サーフのランディングで網は必要なの?

サーフのランディングで網は必要なの?

砂浜なら基本いらない。砂利浜でも、まぁいらない。岩肌なら……そこ磯だよね?

サーフに網(ランディングネット)はあまり必要としませんが、条件により、「あるほうが助かる」シーンがあります。そのまとめ。

スポンサーリンク

デカイ魚しか狙わないアングラーはランディング手段を持つほうが気が楽

サーフのランディングは、寄せ波に合わせて魚をズリあげるだけ──なので、フィッシュグリップとか網とかギャフは、あまり必要としません。

でもそれは、ロッドで持ち上げれる重さまで

砂浜上にあげるってことは、浮き袋があって水に浮くことができる魚が、地球の重力をモロに感じる瞬間。例えば10kgの魚を水中で持ち上げると、半分以下の重さに感じるでしょう。水中ならば耐力強度3kgのラインでも戦えるし、ロッドで持ち上げることも可能です。

100kgのマグロを釣るロッドでも、100kgを陸上で直接持ち上げれるかは別の話。試しに2リットルのペットボトルにラインを結んで、所持しているサーフモデルで持ち上げてみてください。折れそうになるまで曲がるはずです。

ヒラメのキープサイズである「40~60cm」程度なら、ぶくぶく太っていても3kg以下程度で、このくらいなら砂浜上をずるずる引くことくらいはできます。だからズリ上げランディングもしやすい。

10kgの相手に、それと同じノリでズリ上げると……?

ラインが切れたりフックが曲がって済むなら御の字。最悪ロッドがバキッといき、あわててラインを引っ張り回収しようとして切れてしまうとか、コントっぽいことになりかねません。

ぼっちアングラーにとってツライのが大物のランディング

釣りを必ず2人以上で行っていれば、ランディング時にサポートしてもらえるし、記念撮影もできる特典があります。サーフならバディに波打ち際で待っててもらい、寄せ波であがって来たところを直接掴んでもらうことができますしね。

問題はぼっちアングラーです。

ソロプレイが基本スタイルだと、特に困るのが大物相手のランディング。重すぎると寄せ波でもあげきれないから、引き波で再び海に戻ってしまうことが多く、ゲットするまで苦戦します。周りにアングラーがいれば、気を利かせて助けてくれる場合もありますが、誰もいない状況ならどうしたらいいでしょうか?

ヒラメやマゴチだと、平べったいので波に乗せやすいけど、ブリなど”魚らしい形”相手は波の浮力からすぐ外れやすいため、ぼっちだとかなり苦労します。じゃあどんな道具があればいいのだろう……。

ぼっちアングラーが大物をランディングするために持つべきモノ

  • フィッシュグリップ(なるべく手元が長いヤツ)
  • ランディングネット(おおきめ)
  • ギャフ(イカ用を使えばコンパクト)
  • 最低でも10kgに耐えるロッド

──の、どれかひとつあればなんとか、なる!(弱気)

グリップはいわずもがな──大半は持っているので割愛。サーフでネットを持つ人は少ないですが、ブリやマスを狙う人は用意していることが多い。大物を入れるため必然的にデカイ網になるため、釣れないと邪魔すぎるのが難点。

サーフだと地面に押し当てたほうが入れやすいので、「ヘキサネット」のように、四角っぽいのを選ぶと吉。柄は3mも伸びれば十分。

大物回収にギャフは定番だけど、リリース前提は非推奨。3mくらい伸びる柄にギャフを取り付ければいい。イカギャフの先端を交換する手もありますし、それならよりコンパクトに済みます。

10kg以上をドラグ無しでズリあげるロッドとなれば、7万円以上のカーボンましましハイエンドロッドが最低条件。フラットモデルよりショアジギングモデル(青物)のほうが硬度は上なので、ぼっちズリ上げが当たり前ならそっちを選ぶのもアリ。

注意してほしいのはラインシステム。サーフヒラメで推奨されやすいPE1号・リーダー5号は、耐力強度は10kg程度なので、座布団相手のズリ上げはロッドよりも先にラインが切れる可能性が高くなります。太さを2段階上げれば安心感が生まれます。

それ以上になるアカエイやサメ相手は……ガンバレ……。波打ち際でロッドの負荷を外すと外れやすいぞ!

テクニック
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました