KUREの5-56とシリコンスプレーは釣具メンテナンスの神器

KUREの「5-56」と「シリコンスプレー」は、金属製品のメンテに欠かせません。

釣具だとリールとフィッシュグリップに使うのがおすすめ。ただし、用途を間違えると塗装が剥げる恐れも……。

釣具メンテナンスにKURE製品を活用する方法と、やっちゃいけないことをまとめました。

スポンサーリンク

まずは5-56とシリコンスプレーの特性を知ろう

KUREの5-56とシリコンスプレーは潤滑油に分類されます。

これらは機械を使う業種では常備薬みたいな存在。家庭でもあるにこしたことはない。ドアの動きが悪い時や、ネジが固くて緩まない……。そんな時に5-56を吹きかけると、だいたい解決します。

金属製品の動きが鈍くなるのは、可動部にゴミや錆びが入り込んだため。

5-56の性質は、錆を落としつつ潤滑の役割を果たしてくれます。なので古い物でも、吹きかけただけで新品のような動きに復活するわけ。

でも”錆を落とす”だけあって、溶剤としても強力。使用法を間違えると危険ですから、注意点をいくつか並べます。

5-56は錆を防止&溶かすこともできる潤滑油

5-56は溶剤を含んでいるため、錆だけでなく、油も溶かします。そのため金属製品への使用が原則です。プラスチックなどの石油製品に使うと、変形・変色などの影響が出ることもあります。

自転車のチェーンがうるさくなると、5-56を吹きかける人が多いと思います。その時は地面に錆びもポトポト落ちるので、つけすぎに注意しましょう。適量つけて拭き取るのが大事。

呉工業株式会社
KUREの「5-56 シリーズ」の製品をご紹介いたします。

シリコンスプレーは製品に保護皮膜を与えることができる

シリコンスプレーは使用を限定されない万能性が最大の利点。5-56は溶剤が入っていますが、シリコンスプレーは非溶剤なので、プラスチック製品にも使えます。

特性は吹き付けた箇所に保護皮膜を与えること。金属の錆止めや、布製品の簡易防水処理にも使うことができます。

潤滑油としての効果はあまり無いため、床に塗るワックスみたいなものと捉えるのがいいかと。素材を保護するための使用に向いています。

呉工業株式会社
KURE5-56をはじめとした、防錆・潤滑剤のパイオニアブランドとして1960年に創業した呉工業株式会社のオフィシャルWEBサイトです。住まい、暮らしのすべてのシーンで役立つ商品情報をご紹介いたします。
スポンサーリンク

5-56が特に役立つのは「フィッシュグリップ」

魚を掴むフィッシュグリップは、構成されるほぼ全てが金属製。水は被るし、潮風にあたるし、魚に触れるし、内部のバネがむき出し──。ソルトアングラーなら特に錆びやすいアイテムですね。

釣行後に水洗いがメンテの基本。でも内部に水が残りやすく、かすかな傷から錆びてくるので、見えないところからダメになりやすい。

そんな時こそKUREの5-56の出番!

「最近グリップが固くなったな~」と感じたら、チューブノズルを使って、内部のバネ部分に5-56を軽く吹きかけましょう。しばらく放置すれば錆が浮き始めるので、ここでもう一度噴射!

こうすることで錆びを落としつつ、潤滑油の役目も果たしてくれます。

リールに5-56を使うならギアのグリスにつけないこと

リールに5-56を使うなら、外側の”見える部分”だけに使うこと。

内部のギアには、ねっとりしたグリスが使われています。これに5-56を吹き付けると、グリスが溶けて流れだしてしまいます。スプールのドラグにもグリスは使われているため、使うならハンドルの根本部分だけにしておくのが無難。でもベアリング単体に使うのはアリ。

間違ってもダイワの「マグシールド」に使うのはやめましょう。マグオイルが全て流れて、修理代が高くつくハメになってしまいます。

5-56はホームセンターなら必ずあるレベル。釣具屋で見かけることはまずありません。

近くに販売しているホームセンターなどがなければ、ネットでポチッとするといいよ!

シリコンスプレーは釣具のメンテナンス全般に効く!

釣具は金属製品が多く、海釣りは塩が大敵。錆びにくい製品もありますが、効果を常に維持できる素材は存在しません。

こちらが防腐を補助(手助け)すれば話は別。

シリコンスプレーならリール全体に吹きかけてもいいし、ロッドを磨く時にも使えます。なんならレインコートの防水効果が薄れた時にも使えるし、使用先に囚われない万能性が魅力。塗布すると薄い被膜を貼るため、錆防止や防水処理に使えます

例えばロッドガイドやPEラインに使うのもアリ。

ガイドに使えば滑りがよくなるし、汚れ防止にもなる。PEラインは編み込みなのでよく浸透するし、ガイド抜けが良くなり糸鳴り防止にも役立ちます。摩擦が軽減されるため、ラインの寿命も多少長くなります。

購入先は5-56と同様、ホームセンターにセットで置かれています。

【終わりに】潤滑油はロッドのジョイント部分に塗らないように!

5-56とシリコンスプレーのどちらも、ロッドのジョイント部分に塗らないでください。

考えるまでもないですが、すっぽ抜けやすくなります

釣具に使うなら、5-56よりもシリコンスプレーのほうが使いやすいかな。フィッシュグリップを使う人は5-56が必需品になるほど。自転車や自動車にも使えますし、どちらか1個は家庭にあると便利。ドアの修理にも活躍するしね。

呉工業株式会社
KURE5-56をはじめとした、防錆・潤滑剤のパイオニアブランドとして1960年に創業した呉工業株式会社のオフィシャルWEBサイトです。住まい、暮らしのすべてのシーンで役立つ商品情報をご紹介いたします。

私はシリコンスプレーのほうをよく使います。釣行後にリールを丸洗いして、乾燥した翌日にプシュー。ペーパータオルにつけて、たまにロッドとガイドを磨いたりしています。

メンテナンス
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました