【初心者向け】PEラインの無難な太さの選び方

当サイトの検索によるアクセスを見ると、”PEラインの太さを選ぶ方法を知りたい人”が多いことに気付く。選ぶ基準はすごく簡単! 釣りたい魚の重さに合わせればいいだけ

「それが難しいんだよ蹴るぞ」とぶたれそうですが、そうとしかいいようがないんです。

それを決めきれない人に向け、対象魚やポイントなど”状況に合わせたラインシステム”を題材にまとめてみました。

スポンサーリンク

PEラインの太さや強さを知る前にポンド表記(lb)になれよう!

PEラインの太さ=強度は、ポンド表記が標準です。

1ポンド(1lb)は「453.592g」。小数点以下がうざいので、私はざっくり450gで覚えています。ステーキを頼む時にも役立ちますよ。

「なぜグラム表記じゃないのか?」と、思う人もいるでしょう。

そもそもルアーフィッシングは外国発祥です。なので関連する製品の長さや重さの表記には、英国式単位が使われているというわけ。

ルアーメンになる第一歩は、横文字単位に慣れることからはじまります。

PEラインにある表記の意味を理解しよう

販売されているPEラインのパッケージには、ポンドで”耐力強度”が表記されています。これは「この重量までならラインだけで引っ張っても切れないよ!」という指標。

耐力(たいりょく、英: proof stress, offset yield strength)とは、その材料が耐えうる力のこと。

参照:wikipedia(耐力)

耐力強度に「1lb」と書かれているPEラインは、453g以下の魚には切られることはないが

、453g以上の魚には切られる可能性がある──ってこと。

実際の製品によるスペックから強度の指標を学びましょう

次の画像は「シーガーPEX8」のスペック表です。

http://www.seaguar.ne.jp/lineup/fune/fune_11.html

こちらでは”最大強力”として、ポンドとキログラムで強度が書かれており、わかりやすく親切な表ですね。

ラインには太さが存在し、PEラインも太くなるほど強度は比例して強くなります。直径に関してはメーカーによって違いがありますが、微妙な違いなので無視してもいいです。

ざっくりと、「PEライン1.0号当たりの太さで10kgまでの魚は耐える!」と憶えていれば、特に困ることはないかと。2号なら20kg、5号なら50kgという具合でも大体あっています。

これは各メーカー共に、”1号相当は20lb前後で設定しているラインが多いため”成立します。

魚とポイントから考えるPEラインの無難な選び方

PE1号なら10kgまでの魚に対応すると、前項で説明しました。でも10kgがそうポンポン釣れる方法も限られています。

PEラインの無難な選び方とは、段階に分けて決める必要があります。

  1. 対象魚を選ぶ
  2. 釣りたいサイズから重量を予想する
  3. ポイントの状況により強度を増すか考える

重要なのは以上の3点です──が、これから始めたい人向けの説明じゃないですね。

なのでよりわかりやすいように、「ここで釣りをすると、こんな大物が来る可能性もある。それも釣り上げたいなら強度はこれだけ必要だよ!」という感じで分類別してみました。

【ショアキャスティング】岸から狙える魚の最大重量は10kg程度

ショア(陸っぱり)で狙う魚は最大重量が10kg前後です。

ということは20lbもあれば十分ですね。ちなみに対象魚で考えると以下のようになります。

  • 1mのシーバスは腹パンパンじゃない限り平均9kg
  • 1mの座布団ヒラメは8~10kg
  • 1mのブリで平均9kg。ワラサ(60~80cm)だと6kg前後

ショア主体のルアー雑誌やブログのタックル紹介では、「PE0.8~1号(20lb)がオススメ!」と書かれていることが多いと気づきませんか?

