自分の釣りに合うウェーダーの選び方

自分の釣りに合うウェーダーの選び方

アングラーの多くはウェーダーを「安全装備」と誤解してそう

じつは落水の死亡要因の大半は「ウェーダー(胴長)」がトップクラス。これは水に濡れないだけで、命を守るものじゃありません。

それはあくまで防水ツール。ライフジャケットとセットでなければ意味がない。

 

そんなウェーダーも釣り具屋に行けば種類がたくさんあるし、「一体どれがいいの?」と困る人もいるかと。

今記事ではあなたの釣りにあったウェーダー選びを提案します。

(2018・3/13再編集)

スポンサーリンク

自分の釣りに合うウェーダーを選ぶ前に

ウェーダー(胴長)は服を着たまま水に濡れないようにするアイテムです。

それ自体に浮力はないので、水が入ることで溺れる危険性はぐぐんと高まります。

ようは上半身の浮力をサポートするライフジャケット(救命胴衣)とセットで無ければ安全もクソもないわけ。

 

 

<事例>
1998年、千曲川にて、ウェーダー(胴長)着用で藻類の調査を行っていた学生が水深30cm – 40cmの川の中で転倒、そのまま200mほど下流に流された。事故後約10分で救出され、迅速に蘇生法が試みられたものの死亡した。転倒してウェーダーの中に水が入り自力で起き上がるのが困難になったことが事故を大きくした原因と推定された。事故後、対策本部はウェーダーの販社に対し、取扱説明書中にライフジャケットを併用する注意書を入れるよう要請した。

 

足首がちょっと浸かる浅瀬でも溺れる可能性があるんです。怖いですね。

水流の強い箇所で、ぶかぶかサイズで水の抵抗をムダに増す物を着用していれば──。当然流されやすいよね。

サーファーがウェットスーツなのもそういうこと。

ウェーダーの素材はおおまかに3種類

  • ナイロン(PVC)
  • ネオプレン
  • 透湿素材(ゴアテックス等)

などの素材があり、値段は上から下になるにつれ高価になります。

 

では値段によって何が変わるのか?

それは耐久・耐水性にあまり影響はなく、顕著なのは縫い目の精巧さ。

つまり”商品の質”です。

ウェーダーは素材によって保管方法が異なる

まず共通するのは、日の当たる場所での保管は厳禁

これは紫外線によって劣化するためで、乾燥は陰干し、保管は室内がベストです。

ちなみに私はおひさまの下で保管していたら、半年せずブーツが割れました。紫外線コワイ。

 

素材別で特に気を使って欲しいのは「ネオプレン」です。

(なるべく)折り曲げ厳禁で難易度が高く、折り曲げたまま放置すると、外から見えない細かい破断癖がつきやすく、そこが水圧で浸水しやすくなってしまいます

室内展示していると「釣りに行きてぇ」となるけど、ウェーダーは室内に展示しておくのが、全種において一番最適な保管方法です。

ウェーダーを季節と水温で素材別に選ぶ

浸かる釣りは「湖沼などでのフロート、干潟や河川でのウェーディング」を対象に。

浸からない釣りは「渓流やサーフなどの浅場」が対象。

 

要約でざっくりいうと、ナイロンとネオプレンの2種類あればオールシーズン戦えます。

なんでもOK

寒暖の差が大きいので、インナーで調節すればどの素材でも。まだ水温が低い時期なので、浸かる釣りではまだネオプレンが活躍する。

透湿素材が活きる時期。──蒸れるもんは蒸れるし暑い。

ナイロンが妥当。ネオプレンはただの拷問だけどダイエットには有りかも。

なんにせよ、汗をかきやすいので脱水症状に注意。

ある程度なんでもOK

海はともかく、河川や湖などは水温が下がりやすい季節。「ぼちぼちネオプレンかなー」と思うタイミング。

保湿できるインナーを用意すれば、まだナイロンで十分。

ネオプレン&貼るカイロ最強説。

防寒代わりでもネオプレンが生きる季節。浸からない釣りだと透湿素材が地味に活きる。

ナイロンでもインナーでなんとでもなるが、水温10度以下の浸かる釣りだと、ネオプレンでも帰りたくなるレベルなので、貼るカイロを有効活用したい。

ウェーダーの丈と用途におけるタイプの選択

ウェーダーの丈は三種類あり、長さによって「ヒップ」「チェスト」「チェストハイ」と分類されます。

ヒップ

見た目は「丈が長すぎる長靴」。

渓流などでせいぜい膝下まで入る浅いポイントに向いている。

サーフは不意の波をかぶり股間が濡れるのでオススメしない。

チェスト

丈は腰よりちょい上。膝まで浸かる可能性があるポイント向けで、サーフルアーならこれで事足りる。

腰以上まで浸かるディープもしくはフロートだと、丈の上から浸水の恐れがある。

チェストハイ

ほぼ全身を包むため、ネオプレンで冬に浸かる釣り向けの製品が多い。反面、夏はとにかく暑い。

ディープウェーディングやフロートなど、半身以上まで浸かる釣りに対応する。しかし慣れていようが腰以上浸かる状況は危険なので、フローティングベストは必ず着用すること。

