ウナギの代替品「うな蒲ちゃん」を食べてみた

うなぎの代替品「うな蒲ちゃん」を食べてみた

”土用丑の日”なことをスーパーで知ったワイ。残念ながら本物を買う余裕がない。いったいどうすればいいんだー(棒読み)。

というわけで、最近話題の「うなぎの代用品」を探してみた。「うな次郎」を見たセイユーか、絶対にありそうなイオンに行くしかない。でも遠回りで行くのも面倒だから、業務スーパーでいいか。

そこで「うな蒲ちゃん」に出会いました。

スポンサーリンク

うな蒲ちゃんの鰻力はいかほどに

立ち寄った「アミカ」では、ここぞとばかりに、鰻の蒲焼(本物)が1尾1000円(冷凍)で売っていました。安くね? もうこれでよくない?

だが俺は知っている。安い鰻は手間をかけないとガチガチで食えないし、生臭さが半端ないことを。1尾千円とはいえ、手を出すと”安物買いの銭失い”になるのは目に見えている。私が探しているのはフェイク品だ。きっとここならあるはず……。

それはわかりやすいよう、本物の横に置いてあった。

代替品の「うな蒲ちゃん」。ラベルに「うなぎではありません」と丁寧な説明つき。でも見た目は完全にうなぎの蒲焼きである。これは期待できそう。

うな蒲ちゃん:パッケージ
「うなぎではありません」のアピールは謙遜かもしれない。

切ってみると、断面が限りなくうなぎに近い。もうこれ本物でいいのでは? なぜここまでやれといった、とかいわれるクオリティでしょコレ。

うな蒲ちゃん:切った断面
切った断面はほんとそれっぽいし、ちゃんと皮まで作り込まれている。
誰がここまでやれといったのだろう。

おそらく蒲鉾要素が身の弾力を助けてくれているのでしょう。さわり心地は本物より「ぷよん」としている。うなぎの代用品は、どんな味なのだろうか……。

やはり「○の蒲焼き」の本体は蒲焼きのタレだったな

うな蒲ちゃんを食べて一言。「…………おいしい

見た目はまんま、だけど味はウナギじゃない。味覚と視覚がごちゃごちゃになって、脳がエラーを起こして「おいしい」といっているわけじゃない。無難にウマイです!

なにより小骨が無いのが最大のメリットかもしれません。うなぎの小骨に苦しめられたことは多いので、これなら子供にも安心して食べさせられますね。

成分に「うなぎエキス」があるから実質ウナギでは?

うな蒲ちゃんの成分表を見ると、「うなぎエキス」が入っていますね。これなら実質うなぎでいいのではないでしょうか。公式サイトの商品紹介で詳細を知ることができます。

https://www.sugiyo.co.jp/food/detail/item-000288.html

【うな蒲ちゃん】魚肉、かば焼きのたれ(小麦・大豆を含む)、植物油、豚脂(豚肉を含む)、卵白(卵を含む)、ぶどう糖、こんにゃく粉、食塩、酵母エキス、魚介エキス、カラメルソース/加工でん粉、トレハロース、調味料(アミノ酸等)、pH調整剤、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、乳化剤、香料、着色料(イカ墨)、水酸化Ca 【蒲焼のたれ】しょう油(小麦・大豆を含む)、砂糖、水あめ、うなぎエキス、ぶどう糖、発酵調味料/増粘剤(加工でん粉) 【山椒】山椒、陳皮

https://www.sugiyo.co.jp/food/detail/item-000288.html

様々な原材料と、化学パワーで作られていることがわかりますね。簡潔にいえば「かまぼこ」なんですけど……。うな蒲ちゃんの”蒲”は「蒲鉾」から来ているらしい。

大手スーパーに並ぶうなぎの白焼は、1尾2000円近くしますが、うな蒲ちゃんはなんと! 1パック400円ちょい。1尾で5パック買える! ……そんなに要らないかな。

代用品もあなどれない物ですね。本物とは違うけど、無いよりかは”体験”できるだけ、リターンがあります。近年はうなぎも値上がりしまくりだし、絶滅危惧もされているため、保全のためにも「食べない運動」を広げたいところ。

代用品なら小骨もないし、それっぽい味は堪能できるし、たくさん買えるしで、探せばいい所もたくさんありますね。

株式会社 大光 : アミカ浜松店詳細
タイトルとURLをコピーしました