バチ向けルアーはシングルフック化がオススメ

バチ向けルアーはシングルフック化がオススメ

バチ抜けは冬のシーバスメソッドでは定番。それを模したルアーは長く細いことが特徴です。

水温が低いとやる気も薄いしエサも小さいため、食いが浅く、フックの掛かりが甘くてバラシやすい。

それを防ぐには、口にすんなり入るシングルフックに交換すると幸せになれますよ。

バチ抜けルアーはフックを小さくするべき理由

バチパターン向けのルアーは、多毛類(ゴカイ等)に合わせて細長い物が多い。標準フックはトレブルだけど、ボディからはみでるし、大きすぎると思いませんか?

食い気を良くするには、ルアーを小さくするのが定番ですけど、フックも小さくしないと意味がありません

トレブルフックもサイズは色々ありますが、小さくする弊害に耐久面の難があります。細軸だと簡単に曲がるため、中型以上はバレやすくなります。

シングルフックはその問題を解決してくれます。

細いルアーのフックが小さい理由

小さいルアーのフックが小さくなるのは、本体にフックが絡むのを防止するため。あと、重量の問題もあります。

大きすぎてもダメ、小さすぎてもダメ……。それらの悩みを解決するために、フックの種類が多かったりします。

例えば「テイルスラップ75S」のフックを見てみましょう。

テイルスラップ75Sのシングルフック化と標準トレブルの違い

既にシングルフックに換装してますが、標準フックは黒い小さなトレブルフック。シングルと比べると、ベンドが半分以下しかありません。

魚のバレにくさは、貫通した後のバーブの深さで決まります。

テイルスラップの標準トレブルだと、1cm以下のベンドしかないので、小さいサバやチーバスなら無難なサイズ。

でもこれで狙うのは40cm以上のシーバス。もしそれがかかると、標準フックでは唇にひっかかる程度で曲がるでしょう。

他のバチ抜け向けのシンペンも、だいたい同じ大きさのフックだから、40cm上がアベレージなら、標準フックのままは不利になります

シンペンなど細身ルアーはシングルフック化で十分!

直径1cm程度の細身ルアーは、設計上、ボディから少しはみ出す程度のトレブルを装着しているはず。

あなたが狙う対象が、中型以上のサイズなら、トレブルからシングルに換装したほうがバラシが少なくなるはずです。

もともとトレブルは、魚が暴れることで外れやすいフックです。針が多く”引っかかりやすいけど”、ベンドが浅く狭いため、ファイト中に負荷が1本にかかりやすく、曲がったり口から外れたりしやすい。

シングルは一度貫通していまえば、ゲイブの広さとベンドの深さのおかげで、そう簡単に外れることはありません。

バチ向けルアーはシングルフック化がオススメ
バチ抜けは冬のシーバスメソッドでは定番。それを模したルアーは長く細いことが特徴です。 水温が低いとやる気も薄いしエサも小さいため、食いが浅く、フックの掛かりが甘くてバラシやすい。 それを防ぐには、口にすんなり入るシングルフックに...

バチルアーの嗜みであるシングルフック化のススメと選び方

「バラしにくいのはわかった。じゃあどの大きさがいいんだ?」の答えとしては、対象魚の口の大きさから考えることが大切

40cmくらいのシーバスを例にすると、大きく口を開けば10cm以上は開きます。ルアー対象魚は総じて口が大きいため、フックの大きさ自体を気にする必要はありません。

大事なのは、ルアーのスイムを阻害しない程度の大きさとバランスを見極めること。

フックがボディに絡まない程度の大きさを選択し、スイムを阻害しないためにはスプリットリングの大きさも重要です。

シングルフックの大きさを選ぶ目安としては、ルアーのボディ側面と同じ程度の曲がり(ゲイブとベンド)を合わせること。

私が使うバチ抜けルアーをシングルフック化しました

スプリットリングが大きすぎるとフックが動きすぎるため、ちょうどいいサイズを選ぶのがなかなか難しい……。小さすぎてもアイに通らなかったりね。

ちなみにフックは向きがあります。ルアーのフロントアイに針先が向くように着けてくださいね。

丸呑みならどちらでも構わないけど、フックの向きが違うと、小さなバイトに合わせる時に掛からなくなります。

おすすめはがまかつ製のシングルフック

がまかつのシングルフックなら、バチ向けルアーでシーバスを狙うなら「#4」で十分なくらい。

サイズ感は実際に釣具店で見るほうが確かですけど、がまかつはHP上で実寸サイズが見れることもメリット。

シングルフック 53 ソルト
ソルトウォーター対応フックには欠かせない超防錆メッキ「ハイパーシールド」を採用!!フック交換を容易にする「マジックアイ」仕様!!

シングルフック化はしてもしなくても好みの問題。

バラシに悩んでいるのなら、一度試してみるといいでしょう。トレブルよりは確実にバレにくくなります。