KUREの5-56とシリコンスプレーは釣具メンテナンスの神器

KUREの「5-56」と「シリコンスプレー」は、どちらもメカメカしい製品のメンテには欠かせない物。これは釣具にも使えますが、用途を間違えると塗装が剥げたりする恐れも……。

この記事では、KURE製品を釣具に使う注意点と、釣具メンテナンスに活用する方法をまとめました。

スポンサーリンク

まずは5-56とシリコンスプレーの特性を知ろう!

KUREのスプレー潤滑油は、機械を使う業種では常備薬の感覚でおいてあります。

呼称は「クレ」「CRC」「ゴーゴーロク」など。当記事は混乱をまねかないよう、「5-56」で統一します。

5-56とシリコンスプレーの分類は潤滑油。特に55-6は錆落としで有名かも。これは溶剤が含まれているため。なので釣具のメンテナンスに使うためには、つけていい製品と、つけちゃダメな製品を理解する必要があります。

それをこれから順次説明していきます。

5-56は錆を防止&溶かすこともできる潤滑油

5-56は溶剤を含んでいることで、錆びついたネジの隙間に浸透し、回せるようにするような役割があります。そこそこ強力なので、肌触れた際は気をつけましょう。

錆びだけでなく、同じ油も溶かしますし、プラスチックなどの石油製品に使うと、変形・変色などの影響が出る恐れがあります。

5-56シリーズ│製品情報│呉工業株式会社

そのため55-6は、金属製品での使用が原則です

シリコンスプレーは製品に保護皮膜を与えることができる

シリコンスプレーの利点は、使用を限定されない万能性にあります。その理由は、5-56が溶剤であるのに対し、こちらは非溶剤のため。

特性は塗布することで、保護皮膜を与えること。潤滑油の効果はいまいちですけど、金属製品の錆び止めとか、簡易防水処理として期待できます。

これは床に塗るワックスみたいなもので、素材を保護する意図での使用に最良です。

シリコンスプレー│整備用ケミカル│製品情報│呉工業株式会社
シリコンスプレー。金属、ゴム、プラスチック、木、紙などさまざまな素材に使える、シリコーン系潤滑・離型剤

──それぞれの特性を理解したところで、「釣具のメンテに使うならどんな製品に使うのがいいか?」をまとめてみました。

スポンサーリンク

5-56が特に役立つのは「フィッシュグリップ」

フィッシュグリップは素材ほぼ全てが金属製です。水はかぶるわ潮風にあたるわ魚に触れるわで、ソルトなら特に錆びやすいアイテムですね。

水洗いしても中のバネに水分が残りやすく、内部から錆でダメになるのが一番早い釣具かもしれません。

そんな時こそ役にたつのがKUREの5-56!

「最近グリップが固くなったな~」……その原因はバネの錆によるもの。5-56ならそれを溶かしつつ、潤滑油も兼ねてくれるため、本来の動きを取り戻してくれます。

グリスとオイルを併用するリールは(なるべく)NG

5-56を考えなしにリールへ使うと、グリスとオイルを全て溶かす可能性があります。特にグリスを使う内部に使用するのはNG!

でも外部から可動している部分(ラインローラー・ハンドルの付け根)などは、こまめに塗るほうがいいし、一番錆びやすい箇所だからアリです。

間違っても「マグシールド」への使用はやめましょう。修理もお高くついてしまいます。

どこのホームセンターにも売っていますが、釣具屋で見かけたことはありません。ただの”オイルスプレー”もあるので、間違って手に取らないようにしましょう。

スポンサーリンク

釣具のメンテナンス全般にシリコンスプレーの万能性が効く!

海釣りは塩水で濡れるため、金属製品がどうしても錆びやすい難点があります。

そのため錆びにくい製品もありますが、その効果を常に維持できるのはほぼ存在しません。なので、こちらが防腐を補助してあげる必要があります。

そんな時にシリコンスプレーを塗布することで、保護皮膜を製品につけます。

すると錆びにくくなるし、可動品なら潤滑の役割もするし、製品自体が長持ちしてくれるようになります。

KURE5-56活用法 | 呉工業株式会社

例えばロッドのガイドに使えば、撥水で汚れにくくなるし、ガイドの摩擦軽減で絡み防止になります。

木材や布にも使えるのがメリットなので、釣具全般に使えるのが、シリコンスプレーの強みですね。

PEのコーティングや防水ジャケットにも使える万能さ

私がシリコンスプレーを使っている釣具は、ロッドとリールの撥水に、フィッシュグリップやプライヤーにも使いますね。中でもPEラインのコーティングとして使えるのは有名。

それ専用の「PEにシュッ!」なる製品がありますが、これと成分はそう変わらないんです。

使う頻度が多いので、たっぷり容量のほうが良さそうに感じますが、持っていると重いので、疲れない程度になるべく小さいのを選ぶのがいいです。

余談ですが、「シリコン」と「シリコーン」は別物なので注意。

スポンサーリンク

潤滑油の意外な使いみち

5-56とシリコンスプレーは、自動車や自転車など、駆動部分が多い機械にも使えます。室内なら椅子のキャスターとか、ドアの蝶番にサッシのレールなど、家のメンテナンスにも使えます。

滑りを良くしたい可動部には5-56。ステンレスなど金属を磨くのにシリコンスプレー。そういう使い分けがおすすめ。

もっと小型のスプレーがあれば、タックルボックスに常備してもいいんだけどなぁ。

Tipsテクニックメンテナンス
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

気に入ったら
「いいね」お願いします!
更新情報はこちらでも

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生