

「百々」「浜田」など、降り口への案内板が道路にありますが、一方向からしか見えないので、案内板としてはイマイチ。

ここから西は酷道が多くなります。

 

道幅は平均として普通車1.5台分くらい。土砂崩れで閉鎖されることもあるので、豪雨後に訪れる際は注意してください。

沿岸道路が機能していないので、砂浜を探るのは足が頼り。

降り口へ向かう交差点に目印が少ないので、ナビを頼りにしても「あと◯mってどこだよ?」と、見落とすことが多い。

 

夏の終わり頃には、よくワラサ祭りが開催されます。

まあ潮に乗って伊勢湾から出てくる奴らなので、伊良湖岬から湖西まで満遍なくチャンスはありますけどね。

ナブラの発見しやすさと移動ではここに分があります。

サーファーズパラダイスな赤羽根港周辺

 

 

赤羽根はサーフィンポイントとして有名。海のレジャー客は総じて多めになります。

祝日になると、釣り人が介入する余地がほとんどありません(駐車場的な意味で)。

表浜の中でも、ここが最も行きやすい。だから混みやすい。

二律背反な場所です。

 

この辺からは、岩盤が目立つようになり、根があったりするので注意。

赤羽根港の外洋に面した堤防は足場が高め。取り込みにはネットが必要。

県内でも気軽に釣りができる環境なので、休日は釣り人が多めですね。

岩礁帯が目立ちテクニカルになるが空いている渥美区域

 

 

岩礁帯が多いためサーファーが居ないし、釣り人も少ない地域。

そのかわり根掛かり回避のテクニックが要求されます。ここなら盛期でもほとんど人と会うことがないくらい。

……それだけ難しいポイントってわけ。

 

砂地に岩が交じる厄介な底のため、ただ「ボトムをとればいい」やり方でルアーを通すのが難しい。

魚は何度も掛けてはいるが、根にやられて姿を見てはいないという、自身にとってはツイテナイ場所だったりする。

 

西側の「堀切」は普通の砂浜でわりと深め。季節風が強い時期では風裏になるため、冬期は表浜全域でも釣りがしやすいほう。

サーフルアーと投げ釣りでは有名所だが、駐車キャパは少ない。サーファーもそれなりに来るので、釣れる釣れないに関わらず連休中は激戦区。

シーバスの実績は遠州灘サーフでも高いほう。

秋は鉄火場、夏は大アサリを食べる場所の伊良湖岬

 

 

岬の先端はブリやシーバスの良ポイント。

近年は砂の堆積で浅くなり、でかいシーバスを狙うなら「船からやるほうが早い」って状況。

岬は岩礁帯のためガチ勢向け。恋路ヶ浜と湾内側はほぼ砂地だからフラット狙い。

 

外洋に落ちるブリが通るポイントのため、釣れだすと遠州灘沿岸屈指の鉄火場になります。

盛期の競争率は「コミケの徹夜組」といい勝負で、前日入りしてポイントで寝て待つとか、「花見の場所取りかよ!」とツッコミたいですが、ぶっちぎりでガチな連中が多い。

該当時期は初見バイバイポイントのため、「ブリ釣りたーい」と興味本位で近寄ると、釣りが嫌いになるかもしれません。

遠州灘でガチ勢が集まるのはここと、浜岡原発周辺ですね。

 

フェリー乗り場に駐車場が点在しているけれど、間違ってフェリー待ちの列に紛れ込まないように。

表浜サーフを攻めやすいルアー

表浜は「岩礁」「遠浅」「ドン深」「急流」とよりどりみどり。

8割は「遠浅の砂浜」なので、ヒラメを狙うルアー選択はそれほど困らない。飛距離が出る「シンペン」「メタルジグ」「ジグヘッド」があれば足りる。

シーバスを視野に入れるなら「鉄板バイブ」を忍ばせておきましょう。

 

フラットは「ワーム」の実績が多く次点が「シンペン」。シーバスだと「ビットブイ」など飛ぶレンジバイブが多い。

どちらも兼ね備えるのなら「飛びすぎダニエル」がおすすめ。

 

岩礁帯エリアを攻めるなら、「MD(ミッドダイバー)タイプ」を選びましょう。これは「ボトムをずらないよう有効レンジを通せる利点」があるため。

その中でも飛距離もそれなりな「魚道110MD」がいまだに活躍しています。

岩礁帯でどーしてもボトムを狙いたいなら、アシストフックだけのメタルジグか、シングルフックのジグヘッドが無難。

 

飛びすぎダニエル」は、8割以上のエリアで有効なのでおすすめのルアーです。

よく飛ぶし、深いレンジもシャローも満遍なく攻めれるので、この地域では万能と感じるレベル。

表浜の実績は静岡側より多いですね。

連休中に釣りをするなら表浜をオススメしたい

表浜はサーフアングラーが他より少なく、入れる箇所が点在しつつ広域なので、休日祝日でもまだ余裕があるほうになる。(時期によってはキス釣り師が多いが)

なにより「道中の渋滞がほぼない」のが強み。

 

難点は高速道路経由のアクセスが面倒で、遠方から来る人に向いてないところ。

伊良湖岬を目指すだけなら、「豊川IC」を降りて、R23バイパスからのR259ですんなり行けます。

渥美サーフとなると山を越える必要があるので、迂回気味のルートになり、いっきに面倒。

豊橋サーフなら、「三ヶ日IC」からR42をびゅんびゅーんと走るほうが早い。

 

民宿など泊まる場所も少ないし、何よりご飯を食べる場所はもっとない。

なので旅行を同時に楽しみたいルートを選ぶなら、静岡側より悩まされます。

何も知らずに訪れるよりは、現地の知り合いに案内してもらうほうが安全です。

ほんとマジで!

遠州灘サーフ関連
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。
さしし@釣りしたいマンをフォローする
とある浜松アングラーの一生