ウナギの代替品「うな蒲ちゃん」を食べてみた

うなぎの代替品「うな蒲ちゃん」を食べてみた

土用丑の日だったので、せっかくだからと「うなぎの代替品」を探していた。

普段の買い物をするスーパーにはなかったので、あとは「うな次郎」を見たセイユーか、絶対にあるイオン系列に行くしかない。でも通り道になかったし、他にもあるやろと業務スーパーをついでに覗いてみた。

そこで「うな蒲ちゃん」に出会ったんです。

スポンサーリンク

うな蒲ちゃんの鰻力はいかほどに

ウナギの蒲焼を1尾1000円(冷凍)で売っていた業務スーパー。それは皮がガチガチのもちもち(意訳:硬い)なので、食べづらいことは知っている──。私は”本物”に目もくれず、横にあった代替品の「うな蒲ちゃん」を手にとっていた。かわいい。

家に帰って開封したら……。

うな蒲ちゃん:パッケージ
「うなぎではありません」のアピールは謙遜かもしれない。

いやもうこれ、ウナギでいいやん? だってホラ

うな蒲ちゃん:切った断面
切った断面はほんとそれっぽいし、ちゃんと皮まで作り込まれている。
誰がここまでやれといったのだろう。

切り口の断面図は本物よりも綺麗だよね。それに”弾力”もあるし、本物に近づけようとする努力は、情熱大陸で特集されてもいいのではないだろうか。「誰がここまでやれといった!」とか上司に怒られてそう。

ではレンジで温めて、いただきますかね……。

やはり「○の蒲焼き」の本体は蒲焼きのタレだったな

…………おいしい

見た目はウナギの蒲焼きだけど、味はウナギじゃない。でもおいしい。無難にウマイ! 代替品のポイントは、やはり”視覚”にあると思う。

「ウナギの蒲焼きといえば?」の形に、若干こげた感じの表面に照り光るタレ。視神経が「こいつはウナギだね」と訴えかけている気がする。そして口に運ぶと、舌が一瞬「ん?」と嘘を暴きそうに。だが脳が互いを足して割ることで”ありやな”と結論づけた。これが議会制政治である。

私の所感として、何回か苦しめられたことのある小骨がないから、安心して食べれるのは大きなメリットだと感じます。これなら子供にも安心して食べさせられますね。

成分に「うなぎエキス」があるから実質ウナギでは?

パッケージの成分表で「うなぎエキス」が入っていると知り、これを入れた代替品は理論的にウナギといっていい気がします(暴論)。その証拠はこちらの公式サイトの商品紹介からどうぞ。

うな蒲ちゃん|その他 | 商品情報 | 株式会社スギヨ
身の食感、焼き具合、香り、皮にいたるまで本物を忠実に再現した自信作が、さらにおいしく進化。小骨がないので高齢者やお子様も安心してお召し上がりいただけます。

【うな蒲ちゃん】魚肉、かば焼きのたれ(小麦・大豆を含む)、植物油、豚脂(豚肉を含む)、卵白(卵を含む)、ぶどう糖、こんにゃく粉、食塩、酵母エキス、魚介エキス、カラメルソース/加工でん粉、トレハロース、調味料(アミノ酸等)、pH調整剤、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、乳化剤、香料、着色料(イカ墨)、水酸化Ca 【蒲焼のたれ】しょう油(小麦・大豆を含む)、砂糖、水あめ、うなぎエキス、ぶどう糖、発酵調味料/増粘剤(加工でん粉) 【山椒】山椒、陳皮

https://www.sugiyo.co.jp/food/detail/item-000288.html

引用させていただくと、様々な原材料と化学パワーで作られていることがわかります。端的にいえば「かまぼこ」なんですけどね。うな蒲ちゃんの”蒲”は、「蒲鉾の蒲」らしいです。

うなぎの白焼1匹が2000円近くするのに対して、うな蒲ちゃんは1パック400円ちょい。

1人で食べるなら”重”にするくらいの大きさですし、本物と比較すれば実質3パック買えるわけだから、特上サイズも可能ですね。スーパーなどで見かけたら、ひとネタのために買ってみてはどうでしょう。あまりにウナギしていて驚きますよ?

ちなみに買ったスーパーは「アミカ 浜松店」です。

株式会社 大光 : アミカ浜松店詳細
その他料理
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました