連休の遠州灘サーフで釣る!西部編(豊橋~田原〜伊良湖岬)

【西部編】連休の遠州灘サーフで釣る!(豊橋~伊良湖岬)

大型連休になるとサーフは激混み必死。

そんな中でも、空いているポイントは探せばあります。

当記事では、遠州灘サーフの西部に当たる「愛知県」を中心に、比較的混まない要素のあるポイントを紹介しています。

遠州サーフ西部地区(表浜エリア)を簡単に説明

遠州灘サーフの西部は愛知県になります。

釣果情報にのりやすい地名だと、「豊橋・田原・渥美」のホットラインを形成してますね。豊橋~渥美の遠州サーフエリアは、表浜とも呼ばれています。

特色をまとめると以下のとおり。

表浜エリアの特色
  • 豊橋~田原は砂浜の背が崖(海食崖)
  • 田原~渥美は平坦な砂浜。場所によっては岩肌が目立つ
  • 豊橋~渥美まで、砂浜沿いに道路がないこともないので、ガチオフロード車なら全域走れる
  • 全域でフラットは狙えるが、秋~冬にかけて田原~渥美エリアのワラサ・シーバスが特に有名
  • 豊橋エリアはサーファー多め。整備された駐車場も多め
  • 海への道路が極端に狭いポイントが多く、運転慣れしてない人を拒む
  • 自動車で砂浜に入るのは全域で禁止

表浜はヒラメよりも、ワラサとシーバスで名前が通っている感じ。

だからといって競争率が低いわけでもなく、ハイシーズンはどこも混雑しがち。

ただし、砂浜への道路が極端に狭かったり、その道が多かったりするので、ハイシーズンでも部分的には過疎気味のポイントが見られます。

はる@釣行中
はる@釣行中

……とはいえ、人が居ない理由もあるんだけどね。

表浜エリアにおける最大のメリットは、砂浜沿いに道があるので、普通車でも広範囲に探れることです。──部分的にはガチオフロード車が必要ですけどね。

というわけで、各地を細かく掘り下げていきましょう。

【豊橋地区】道が広めで運転下手に優しいエリアで初心者向け

豊橋エリアのワンポイント
  • 愛知県のサーフでも釣りが最もやりやすい
  • 道があるので湖西から田原くらいまで砂浜を移動できないこともない
  • 地形変化は乏しめ
  • サーファー多め
  • ナブラを探すなり「ここぞ!」のポイントを探るのに向いている
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2016424tp118-1.jpg
愛知東部(豊橋市)のサーフ事情

豊橋エリアは駐車場が広めで、サーファーが多いことが特徴。トイレに不安を抱える人にとってオススメ。

週末や連休は特に混むポイントになります。

地形変化も乏しく、どこで狙っても等しい感じ。サーフルアーをはじめたばかりの初心者にとって、わりと安心して投げれるエリアだと思います。

夏から秋にかけては、サーファーと投げ釣りが多くなるため、やれる場所を探すのが大変かも。

【田原地区】道は狭いがフラットと青物の狙い所が多い

田原エリアのワンポイント
  • フラットの実績は多い
  • 海へ降りる道がどこも狭く、運転慣れしてないときつい
  • サーファーは少なめなので夏期は狙いどころ
  • 車高を下げているとハマりやすい
田原エリアは道が狭いところしかないレベル

