インターラインをボロクソにいうつもりがそれなりに良い所があった話

インターラインをボロクソにいうつもりがそれなりに良い所があった話

内部にラインを通す特殊ロッドがあります。

ライントラブルがほぼ無くなるメリットがあるんですが、なぜか流行らない……。

その理由はおそらく、誰にでも「デメリットが勝る」とわかるところかも。

 

食わず嫌いはよくないと思うので、インターラインのロッドを借りて使ってみました。

スポンサーリンク

見てわかるインターラインのどうしようもない欠点

ラインを内部に通すロッドは、二種類の呼称があります。

それは”大人の事情”のせいで、西は「インナーガイド」、東は「インターライン」と呼ばれています。

中身は同じだからどっちでもいいし、本記事は「インターライン」で統一します。

 

「釣り竿の内部にラインを通す」

これだけで使う前からデメリットがわかりきっていますが、使うと案外「そんなん気にならなかったよ?」となるかもしれない。

──というわけで実際にやってみた結果。

 

  • 準備と片付けの面倒さがパない
  • 内部のメンテナンスが面倒
  • 飛距離はどうしても落ちる

 

予想通りですが、以上のデメリットが顕在しました。

しかし、特定の釣法に限ればこれ以上はないと思えるほどのメリットはあります

準備と片付けの面倒さが釣具トップクラス

ロッドの中にラインを通すためには、ワイヤーを中に通す胃カメラ感覚でラインを誘導してあげる必要があります。

この時点で外付けガイドに比べれば、準備が格段と面倒くさい。

 

ワイヤーなしでやろうとすると、ロッドをへし折りたいくらい面倒なので、なくさないよう注意。

中古で購入する際には、アシストのワイヤーの有無はしっかりチェックを。

内部に水が残りやすくメンテナンスが面倒くさい

濡れたラインが内部を通るため、そこを洗ったり乾燥する手間があります。

DAIWA : ロッドの超撥水DRY加工商品のメンテナンス方法について - Web site
ロッドの超撥水DRY加工商品のメンテナンス方法について

見越して撥水加工はされていますが、エアスプレーで水分を吹っ飛ばしたほうが早いです。

外付けガイドはシャワーだけで済む坊主頭だけど、インナーガイドはトリートメントが必要なロングヘアーて感じ。

ラインが触れる箇所が多すぎるので飛距離は落ちる

キャスティングが前提のルアーフィッシングにおいて、わりと致命的なのがこのデメリット。

インターラインはロッド内部が全てガイドみたいなものです。

だから摩擦の抵抗が外付けより多くなり、キャストを繰り返すと水もたまるため、飛距離はどうしても落ちます。

 

軽いルアーほど顕著で、重いルアーならあまり関係ないです。

デメリットに勝るメリットを見出す

実際使ってみて思ったのは、デメリットはいわれている通りだし、構造上仕方がないこと。

それでも使われている(製造されている)のは、外付けガイドにはないメリットがあるから。

中でも「ライントラブルが無い」のが強いですね。

メリットその1:ライントラブルが無くなる

キャスティングで起きるライントラブルの原因は、軽いルアーを使うほどなりやすい。

スプールへの巻取りが緩くなると、キャスト時にぶわっと一気に出ることがあるので、それが絡まり合うのがひとつ。それがガイドに絡まってしまうのがふたつ。

 

インターラインだとそれが(ほぼ)無くなります!

 

なぜかといえば、ラインが細いチューブを通っているようなものだから、”たわみ”がないのでスプールに均一の力で巻きやすいんですね。

あとは横風にも強いです。実際に試してそれは確信しました。

試した時は風速8m超の時で、風を受けるラインが少ないのもあって、外付けタイプに比べてライントラブルが起きる気配は感じられなかった。

 

これが最大のメリット、だがこれしかないともいえる。

横風がきつくなるほど、外付けガイドより使いやすい。でもどのみち竿先から出ているラインはどうしようもない。

メリットその2:感度が良くなる(らしい)

インターラインはチューブ状にガイドが内部にあるので、ラインが触れる箇所が多くなります。

つまり、感度が外付けよりは良くなります。……原理としては。

その反面、内部ガイドのせいで全体的に肉厚なロッドになるから、どうしても重くなります。

 

感度の話ですが、そもそも魚信が伝わるのは穂先から

つまり「インターラインだから──」と、特別な話でもないです。むしろ肉厚になることで、全体の強度があがることがメリットになることも。

インターラインでエギングロッドが多い理由

エギングロッドでインターラインは現役です。……進んで使っている人は知りませんが。

 

エギは軽めのルアーで、おまけに沈ませないといけません。風が強いとラインが煽られ沈みにくいし、ひどいと持ち上げられてしまいます。

シャクリが主体の釣りだからスプールの巻き緩みやすく、それによってライントラブルも多い。

エギングは外付けガイドとの相性がすこぶる悪く、自然に立ち向かおうにも、ルアーがそうさせてくれません。

それに負けない道具が、インターラインのロッドです。

 

感度はエギングにとってあってもなくても良いもの。

アタリがでるのは大抵フォール中だから、ラインを見ているほうが気づきやすい。たとえそれに気づかなくても、どのみちシャクるからそこで乗る

エギングのロッドは硬めでも問題なしから、インターラインはエギングにとって唯一の最適なロッドです。

20g前後のルアーを主に扱うのであれば、魚種を問わず使えるロッド。

要は「メンテナンスの面倒さ」を許容できるかどうか。

インターラインはいいぞ(人により)

インターラインがいまいち流行らない理由には、先にあげたデメリットの先入観がありすぎるせいかと。

そうではなく、自分に必要な道具かどうかを考えて、必然かどうかを見いだせるかどうか……じゃあないかな。

 

エギングに限らずとも、インターラインが有利に働く釣りは他にもあります。

サビキに使えばガイドに絡むことがなくなるので、手返しがよくなります。キャストする必要があるジグサビキに使うのも向いてます。

ロッド
気に入ったら
「いいね♪」お願いします!
更新情報はSNSでも
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生