KUREの5-56とシリコンスプレーは釣り具メンテナンスの神器

KUREの「5-56」と「シリコンスプレー」は、どちらも分類は潤滑油。

メカメカしい製品のメンテには欠かせない物で、それは釣具にも該当します。

でも用途を間違えると塗装が剥げたりする恐れも。

 

なので釣具に使う際の注意点と、メンテ活用法をまとめてみました。

スポンサーリンク

5-56とシリコンスプレーの特性を知った上で使おう

なんらかの機械を扱う業界では、KUREの石油製品は常識レベル。

人によって「CRC」だったり「5-56」と呼ぶので、現代っ子は「どっちだよ!」とキレそうですね。

当記事は「5-56」で統一します。

 

5-56は潤滑油であり、錆落としも可能な石油製品です。

錆びた自転車のチェーンにかけるとあら不思議。「すごーい! ペダルが軽くなって伊豆スカイラインも行けそうよ!」──みたいな経験があると思います。

どうやって錆止めや潤滑の役目を果たしているのでしょう。

5-56は錆を防止&溶かすことができる

5-56は浸透する油で、実は溶剤に分類されます。

サビでどうしようもなくなったネジにかけると、小さな隙間に浸透して錆を浮かし、緩ませることが出来るようになったり。

そこそこ強力な溶剤なので、人体に触れた際は気をつけましょう。

 

プラスチックなどに使うと、変形・変色などの影響が出る恐れがあります。

そのため金属製品での使用が原則です

「シリコンスプレー」は保護皮膜を与えることができる

シリコンスプレーの利点は、使用を限定されない万能性にあります。

5-56が溶剤であるのに対し、こちらは非溶剤

用途はプラスチックに木製品──布にも使えて、接着面の洗浄にも。

 

ただし潤滑油としては期待できません。床に塗るワックスと似ています。

金属を錆から守りたい時みたいに、素材を保護する意図の使用は最良ですね。

 

それぞれの特性を理解したところで、「釣具のメンテに使うならどんな製品に使うのがいいか?」をまとめてみました。

5-56が役立つのは「フィッシュグリップ」

フィッシュグリップは素材ほぼ全てが金属製。

潮風に当たりやすいし、水洗いしても内部に残りやすく、錆でダメになるのが早い釣り具No1かもしれない。

 

そこで役にたつのがKUREの5-56です

 

「最近グリップが固くなったなー」の原因はバネの錆。これを5-56で溶かしつつ潤滑油の役割で、本来の動きを取り戻せます。

ついでに防錆も兼ねてくれますが、表面を守るにはシリコンスプレーの併用がより効果的。

グリスとオイルを使用している箇所に使うのはNG

5-56は溶剤なので、リールなどの内部ギアに使うと、潤滑剤(グリスとオイル)を全て溶かしてしまいます。そのため使用はNG

でもギアが錆びているとか、パーツを綺麗にするために使うのはアリ。

間違っても「マグシールド」への使用はやめましょう。修理もお高くついてしまいます。

人気商品なのでホームセンターに類似品はたくさんあります。

ただのオイルスプレーも混じっていることがあるので、本製品を選ぶほうがいいでしょう。

釣り具のメンテにはシリコンスプレーの万能性が光る

海釣りの道具は塩水で濡れるため、どうしても錆びる部品が多くなります。

なのであらかじめ、シリコンスプレーで油の皮膜をはってあげれば、撥水効果もあるし、錆から道具を守ってくれます。

 

例えば、ロッドのガイドに使えば撥水と摩擦軽減になります。

ブランクスにはワックスとして使えるし、リールは金属の表面を磨くついでにいいし、ラインローラーの潤滑油としても使えます。

PEのコーティングや防水ジャケットにも使える万能さ

実はPEラインのコーティングとして使うのもアリなんです。

「PEにシュッ!」はこれと成分的には、そう変わらないのですよ。

余談ですが、「シリコン」と「シリコーン」は別物なので注意。

潤滑油の意外な使いみち

5-56とシリコンスプレーは、家のメンテナンスにも使えます。

ドアや窓などの可動部に5-56。ステンレスを磨くのにシリコンスプレー。PC機器に使うことはまずないですけど、家の中だけでなく外でも活躍できますね。

もっと小型があればタックルBOXに入れてもいいんだけどなぁ。

メンテナンス
気に入ったら
「いいね♪」お願いします!
更新情報はSNSでも
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生