ここから伊良湖岬までは、「降り口=サーフィンorフィッシング」になるので画像説明は割愛。

田原地区は主要道路に「百々」「浜田」など、海岸への案内板があります。ただし、一方向からしか見えないため見逃しやすい。ナビで地点登録をしておくといいでしょう。

このエリアは特に道が狭く、所によっては崖崩れで通行止めもワンチャンあります。

交通量こそ少ないですが、マヅメタイム上がりの方々とはちあわせると、すれ違いで面倒なことに。なるべく時間帯を合わせるか、ずらすかの工夫が必要。

フラットの実績は多い。遠浅でも深めなポイントなので、岸近くまで寄ってきてくれるおかげかもしれない。

秋頃に激混みだったら「ワラサが釣れだしたんだな」と察しましょう。

【赤羽根港周辺】サーファーズパラダイス

赤羽根港周辺のワンポイント
  • サーファーにとっての超有名ポイント
  • 駐車場近くの砂浜で投げるのはまず無理と考えましょう
  • 駐車場から離れた場所はチャンス有り
  • 港内は波止釣りで混み合ってたりして隙がない
  • サーフルアーをするなら特に向いてないエリア
赤羽根港周辺はサーファーの楽園

赤羽根地区でサーフルアーをするのはあきらめたほうがいいです。

サーフィンの大会があったり、五輪会場候補にもなったことから、特にサーファーが集まるエリアです。夏の週末はもう無理ゲー。

どうしてもやりたいなら夜しかないですね。

【渥美地区】岩礁帯が目立つテクニカルなエリア(中級以上向け)

渥美地区のワンポイント
  • 岩礁帯が多く、どこでも根がかりリスクがある
  • アングラーとの競争率は少ないが、腕が問われるポイント
  • 居付きのフラット狙いに向いている
  • フックはシングル推奨
岩礁帯はあるけど地磯ってほどじゃない

渥美エリアの東側は、一帯がほぼ岩礁帯です。

まずサーファーは来ないし、釣りをするにも難しいから、週末や連休でもわりと空いているポイントになります。

フラットの定石である「ボトムに落としてから巻く」をすると、もれなく根がかりすることもザラ。砂地に慣れすぎているとルアーをポイポイ捨てるハメになります。

西側の「堀切海岸」は普通の砂浜。サーフシーバスで有名なポイント。

人は西側に集まりやすく、表浜の釣果情報は大体ここから。

【伊良湖岬】秋は鉄火場。夏は大アサリを食べる場所

伊良湖岬のワンポイント
  • ランカーシーバスにブリなど大物報告が多い
  • ガチ勢のアングラーが集まりやすくトラブルが多い
  • 足場が悪いため安全に務めること
  • 大物狙いならランディングネットよりギャフを用意するべき
  • 初心者は春と秋に近寄るべきじゃない
愛知サーフ屈指の競争率(ハイシーズンなら)

伊良湖岬はネタに事欠かないエリア。

愛知サーフの括りでは、最も大物報告が多いため、ガチ勢が集まりやすい。青物が釣れだすと、前日から待つ人もいるやばさ。

まあ……初心者向けの場所じゃないです。岬の先端は特に鉄火場。サーフルアーの装備よりも、磯のヒラスズキ狙いの感覚で来るべき場所ですね。

とはいえ、手前の浜は砂地ですし、わりと空いてます。観光スポットなので人や周りに配慮しましょう。

大型連休中に「遠州サーフで釣りをしたい!」を叶えるなら表浜をオススメしたい

遠州サーフの愛知県エリアは、連休中でこそ、他より人が少ない場所が多いですね。理由はいくつかあります。

  • (海まで行く)道がクソ狭い
  • 東名など主要交通網から遠い
  • ポイントの情報が少ない
  • 行き帰りで渋滞にハマりやすい
はる@釣行中
はる@釣行中

ざっくりいえば、”遠い”んですよね。

地図だと砂浜が近く感じますけど、海沿いを走る国道からでもけっこう走ります。砂浜は崖の下ですし、畑や森の範囲が地味に広いからです。おまけに道が狭い。

地元でも気軽に行けない面倒さがあります。観光のついでならなおさら。

しかしそれは、連休なり週末だと、”空いているかも”と有利に働きます。特に大型連休中なら、浜松よりもだんぜんこっちをオススメ! 釣れるかは知らないけど!

他にも「連休中に遠州サーフで釣りをするなら」については、こちらの記事でまとめてあります。ぜひご覧ください。

ダイワ(DAIWA)
¥51,534 (2022/03/07 13:29時点 | Amazon調べ)