スズキ(シーバス)をおいしくいただくための豆知識【西洋料理に挑戦する】

シーバス(スズキ)は魚釣りの対象魚で大人気。

しかし、食べるのが好きって人は少ない……。独特な臭いのせいで、食べずにマズイと思い込まれている。

フレンチやイタリアンでは、コース料理のメインを務める、すげぇ魚なのに? それは向こうにとって家庭料理と等しいのに?

スポンサーリンク

シーバスは西洋料理の技法を真似るだけで美味しく映える

調理の基本は世界共通で「煮る・焼く・蒸す」です。

これを踏まえて、和食と洋食──何が違うかと思いますか?

違いがあるのは調味料水質くらいです。

調理器具は鍋に包丁があれば出来るし、食材に関しては種類こそ違えど、調理法に大した違いはありません。大きく違うのは文化の違い

日本でスズキ料理といえば「洗い」が代表ですが、欧州だと「アクアパッツァ」などの加熱(蒸し)料理が基本。加熱するだけで寄生虫リスクは減るし、生臭くないようにハーブなどで下処理もできる……。

なぜリスクを犯して、刺身に拘る必要があるのか──。

フレンチとイタリアンは難しいと思い込んでない?

「フランス料理とかイタリア料理は難しそう……」と感じてしまうのは、家庭で味わう機会が少ないため

どんな料理も、家庭なり郷土から生まれたのであって、同じ材料を用意すれば、世界中の料理は(真似て)作ることができます。

”ただ作るだけ”なら、「煮込みに数時間」「食材を寝かせるのに──」などの手間も必要ありません。

つまり、本格フレンチ・イタリアンでも、家庭料理感覚なら30分以内で作れるわけです。

……いつまでスズキ(シーバス)を、「刺身にしたいけど生臭いから無理」と見向きをしないの? 加熱調理の欧風スタイルを覚えれば、こんなに映えて美味しい食材もないよ?

スポンサーリンク

スズキ料理はポワレとアクアパッツァを覚えるだけで劇的にレパートリーが増える!

ポワレ」はフランス料理の技法で、「アクアパッツァ」はイタリア料理の技法になります。どちらも加熱調理。

ポワレを簡単に説明すると、切り身をフライパンで焼くだけな。アクアパッツァは野菜やハーブ(ニンニク)と一緒に煮込むだけ。

……こう聞くと、「簡単そう」と思いませんか?

実際めちゃくちゃ簡単だし、他の魚にも代用できるから、一気にレパートリーが増えますよ! どちらもレシピサイトで検索すれば、いろいろな魚でできることがわかります。

【みんなが作ってる】 ポワレ すずきのレシピ 【クックパッド】
ポワレ すずきの簡単おいしいレシピ(作り方)が27品! 「すずきのポワレ」「スズキのポワレ」「すずきのポワレ♪」「簡単スズキのポワレ」など

スズキのポワレで勘違いしがちなこと

レシピサイトを見ると、「ソテー」「ポワレ」「ムニエル」が混同しています。

ざっくりいえば全て焼き料理になりますが、違うのはフライパンに入れてからの調理法。ポワレは素材をできるだけ動かさないことが特徴で、ソテーは素材を動かすことで火を入れるなど、微妙な違いがあります。

フランス料理の「ポワレ」とは?ムニエル・ソテーとの違いも気になる - macaroni
フランス料理の調理法「ポワレ」について、その歴史や語源を詳しく解説しています。時代によって「ブレゼ」や「ロティ」などと混同されがちなこちらの料理。ソテーやムニエルとはどんな風に違うのでしょうか?ポワレを使ったレシピもぜひ試してみてくださいね。

日本では表面をカリッと仕上げる手法をポワレと呼ぶ傾向が強い。この手のウンチクを調理した人にいうと、大抵キレるので注意しましょう。

スズキのアクアパッツァで注意すべき点

アクアパッツァは日本でいう煮魚になります。決めてはスープ(出汁)なので、使用する具材がとても重要。

用意すべきは、アサリ・ハマグリ・エビ・カニなどの海鮮だしがでやすい物が必須レベル。香味野菜やトマトは、臭みを和らげたり、彩りを与えるためのもの。

「アクアパッツァ」ってどんな料理? 基本&簡単レシピも必見! - macaroni
なんとなく耳にしたことはある「アクアパッツァ」。でも具体的にどういった料理なのか、ご存じない方も多いのではないでしょうか。この記事ではアクアパッツァがどんな料理であるかご紹介するとともに、鯛で作る本格レシピ、たらとレンジで作る簡単レシピもまとめてみました。

アクアパッツァは必要材料が多くなりやすいため、「今から作ろう!」と思いつきでやると、足りない物が多くなるのが悩みどころ……。具材がなければ水煮と変わらないしね。

その反面、ポワレは油とワイン(酒)があればいいので楽です。

調味料を揃えてリストランテ気分を家庭でも楽しもう!

料理に国境はありません。今は世界中の具材に調味料を、ネット販売で買い集めることも可能です。

外国の料理が難しそうと感じるのは、触れる機会が少ないため。

味噌汁なんて10分もあれば作れますけど、向こうの人は味噌がないから作りようがないでしょ? ──でも西洋料理に使う物は、日本で手に入らないことがまずないです。

業務スーパーなら、他国籍の材料に調味料が揃いやすいから、外国の料理を作りたい時にありがたい存在。

業務スーパー | プロの品質とプロの価格
プロの方はもちろん一般のお客様も大歓迎!業務スーパーのウェブサイトです。「毎日がお買い得」をコンセプトに、世界中から直輸入した食材や、国内自社工場のオリジナル商品などをご提供しています。店舗検索、WEBチラシ、商品情報、レシピ、セール情報をご案内します。

また、有名シェフのレシピ本も数多く出版されているため、真似やすいことも特徴。

料理店はいいお値段を支払う必要もあるし、格式高く感じるので足が遠のきやすいですが……。レシピなら真似て作ることができるし、なんだか出来る気がしませんか?

それに、西洋料理を家庭で作るのは、テーブルマナーを学ぶための食育にもいいのです。

お子さんが「初めてのちょっと良いレストランのデート」で恥をかかないためにも、パパアングラーがこういう料理法と提供法を覚えて、ナイフとフォークの使い方を教えるのも、教育だと思いませんか?