ウナギの代替品「うな蒲ちゃん」を食べてみた

うなぎの代替品「うな蒲ちゃん」を食べてみた

”土用丑の日”なことをスーパーで知ったワイ。残念ながら本物を買う余裕がない。いったいどうすればいいんだー(棒読み)。

というわけで、最近話題のうなぎの代用品を探してみたところ、うな蒲ちゃんに出会いました。

スポンサーリンク

うな蒲ちゃんの鰻力はいかほど

立ち寄った業務スーパーの「アミカ」では、ここぞとばかりに、鰻の蒲焼(本物)が1尾1000円(冷凍)で売っていました。

安くね? もうこれでよくない?

だが俺は知っている。安い鰻は手間をかけないとガチガチで食えないし、生臭さが半端ないことを。

1尾1000円で手間をかけるなら、1尾2000円で確実にウマイ国産うなぎを選ぶべきだと思う。

それはともかく、うなぎ代替品の「うな蒲ちゃん」は、本物の近くで陳列されていた。

うな蒲ちゃん:パッケージ
「うなぎではありません」のアピールは謙遜かもしれない。

ラベルに「うなぎではありません」と丁寧な説明が。見た目は完全にうなぎの蒲焼き。これは期待できそう。

切ってみると、断面が限りなくうなぎに近い。

うな蒲ちゃん:切った断面
切った断面はほんとそれっぽいし、ちゃんと皮まで作り込まれている。
誰がここまでやれといったのだろう。

うなぎの代用品は白身魚のすり身を使った蒲鉾。

さわり心地は本物より「ぷよん」としているが、問題は味なのだよ味──。

やはり蒲焼きの本体は「蒲焼きのタレ」なんだよなぁ

うな蒲ちゃんを食べた感想は、一言で「おいしい」といえる。

見た目は本物そっくりだけど、味は本物より遠い。限りなく本物に近づけているのは、やはり蒲焼きのタレを使っているからでしょう。

料理は目でも味わうことから、見た目でうなぎの蒲焼に近いことは、味覚をも凌駕する可能性はある。

なにより小骨が無いのが最大のメリット。

小骨は魚嫌いの要因になるし、うなぎは小骨も地味に多い。喉に刺さるリスクもないため、子供にも安心して食べさせられますね。

成分に「うなぎエキス」があるから実質ウナギでは?

うな蒲ちゃんの成分表を見ると、「うなぎエキス」が入っていますね。

これなら実質うなぎでいいのではないでしょうか。公式サイトの商品紹介で詳細を知ることができます。

https://www.sugiyo.co.jp/food/detail/item-000288.html

【うな蒲ちゃん】魚肉、かば焼きのたれ(小麦・大豆を含む)、植物油、豚脂(豚肉を含む)、卵白(卵を含む)、ぶどう糖、こんにゃく粉、食塩、酵母エキス、魚介エキス、カラメルソース/加工でん粉、トレハロース、調味料(アミノ酸等)、pH調整剤、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、乳化剤、香料、着色料(イカ墨)、水酸化Ca 【蒲焼のたれ】しょう油(小麦・大豆を含む)、砂糖、水あめ、うなぎエキス、ぶどう糖、発酵調味料/増粘剤(加工でん粉) 【山椒】山椒、陳皮

https://www.sugiyo.co.jp/food/detail/item-000288.html

大手スーパーに並ぶうなぎの白焼は、1尾2000円近くしますが、うな蒲ちゃんは1パック400円ちょい。

1尾で5パック買えるから、重にするのも余裕ですね!

いやぁ、代用品もあなどれないと感じました。

近年はうなぎも値上がりしまくりだし、絶滅危惧もされているため、保全のためにも「食べない運動」を広げたいところ。

代用品なら小骨もないし、それっぽい味は堪能できるし、たくさん買えるしで、探せばいい所もたくさんありますね。

http://www.oomitsu.com/shoplist/ten_hama.html
料理
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生