10kgを超える魚が掛かる可能性も低いし、ロッドとドラグを有効活用すれば、それ以上も釣りあげることは可能ですからね。

YGKの「G-Soul」は万能なPEライン。ショアで使うに困るシーンはないでしょう。

【ライトタックル】堤防小物釣りでは1号以下でOK

メバル・カサゴなどの根魚は、”尺サイズ”といわれる30cmでも500g程度です。

PEラインなら0.6号以下でもオーバースペック。でも想定外があるのも醍醐味。それを考慮すると悩みは尽きません。

数値上だと1kgに耐えるだけでもいいんですが、PEラインは摩擦に滅法弱い特性があります。細すぎるラインは摩擦で切れやすくなるし、魚が「チョン」と優しく触れただけで切れることもあります。

細いラインを使うほうが釣れやすい……ともいわれますが、細いラインは釣りが下手なほどコスパが悪くなります。釣具メーカーは得をしますけど、自然とアングラーは損をしますよね?

メバリングもアジングもPE1号で十分成立します。最適化すると、堤防ヘチ狙いならPE0.6号、テトラなど岩礁帯があるならPE0.8号……など、使い分けるのがベスト。

【磯】10kg以内を狙うか、それ以上を狙うかで選択する

岩しかない磯は、ラインが最も切れやすいポイントです。

あっちこっちへ走り回る魚を、力で制御するためタックル全体の強度を上げる必要があり、ラインも相対して強く太くする必要があります。

磯のライン選びは対象の重量より余裕を持たせること

  • ヒラスズキは最大10kgくらい。だからPE1号で十分! でもルアーは重いし岩礁帯でラインは擦れるし……を考慮すると、PE3号が基準になります
  • 20kg近いヒラマサ・カンパチ狙いは、最低でもPE5号以上は欲しいところ。
  • 20kgを遥かに超えるマグロや底物を狙うなら、PE8~10号以上になります。

……まあ、PEの選び方に困っている人がやる釣りじゃないですね。

後述しますが、磯ではx4を選ぶほうがいいです。

【船】船の釣りは船長に聞け!(合理的)

漁協や船によってルールがあるため、船釣りは船長に「仕掛けはどうすればいいですか?」と聞くほうが無難。違うことをすると密漁扱いになることも。

洋上の釣りはラインが何かに擦れることがほぼありません。なので細めでもいけますが、水深があるのと海流があるので、場所と対象魚で柔軟に対応する必要があります。

だから人に聞くほうが確実で早い! ──わけです。

「擦れることがない→切れにくい!」なので使うPEはコスパ優先でも大丈夫。200m以上使うこともありますしね。

もしプライベートな船釣りなら、メインラインは3号以上あれば困りません。

100kg相手にするならPE10号を使えばいいし、同条件で潮流が速いならPE8号に落としてもいいし、人気のタイラバならPE1号で十分ですし、青物ジギングでもPE3号が一般的です。

【おまけ】PEラインの撚り本数「X4・X8」

PEラインには「X4」もしくは「X8」と書かれています。これは撚り本数を表した表記

PEラインは極細の繊維が集合した物。そのためナイロンやフロロカーボンよりも、しなやかになるのが特徴です。撚り本数は「Xn(数字)」で表示され、X4は4本を1本に、X8は8本を1本にしたラインです。

撚り本数が多いほど強くなるわけじゃない

撚り本数が増えるほど、集合した1本に含まれる繊維量は増えます。単純に考えれば、限界強度は増すことになりますよね?

でも冷静に考えてください、同じ太さで撚り本数が増えると、繊維1本1本は細くする必要があります。なので全体の強度としては落ちる──はずなんです。

4本と8本はどちらも一長一短

x4は1本当たりの繊維を太くできるため、同じ太さでも強度は上になります。その代わり、しなやかさが失われるためゴワゴワした質感になります。x8は繊維を細くしないと実現できないため、1本あたりの強度はx4に負けてしまいます。その代りにしなやかさが売りですね。

……つまり、どっちもメリット・デメリットがあります。

単純に強度優先ならx4だから、磯ヒラだとわかっている人は選択していますね。軽いリグを使うライトゲームは、しなやかな方が有利だからx8を選択する……。こういう選び方なんです。

”感度が増す”はプラシーボです。PEよりナイロン・フロロのほうが感度は上ですので、勘違いはしないようにしましょう。

特集記事
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

気に入ったら
「いいね」お願いします!
更新情報はこちらでも

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生