ようは種類によって、足の付け根から脇の下までをカバーできるわけです。

「大は小を兼ねる」という言葉があるように、「チェストハイ」ひとつあれば絶望することはないと思う。

ブーツタイプとストッキングタイプの違い

ブーツとストッキングの明確な違いは、最初から靴が「ある」か「ない」かです。

ブーツタイプは一体型で、ストッキングタイプはセパレート。

後者は他に靴を買う必要がありますが、おかげで自由度は高くなります。

ブーツタイプ

ブーツが一体しており着脱が容易。洗うのも楽だし強度もそれなり。なにより用意と片付けに時間がかからないのがメリット。

ブーツ部分から浸水すると修復が困難で、新しく買った方がよくなる。

ストッキングタイプ

足先がウェットスーツのソックスみたいになっており、「靴は自分で選んでネ♪」なタイプ。靴はスニーカーでもいいわけですが、安全を考慮して滑りにくい専用の物を選びましょう。

デメリットは靴を洗うのが面倒な所。特に砂場の釣りでは、隙間に入るため時間がかかる。

ブーツに余裕があると靴ずれしやすいし、疲れやすくもなるので、試着してピッタリを選ぶようにしましょう。

靴底(ソール)は釣りポイントによって決めること

ウェーダーの靴底は3種類。「ラジアル」「フェルト」「withスパイク」があります。

どれも得意とする場所は変化するので、よく釣りに行く場所によって決めること

ラジアル

サーフルアー向け。

一般的な靴底をしており、どこでも歩きやすいのがメリット。砂浜では歩きやすい。

苔が多い河川なり磯場では滑りやすく危険。ようは砂か土を歩く以外には向いてないってこと。

フェルト

よくいえば万能。渓流では必須。

硬いスポンジのような素材で、苔のついた石でも吸着するように踏ん張れる。絶対に滑らないわけじゃないので過信は禁物。

渓流などフレッシュ全般に適している。

砂が絡むと掃除が面倒で、コンクリートなど堤防では靴底が減りやすい。

withスパイク

 靴底に鋲が打ってあるタイプと、タイヤチェーンのような着脱式がある。

スパイクが噛む岩場に強いが、流れで角のとれたツルツルな石や苔だと滑りやすい。わりと雨の日向けかな。

あらゆる場所を想定するならフェルト。磯場では「ラジアル+スパイク」が必須レベル。

河川や堤防(テトラ)なら「フェルト+スパイク」かな。

ウェーダーは消耗品!使用頻度を考えて値段を決めること!

ウェーダーの値段は4,000~30,000円以上とピンキリです。

高価なほうが質がよくなるわけですが、……考えて欲しい、消耗品であることを。

 

毎日毎週のように使うなら、1万円以下の廉価を使い潰す方が安上がりです。

逆にあまり釣行しない人なら、1回の質を高める意味で高価を選ぶのもアリ。でも半年~1年でどこかしら悲鳴を上げるのは確実です。

それらの中間マンなら、メンテと保管をしっかりして、2万前後の物を大切にした方がいい

値段が高いほうがアフターサービスが充実しているし、製品そのものが丈夫だからね。

オススメのウェーダーは?

安価で好評価のメーカー製品だと「リバレイ」。”値段の割に”が合う製品です。

1.5万円以上なら大した違いはないので、ひいきしたいメーカーにスポンサー料を払う感じで選ぶのが後腐れがなくていいかと。

リバレイのサーフウォーカーなら、どんなポイントでも、そう困ることはないと思う。

しいていえば、ナイロンだから冬はクソ寒いとこですかね。

冬に使うネオプレンならこちら!

BLUESTORMのこれみたいに、ネオプレンは可動部(ひざとか)に補強があるのを選びましょう。

折り曲げるだけで弱くなっていくので、そこを強化しているだけで、保ちが違います。

メーカーで選んでも一長一短。ウェーダーは釣りスタイルで決めよう

ウェーダーは大事に扱えば一生モノ。リペアキットも多く、修理方法も検索で探せます。

愛着で”育てる”ユーザーも多い。

 

永く使うなら「ネオプレン」が向いています。

──なぜかというと、素材が接着しやすく修理が楽だから。

リペアの補修用接着剤には「セメダインスーパーXG」が速乾性があり接着力も強くおすすめ。穴が開いたブーツの簡易補修にも使えます。

アパレル
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

気に入ったら
「いいね」お願いします!
更新情報はこちらでも

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生