メタルバイブの弱点をなくした「飛び過ぎダニエル」でサーフを戦う

 

Jacksonから発売された「飛び過ぎダニエル」は、「いい仕事してますねぇ!」と思ったルアー。

見た目とキャッチコピーは、うんざりするほどいつもの

けれど、わりと馬鹿にできない点がある。

 

飛びすぎダニエルは、メタルジグでやりにくいスローリトリーブでの誘いと、メタルバイブを使う上で厄介な糸絡みを軽減する。

それぞれの弱点を消したその使い勝手こそ、推していきたい

スポンサーリンク

「飛び過ぎダニエル」の超後方重心がもたらすメリット

メタルジグは鉛の塊で、薄くすると強度が保てない難点がある。

小魚を模しつつ飛距離を兼ねるなら最適、だけどリップ付きミノーに比べれば魚らしく泳ぐアクションに負けてしまう。

そのため上下に動かし、ヒラヒラさせるのがセオリーだった。

 

ダニエルくんは鉄板バイブに位置する。

他と違うのは鉛を後方に据えることで、超後方重心にしているところ。

水中では尻をフリフリと動き、ただ巻くだけで誘えるルアーとなっている。

 

というのがアクション面でのウリ。

でもただ巻きで誘えるルアーなんて、他にいくらでもあります。

 

似たルアーでいうなら、フリッパーと比べたとして特別優位なところはない。

飛距離にしても「同じ重さのメタルバイブでは」の意味なら、No1を争う存在であるのも間違いない。

でも使い道が違うので、それを比べるのもどうかと思う。

 

コイツのメリットは2つ。

スローリトリーブで使えることと、メタルバイブより糸絡みが軽減されること。

よく飛ぶルアーほど糸絡みすると困る

メタルジグ・バイブをぶん投げた時、糸がフックに絡まって即回収するハメを経験した人は多いでしょう。

そうなる要因は大きくわけて2つ。

ルアーのせい」といえる重心とフックのセッティングがひとつ。

もうひとつはアングラーのキャスティングテク(笑)。

 

設計とフックのセッティングで、どうしても絡まりやすいのは存在する。

でもフックを小さくしたり、着水前にフェザーリングしたりと、腕と裁量でなんとでもなるのも特徴。

ただし、30g以上のルアーがカッ飛んで、スプールから激しく出されるラインを指で抑えると、「これ指が吹っ飛ぶんじゃねぇかな?」と感じるかもしれない。

というわけで、重いルアーほどこちらの技を受け付けてくれないわけです。

 

「飛び過ぎダニエル」は、超後方重心のため着水後は後ろから沈みやすい。

アイとセンターフックが離れているから、設計も物理的にもラインが絡みにくい。

結果として、小細工をあまり必要としない利点があります。

 

サーフルアーに限らず、25g以上であれば100m飛ばすことも現実的。

リールは大半が「1回転=1m」の糸巻き量だから、100m先に着水してラインが絡んでいることに気づけば、回収時間も結構なロスになる。

糸絡みの軽減は、小細工が苦手な人でも、安心して使えると思います。

「すごーい! ちょっと不慣れなアングラーにも優しいルアーなんだね!」

人がみっちりいる釣れる時期の朝マズメなど、真正面しか投げられない「脳死プレイ」な状況において、ダニエルくんはいい仕事をするはず。

ぶん投げて、着底させて、ゆっくり巻いてくる──。

たったそれだけを守るだけで、結果はついてくる。

 

 

「飛び過ぎダニエル」は、スローでもウォブリングするプラグのように、ちょっと頑張って逃げている小魚を演出してくれる

 

 

底をとってからスローリトリーブでスレスレを。

それより少し早く巻いて50cm上、もっと早くして水面下──。

などなど、リールを巻く速度でレンジを変えつつ、反応を探れるから効率もいい。

飛びすぎダニエルをサーフで使う場合はどれ選べばいいのん?

重さラインナップは、14・20・30・40gと無駄に多い

サイズは61~83mmで、重くなるほど大きくはなる。

 

人気が出るほどウェイトの種類も増えるわけで、結果を出しているルアーといえるし、鉄板バイブが強い愛知のサーフで定番になったようでなにより。

種類が多くなるほど選ぶのも困り物だが、重さで変わるのは飛距離だけでなく、通せるレンジ(棚)も変化する。

 

チェック1 20gまでは遠浅サーフに適していて上のレンジを狙える!

 

秒速1回転なら水面下1mくらいを通せるし、それより遅ければ更にレンジは下がる。

せいぜい水深3m近辺の遠浅サーフなら、マゴチは厳しいけどヒラメならただ巻きだけで十分釣れる。

 

 

シャローを通すのなら、波の泡と砂埃で視界が悪くなるので、派手めなカラーを選びつつ、10cm単位でストップゴーして探ればいいと思います。

 

チェック2 30g以上はタックルを選ぶがドン深とでかい青物にも対応できる!

 

ダニエルくんの真価が発揮されるのはここから。

青物のナブラを狙うなら、上層を早巻きにしたほうがいい。

バイブっぽい効果でアピールも優れるから、愛知サーフの青物やシーバスに向いている理由もここにある。

海がシーンとしている場合は、シャクってジギングライクで遊ぶか、底スレスレで泳がせて、平べったいのを狙いつつ他のも……って遊び方がある。

 

 

「メタルジグではできないアクションを、メタルバイブでは届かない場所を」

これが「飛び過ぎダニエル」のキャッチとしては、無難じゃないですかね。

ルアー
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生