【初心者向け】PEラインの無難な太さの選び方

 

PEラインは、ルアーのメインラインによく使われます。

この太さを選ぶ方法を知りたい人が多いようですが……雑誌やブログは対象魚別に、「この太さにしないとダメ!」と断定するパターンが多い。

 

選ぶ基準はすごく簡単、釣りたい魚の重さに合わせればいいだけ

対象魚に合わせた紹介は、誰でも無難に扱えるシステムで、その数値が前後するのは問題ない。

 

というわけで、「魚や状況に合わせたラインシステムを自分で考える」を題材に書いてみました。

スポンサーリンク

まずはポンド表記(lb)になれよう!

PEラインは「ポンド(lb)」表記が標準。

ルアーフィッシングは外国発祥なので、規格に使われる英数字は、その国のモノが使われている。

なのでまずは、ポンドという単位に慣れましょう。

PEラインの太さと強度はポンド表記なのでややこしい

ポンドは質量の単位。1ポンド(1lb)は「453.592g

数字が細かくてめんどいから、私は「約450g」で覚えています。

 

 

ラインにあるポンド表記は、「この重量までなら切れないよ!」という指標。

パッケージに書かれている耐力強度が仮に「1lb」ならば、453g以上の負荷をかけると切れる可能性がある、ってことです。

他にもフックとかスナップにも用いられているので、数値はザックリでもいいから覚えましょう。

 

PEラインの太さは、メーカーによって差異があるので、これは無視してもいいくらい。

詳しく説明するとページが長くなりすぎるので、こちらを参照して頂きたい(他力本願)。

ライン(釣り糸)の太さと強度に関するプロレベルのマニアックな話
このページでは、生半可な釣り人では知らない釣り糸に関するあれこれを詳しく解説します。 釣り糸(Fishing …

ポンド(lb)からリーダーの号数をざっくり算出する方法

ルアー向けの製品は「lb」が基本ですが、エサ向けの製品は「◯号」が多い。

「nポンド÷4=号数」で、ナイロン・フロロカーボンラインならばの号数を、ザックリながら算出できます。

これは号数表記が基本のエサ釣り用を、リーダーに使いたい時、役に立ちます。質は同じですしね。

 

例えばPEラインが「22lb」なら、ナイロンラインでいうと「5~6号」に相当する。

しかしPEライン自体の太さ(径)としては1号前後。

18~20lb(PE)がナイロン1号相当の太さですけど、太さを正確に知りたいのは、リールに巻く時くらいです。

それは別の話になるし、スプールに巻く号数の目安は、PEラインとして表記されているので、今回は強度だけに注目して覚えて欲しい。

 

号数も太さもメーカーによって微妙に変化する。これが顕著なのがPEラインなので困ったもの。

なので無難に選ぶ方法を考えてみましょう。

 PEラインの無難な選び方

まずは対象魚を選び、狙うサイズから重量を考え、そこからポイントに合わせるのがベター。

 

でもそれは、これからはじめる人に向けた説明じゃないですね。

なので──

「ここで魚釣りをするとこんな大物が来る可能性があるから、釣り上げたいならこれだけ必要だよ!」

という感じで、分類別にしてみた。

【ショアキャスティング】岸から狙う魚の最大重量は10kg程度になる

 

  • 1mのスズキ(シーバス)でも、よっぽど満腹でない限り平均9kg
  • 1mのヒラメは平均10kg
  • ブリも1mで平均9kg

 

ショア(陸っぱり)で狙う魚は、最大重量が10kg前後なので、20lbもあれば十分です。

そのため雑誌やブログで、「PE0.8~1号(20lb)がオススメ!」となっているわけ。

ちなみに陸っぱりのモンスターであるアカエイは、10kgをゆうに超えるのも居るので、20lbでブチ切られる恐れはあります。

 

20lbで十分なら、リーダーは5号前後でいい。

リーダーを選ぶ目安も、「釣りたい魚に耐える強度(20lb)を確保する」の考えで大丈夫。

【ライトタックル】堤防小物釣りでは1号以下でOK

メバル・カサゴなど根魚なら、尺といわれる30cmでもおおよそ500g程度。

PEラインなら0.6号以下でも強度として十分。

でも想定外がかかるのが釣りの醍醐味でもあるため、それを考慮すると……悩みますね。

 

PEラインの弱点は摩擦に弱いところ。

「細いラインのほうが見切られにくく、釣れやすい」とはよくいわれる。

それは自然に落下するエサを、誰でも演出しやすくするためだけであり、釣りがしやすくなるわけじゃない。

 

細いラインはガイドの摩擦でほつれやすいし、魚に触れるだけで切れることもある。

辛辣にいうと、細いラインは下手なほどコスパが悪くなるので、これからって人は、PE1号からはじめましょう。

堤防ヘチ狙いなら、擦れることがほぼ無いので細くてもOK。

岩礁帯やテトラ際では、メインが擦れないよう、リーダーを長くとったりする工夫を。

【磯】10kg以内かそれ以上かで選択を

磯のライン選びより、まずはロッドとリールを強化しておきましょう。

磯は障害物を回避するため、魚を無理やり引っ張る強度が欲しくなります。そのため強靭なタックルが必要なわけです。

ライン選びは対象の重量より余裕を持たせること

 

ヒラスズキは最大10kgくらいで、数値だけならPE1号で十分。

だけどルアーは重いし、岩礁帯でラインは擦れるし──を考慮して、PE3号前後が基準

20kg近くになるヒラマサ・カンパチ狙いだと、最低でもPE5号以上は欲しいところ。

確信的にマグロや底物の20kg以上を狙うなら、PE8~10号以上の範囲になります。

 

とはいえ、PEの選び方にこまる人がやる釣りでもないな……。

【船】大きさと深度によって巻く量と強度を考えないといけないので面倒

船釣りは、メインラインが擦れて切れることがほぼありません。

その代わりショアに比べて巻くラインが増えるため、ラインにかかるコストは増えてしまいます。

だいたい3号以上あれば困りませんが、潮が速いところで、太いと流されて不利だし、細すぎてもダメだったりする。

 

こればかりは、ポイントに合わせたセッティングを、事前に船宿なり船長に確認しておくほうが無難。

船によってはタックル制限もあるし、下手すりゃ釣りをさせてもらえないまであるので、TPOはわきまえましょう。

 

最近人気のタイラバでいえばPE1号でも十分。青物ジギングでもPE3号が一般的かな。

100kgクラスを狙うとなれば、PE10号は当たり前……てとこです。

【おまけ】PEラインにある4本撚りと8本撚りの違い

PEラインは複数の繊維を撚った糸です。

よく「何本撚り?」で、強度や感度が話題になりますが、もともと伸縮率がほぼない繊維なので、感度の差はプラシーボ。……より、(感度は)ロッドの性能次第です。

 

撚りの本数は「x(数字)」で表示されます。

x4」は4本を1本にしたもの。「x8」なら8本を1本にしたもの。

それぞれ4本撚り、8本撚りと呼ばれます。12本とかもありますけどね。

 

4本撚りと8本撚りの違いは、ラインの太さに含まれる繊維量。

それが増えるほど、限界強度が増していきますが、弱点は水を吸いやすく重いラインになってしまうところ。

x4だろうがx8だろうが、伸び率は微々たる変化なので、感度を語れるなら、震度0を感知してもおかしくないセンサーが体内にあるのでしょう。

撚り本数が多いほうが扱いやすいが……

デメリットを挙げておくと──

4本撚りは太くなるほど、撚りが荒くなるから、毛羽立ちが目立ちやすい。

8本はそれより密になるので、毛羽立ちは目立ちにくいが、繊維が増えるので高価になりやすい。

 

どちらも性質は大差なく、一長一短です。

 

ルアーはキャスト回数が多いし、摩擦に強い8本撚りのほうが保ちがいいのは確か。

4本は船など縦の釣りに向いており、ベイトリールに200m以上巻きたい時など、値段の安さで分があります。

安いのから高いのまで使いましたが、このくらい(2000円前後)の価格帯が無難。

安いごわごわなラインを、トラブルレスで使える腕があれば、それより1ランク上のG-soulは、ほぼトラブルなしで使えるでしょう。

 

釣行毎にコーティングしていれば、週1釣行でも半年は余裕で持ちます。

PEラインのメンテナンスについてはこちらをどうぞ。

 

PEラインのメンテナンスはタックルを守ることにつながる
PEラインのメンテナンスについて誤解している人が多く感じる。 それは「PEライン自体を保護するため」と思い込んでいる傾向があること。 「えぇっ、違うのかい!?」と驚く人は、見えない力に誘導され、勘...
特集記事
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生