魚を捌くのが苦手?ハサミだけでも三枚おろしに出来ますよ?

魚を捌くための道具って何でしょう?

「包丁は絶対に必要だよね!」うんうん、1本あれば全部出来るから便利だよね~。でも絶対に必要なほどじゃあないですよね。むしろ包丁が苦手なら、怪我をする確率が上がるだけじゃないですか。誰でも扱えてもっと便利な物があるじゃあないですか──。

キッチンバサミひとつあればいいんです。

スポンサーリンク

包丁よりも安全に魚を捌けるのがキッチンバサミ

ハサミはハサミなのに、キッチンが接頭にあるとキッチンバサミになるのは何故だろう……。

それはそれとして、魚を捌くためのキッチンバサミは、コンビニや100均ショップで売っている物で十分です。なるべく大きい物を選びましょう。理由は力を入れやすいからです。

ハサミを使う利点は、怪我をしやすい魚のトゲやヒレを切り落とせること。

ヒレがあると、暴れた時に手を切りやすいため、慣れないうちは切り落とす方がいいです。包丁だと切り落としにくいから、ハサミでチョキチョキする方が楽。トゲが無ければビニール袋に入れやすいから、魚釣りでも有効ですね。

ヒレがヤバイ魚を現地で捌くのに欠かせないキッチンバサミ

魚はトゲの有るヒレが多く、素手で掴むと怪我をしやすい。そこに毒を持つ種類も居ますが、切ってしまえば無毒になります。

例えば「アイゴ」や「オニオコゼ」。これらはヒレに毒があり、刺さると激しい痛みが襲います(死ぬわけじゃない)。身に毒はないため、トゲさえ切ってしまえば”無害”になります。

あと包丁やナイフは、銃刀法で刃を隠さず持ち歩くと違反になります。これは釣りのためでも同じ。キッチンバサミ程度なら問われることはないので、制限なしに持ち歩くことが可能ですから、アウトドア全般に使える貴重な刃物といえます。

魚をおいしく頂くには、臭いの元となる血と内臓を速やかに撤去するべき

内臓を取る作業ならハサミの方が早いまであるし、釣行でキッチンバサミはかなり有能な存在なんですよ。

魚の構造を理解すれば捌き方を覚える必要もない

魚を締め方は色々ありますが、体の構造を理解してしまえば、どんな種類でも捌けるようになります。

血抜きの手順として、エラの根本を切るのは基本。何故かといえば、エラの根本(頚椎)には太い血管があるのと心臓に近いから。エラは魚の呼吸器官ですし、食道から続く内臓まで繋がっています。なので肛門に繋がる腸を切ってしまえば、エラを引き抜くだけで内臓が全て取り外せます。

ざっくりいえば、「頭を落とせば締めは完結できる!」というわけ。

クロダイを例にして、必要最小限の切り込みで頭と内臓を取り外すとなれば……

赤線の部分を切るだけで完結します。頭部は骨の塊なので包丁が入りません。だから頭の付け根に切り込みを入れます。頭部をねじれば首の骨も節目で切り離せるため、少ない労力で太い血管を切断しますから、頭を下にして水に突っ込めば血抜きが出来ます。

さらに頭部を捻れば外れますし、引き抜けば内臓まで付いてくるため、わずかな切込みだけで基本的な下処理はこれで完結しちゃいます。あとはウロコを引くだけ。簡単でしょ?

この方法はあらゆる種類に対応出来ます。

例外はウナギやアナゴなどの長物ですね。長物だけは包丁を使うほうが簡単に捌けます。

ハサミだけで刺身は造れるのか?

ハサミだけで三枚おろしにすることは可能です。ひとつ難点があって、切り口がギザギザになりやすい難点があります。包丁みたく「スーッ」と切ることが出来ないからですね。

ハサミで切ると身に触れる回数が多くなるため、刺身にするためには体温が移りやすく、味を落とす結果になります。チョキチョキ動かすため断面も綺麗じゃないですし、繊細な仕事には向いていません。ゴツゴツした断面の刺身でいいならハサミだけで構わないけど……。

でも手の平に収まるようなサイズであれば話は別。

例えばマイワシのような、小さくて身が柔らかい魚なら、ハサミで処理することが向いています。何しろ素手でも捌けますしね。小さい魚ほど包丁と手が近づくため、慣れないと怪我しやすいですし、この場合はハサミを使うほうがいいでしょう。

魚が小さければ骨も硬くないため、ハサミでも魚は捌きやすい。

ではそれに最善なハサミはなんだろう。

カーブキッチンバサミ」がそれに答えてくれるでしょう。

「カーブキッチンバサミ」ならハサミだけでアジのなめろうが作れる!

カーブキッチンバサミは曲線を描いているため、肉や魚を切る作業に向いているハサミです。下記リンク先の動画では、カーブキッチンバサミだけでアジのなめろうを作っています。

【レシピ1分動画】ハサミだけ!なめろうが簡単にできる!

これには「まな板が要らなくなる」利点もあります。そのため作業スペースが狭くて済むし、洗い物も減ります。スーパーで売っている切り身なら、手に持ってチョキチョキ切りつつ、皿に落としていけばいいだけですしね。

より魚を捌く用途に使うなら、タカ産業の「いちころバサミ」もおすすめ。

名前が不穏ですが、大型の魚にも対応出来る強度ですし、ウロコを引くパーツもあるから、これ1本で下処理全て行える利点があります。釣具に忍ばせておけば、他にも用途はありますしね。

ハサミを使っても衛生面での注意点は忘れちゃいけない

注意点として補足すると──

食中毒防止のため、魚・肉と野菜で、別々のハサミを使うか都度洗うようにしましょう

加熱調理するのであれば構いませんけど、動物性の脂が野菜につくと、茹でたり蒸したりする調理では、わかる人にはわかる臭さは残ります。これは包丁とまな板を使ううえで基本です。

せめて「肉類」と「野菜類」の2本を用意しましょう。

タイトルとURLをコピーしました