夜明けに前にまず一投したい「鮃狂ヒラメハンターZ 120S」

http://www.daiwa.com/jp/fishing/item/lure/salt_le/fj_hiramehunter_z/index.html

 

最近のヒラメ用ルアーは重い物が主流。

有効レンジでいえば、上か底の二極になる。

サーフはそれで十分だけど、腕で釣る達成感のために、レンジの自由度はあったほうがいい。

 

ダイワの「鮃狂(フラットジャンキー)ヒラメハンターZ 120S」は、リップが大きめのシンキングミノー。

今ではありふれたタイプだけど、遠浅をねっとり攻めるに、これは持っておきたい。

スポンサーリンク

夜明け前からのヒラメゴールデンタイムを攻めるルアーとは

夜明けの時合(マヅメ)を狙うなら、活性に合わせて通すスピードを変えるのが効率的。

それは状況にもよります。

けれど、おおまかに分ければ3パターンくらい。

 

1.表層にベイトはいるようだがボイルがない

2.表層にベイトもいないしボイルもない

3.なんかヒラメが飛んでるけど…

 

(1)はベイトの下にヒラメがいると想像するなら、表層にいるエサに気づいていないorやる気スイッチが入っていない状況。

これは満潮時が該当しやすく、単に活性が悪い時もある。

こんな時はまず、ベイトの下をゆっくり通して反応がみる。何も来なければ、散らす勢いで派手に動くタイプを。

総合すると、「水面下2m以内を通せるルアー」が効率的。

 

(2)は通すところにヒラメがいたら「ラッキー☆」程度に思うこと。

メタルジグかなにかで水深測ってから、底から1m以内を引ける重いルアーで十分。

 

(3)はフィーバータイム!

だけど、ナブラぼっこぼこなら何を投げても釣れるってわけでもない。

まずは「届く」ことが必要だし、ルアーをある程度沈ませることが、攻略のカギになる。

これに向いているのが「メタルジグ」「バイブレーション」「シンキングペンシル」など。

 

「ヒラメハンターZ」は、先の(1)と(2)の状況にピッタリ。

「今日はお魚さんおるかなー?」と、反応を探る初手に向いており、レンジに融通が効きやすいミノー。

ヒラメハンターZは水深4m以内のサーフ向け

早巻きで表層下50cmから、「それ巻いてんの?」な遅巻きで2m前後のレンジを通せる。

秒速1回転のただ巻きで、1mちょい下を通せるから、使い勝手はMDタイプの「魚道MD」に近い感じ。

 

ヒラメハンターZはシンキングタイプだけど、ヘビーよりは緩く沈むので、レンジの自由度は高い。

魚道と比べるなら、これはフローティングミノーだから、巻かないと沈まない。

それに対してヒラメハンターZは、巻いても巻かなくても沈むから、意図的なレンジに置きやすいメリットがある。

リップが大きいので、チャカチャカ動かして「ジャークベイト」として遊ぶのもアリ。

 

ルアーはゆっくり見せるほうが魚が見つけやすく、釣れやすい。

ヒラメハンターは派手に動くタイプだから、見向きもしないようなら、重いシンキングペンシルでレンジを下げつつ、ねっとり底を狙って反応をみたい。

時間帯で考えるルアーカラー

ヒラメが釣れるルアーカラーといえば、「ピンク」「ゴールド」がよく釣れる話題になる。

“よく釣れるカラー”は、口コミで皆「俺も俺も」と使うようになるので、統計したら割合が多くなっただけかもしれない。

重要なのは、「その時間帯でなぜその色を選ぶのか」を考えるか否か。

 

お魚さんは色までハッキリ判別する個体は、全体からすれば少数です。

目よりも側線というセンサーを頼りにする種もいる。

ヒラメは目が上に向いているので、エサを視るタイプ

 

ヒラメ視点からルアーを見ると、下腹部(ベリー)が真っ先に見えます。

そのため、カラーとして気にするならここが重要。

でも日光があると影になるし、色があっても特に意味がなくなってしまう。

 

ルアーはアクションの過程で、ベリーが真横に向いたりするので、時間帯を問わず明色を選ぶのが効果的

……ただしこれは、底から1m上を通す時の選び方になる。

釣れるカラーはレンジでどこが魚に見えるかを考えよう

底付近をネチネチ攻める「リフト&フォール」なら、ルアーの側面も見せることができる

なのでレンジを底に近づけるほど、全体のカラーが重要になってくる

ルアー全体を見せる時は、レンズホロの反射で「うおっまぶしっ」とリアクションを狙うのが効果的だし、全体のカラーでもアピールできる。

 

朝マヅメにゴールド系が有効なのは、夜明けの日光は赤みがかっているため。

それは金色に反射しやすいので、日の出日没にゴールドが釣れやすい理由になる。

 

ピンクは……ヒラメだけが特別じゃなく、どんな魚にも効果はある

これは自然界(水中)に存在しにくい色で、周囲のコントラストとはっきり区別されるため。

陰影がわかりやすく、魚が「あれエサっぽい形してる」と判断しやすいからでしょう。

 

濁りがあるなら暗色のほうが目立ちます。

なので黒っぽいイワシカラーや、緑がかった色がオススメ。

 

 

「こまけぇことはいいから釣れるカラーを教えろください」

というなら、レンズキャンディーや、カラフルな竜宮城がオススメ。

 

ダイワのヒラメ用ミノーはいまいちパッとしなかったけど、これは使えそうだなと。

この手は市場にありふれているので、購入の一歩を踏み出すために、「釣れそうなカラーがあるかどうか」にあるんじゃないかな。

ダイワは赤系のルアーが何故か他より釣れるんですよ。

ルアー
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さしし@釣りしたいマンをフォローする
とある浜松アングラーの一生