スズキ(シーバス)をおいしくいただくための豆知識【西洋料理に挑戦する】

スズキ(シーバス)をおいしくいただくための豆知識

シーバス(スズキ)は魚釣りの対象魚で大人気!

でもなぜか……食べるのが好きって人が少ない……。

シーバスはフレンチやイタリアンで、コースのメイン(魚料理)を務めることもある魚。なのに日本ではあまり食べられないのはなぜだろう。

それは刺身がもっともウマイと信じて疑ってないからです。

編集:ルアーパラダイス九州 編集部
¥1,760 (2022/02/15 16:31時点 | Amazon調べ)

シーバスを美味しく食べたいなら加熱しろ!

釣り人がシーバスを食べたがらない理由は、釣った直後に嫌な臭いを発するから。

シーバスは悪食ですし、特に大型を釣りやすい内湾や河川の個体は、良くはない水質の中で生息するため、表皮に嫌な臭いをまといやすい。

ブラックバスも同様に、釣り対象として人気のわりに食べられてない魚の代表格。

共通するのは、釣りたてはなんか臭いから──。そんな理由で食べられないって、なんだか可愛そうというか、釣る側のエゴじゃないですかね。

シーバスもブラックバスも、ちゃんと下処理をして加熱調理をすれば、誰でも「美味しい!」っていう魚料理になるんです。

釣って臭い魚は、加熱しましょう!(これ豆知識ね)

加熱調理の王道!フレンチとイタリアンは難しくない

「フランス料理とかイタリア料理は難しそう……」と感じてしまうのは、家庭で味わう機会が少ないため

どんな料理も家庭で産まれたもの。だから高級レストランの味はともかく、調理方法を真似することは難しくありません。

多くの人は先入観で、「時間がかかるんでしょう?」とか「お金がかかるんでしょう?」と思いがち。

家庭で再現するのは特に難しくありません。フライパンと火が点くコンロさえあれば、世界中の料理はほとんど再現できます。

シーバス料理はポワレとアクアパッツァがおすすめ!

ポワレ」はフランス料理の技法で、「アクアパッツァ」はイタリア料理の技法。どちらも加熱調理になります。

ポワレは切り身をフライパンで焼くだけ──って聞くと、簡単に思えませんか?

アクアパッツァは野菜やハーブ(ニンニク)と一緒に煮込むだけです。余り野菜を適当に突っ込めばいいから楽です。

実際めちゃくちゃ簡単だし、他の魚にも代用できるから、一気にレパートリーが増えますよ!

どちらもレシピサイトで検索すれば、いろいろな魚でできることがわかります。

【みんなが作ってる】 ポワレ すずきのレシピ 【クックパッド】
ポワレ すずきの簡単おいしいレシピ(作り方)が27品! 「すずきのポワレ」「すずきのポワレ♪」「簡単スズキのポワレ」「ガーリック香るすずきのポワレ」など

アクアパッツァを劇的に美味くする出汁

アクアパッツァは魚を水とワインで煮込む料理。

トマトを入れるかは好みの問題で、ポイントは香味野菜にハーブや貝を入れること。特に貝類を入れると、海鮮のコクと適度な塩気で食欲をそそる味に仕上がります。

しかしながら、「アクアパッツァをやろう!」と意気込んで、貝をいきなり用意するのも難しい。

そこで役立つのが、濃縮タイプの「貝だしつゆ」。これマジで便利です。

ヤマサ醤油
¥1,854 (2022/02/15 16:31時点 | Amazon調べ)

少量でもかなり貝の味が濃いから、アクアパッツァに使うと、貝を用意する手間が省けるから、お金の節約にもなります。

あとは鍋料理にも使えるし、野菜炒めにちょっと入れても激ウマ。

シーバスをどうしても刺身で食べたいのなら

シーバスを刺身で食べたいのなら、釣った直後に血抜きをして、クーラーボックスでキンキンに冷やして鮮度を保つのが命。

外皮はウロコを取って水でよく洗い、湯引きをして臭いを取り除きます。皮をひいて半身にしたら、塩を振って余分な脂と水気を切り、キッチンペーパーにくるんで冷蔵庫で寝かせます。

魚の臭み消しについては、こちらの記事が参考になります。

刺身の美味しい食べ方。和食のプロのお薦めは、洗う&酒と塩を振る。
和食のプロがすすめる、刺身の美味しい食べ方をご紹介します。日本料理の名店「割烹智映」の店主、北山智映さんが考案した、スーパーの刺身を簡単に美味しくする方法です。刺身を買ったら、まず流水でさっと洗います。このひと手間をかけるだけで、刺身の臭みがすっきり取れます。

白身魚は寝かせたほうが旨味が出るので、昆布締めにするといいでしょう。

──このように、シーバスを生で”美味しく”食べたいのなら、手間を惜しまないことで実現できます。

ぶっちゃけ人気魚よりも、「外道」といわれている魚を焼いて食べるほうがウマイなんてことザラ。

地方の地魚にはそんな魅力が隠されています。

新鮮な地魚料理のセットを毎月お届け【サカナDIY】

もっと刺身で美味いシーバスが食べたいのなら

もっと簡単にしたいなら、外洋の磯にいる「ヒラスズキ」を釣るしかないですね。

ヒラスズキは水が綺麗な外洋かつ磯に居着くため、銀鱗で美しい姿ですし、内湾で釣れる黄色っぽいシーバスのような独特の臭いもありません。

だから刺身で食べやすいし、高級食材とされています。

……でも実際食べてみると、違いはわかりにくいんですよね。

編集:ルアーパラダイス九州 編集部
¥1,760 (2022/02/15 16:31時点 | Amazon調べ)
error:Content is protected !!