サーフで海鱒に青物も「コンタクトAENO」

「かっ飛び棒」を待ちきれない人、それはわたしです。

予約通販も無事全滅していたので、なんかねーかなと物色していたら、気になるのを発見。

タックルハウスの「コンタクトAENO」が同等でいい感じ。

スポンサーリンク

AENOはありそうでなかったジグミノーのカタチ

CONTACT AENO」は分類としては一応ジグミノー。

本来は海鱒向けですが、それだけしか使えないわけじゃありません。

スリムで遠投が可能なプラグのルアーは、飛距離が必要でシルエットが大きめが欲しいサーフで頼りになる存在。

 

「かっ飛び棒」と比較してもしょうがないですけど、重量が違うだけで、コンタクトAENOのほうがスリムだからフォールでの使い所がまた違うでしょうね。

サーフでスリムなベイトといえばサヨリも居るし、メインのイワシだっている。

海鱒での実績も十分なので、外洋キャスティングでは青物相手に活躍してくれることでしょう。

タックルハウスとしてはわりと廉価。

130mmで30gなので、同型のメタルジグでは重すぎるって場合に。

タックルハウスはどんなメーカー?

TACKLEHOUSE:CONTACT AENO.

タックルハウス」というと、私はローリングベイトとK-TENが浮かびます。

ルアービルダーとしては老舗で、完成度が高く釣れる要素が満載で、ファンも多い。

ただ難点は、取り扱い店舗が少ないところ。

結構パクられ品も多く、そっちのほうが流通している妙な関係もある。

 

タックルハウスのルアーは、その本質である”釣らせる力”と、イミテートの”芸術性”では、他を凌駕している感じですね。

職人魂ともいえるかも。

ルアー
気に入ったら
「いいね♪」お願いします!
更新情報はSNSでも
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生