インターラインをボロクソにいうつもりがそれなりに良い所があった話

 

釣り竿内部に糸を通せる「インターライン」なる物がある。

有名メーカーがそれぞれ商標や特許を持つため、西のインナーガイドと東のインターラインが存在します。

中身は同じだからどっちでもいいし、記事は「インターライン」で統一します。

 

この機構はライントラブルがほぼ無くなることが最大のメリット。

しかしなぜか流行らない……。

それは「デメリットが勝る」と、誰にでもわかるところにある。

スポンサーリンク

インターラインのどうしようもない欠点

使う前から結果はわかりきっているが、使わないと真意は解らない。

──というわけで実際にやってみた結果。

特定の釣法に限っていえば、「これ以上はない」と思えるほどのメリットはある……と感じた。

 

ただし、「拭いきれないデメリットを許容できるか──」が要になる。

準備と片付けの面倒さが釣具トップクラス

インターラインはその名の通り、ロッドの内部にラインを通せる釣り竿。

内部にラインを通すためには、それを結んだワイヤーを中に通して、胃カメラチックに貫通工事をするわけだけど……。

外付けガイドに比べれば、準備が格段と面倒くさい

内部に糸を通すのが面倒

ラインを通すにはワイヤーを使用しますが、無ければ投げ捨てたいほど面倒なので注意。

中古で購入する際には、アシストのワイヤーの有無はしっかりチェックを。

内部に水が残りやすくメンテナンスが面倒くさい

ロッド内部に濡れたラインが通るため、洗ったり乾燥する手間が半端ない。

外付けガイドはシャワーだけで済む坊主頭だけど、インナーガイドはトリートメントが必要なロングヘアーて感じ。

ラインが触れる箇所が多すぎるので飛距離は落ちる

ロッド内部が全てガイドみたいなものだから、摩擦の抵抗による飛距離低下はどれよりも顕著。

水も抜けにくいため、キャストを繰り返す最中に、飛距離が落ちていきやすい。

でも重いルアーを使うならあまり関係ないです。

軽いルアーほど飛ばない

軽いルアーはラインが受ける摩擦の影響で、飛距離がすぐ落ちてしまう。

そのため、それがメインの釣りで全く取り扱われない。

キャスティングが前提のルアーフィッシングにおいて、わりと致命的なのがこのデメリット。

 

DAIWA : ロッドの超撥水DRY加工商品のメンテナンス方法について – Web site

 

撥水メンテナンスのやり方はこちら。

デメリットに勝るメリットを見出す

──とまぁ、デメリットはよくいわれている通りだし、構造上仕方のないこと。

それでも使われている(製造されている)のは、外付けガイドにはないメリットがあるから。

メリットその1:ライントラブルが無くなる

キャスティングにおけるライントラブルの主な原因は、スプールの糸が「ブワッ」と一気にでてしまい、塊となってほどけなくなったりすること。

これはスプールへの巻取りが緩くなることで、上に重なっていくラインがその下に食い込んで絡まるため。

こうなると射出時にたわんだラインが出てしまい、ガイドに絡むことも多くなる。

 

だが、インターラインではそれが(ほぼ)無くなる

試していた時は風速8m超の時だった。手元で風を受けるラインが少ないのもあって、外付けタイプに比べれば、そういうトラブルが起きる気配は感じられなかった。

 

これが最大のメリットだが、これしかないともいえる。

横風がキツイ時には外付けガイドより格段と使いやすい。けれど、どのみち竿先から出ているラインはどうしようもない。

メリットその2:感度が良くなる(らしい)

ロッド内部にガイドを入れる必要があるため、全体的に肉厚なロッドになる。なので重くなりやすい機構。

しかし、そのおかげでロッドにラインが触れる部分も増えるので、外付けガイドに比べれば感度が良くはなる。

……原理としては、ね。

 

そもそも魚信が伝わるのは穂先から。

なので、インターラインだから特別な話でもなかったりする。

むしろ肉厚になることで、全体の強度があがり、それが有利になるシーンも。

「感度」はついでに訪れるメリットかな。

インターラインでエギングロッドが多い理由

エギは中途半端な重さで、おまけに沈ませないといけないルアー

風が強いとラインが煽られ沈みにくいし、ひどいとルアーが持ち上げられる。

シャクリが主体の釣りだからスプールの巻き緩みやすく、それによってライントラブルも多い。

 

自然に立ち向かおうにも、ルアーがそうさせてくれないエギング。

それに負けない道具が、インターラインのロッドです。

 

エギングにおいて感度は、あってもなくても良いもの。

アタリがでるのは大抵フォール中だから、ラインを見ているほうが気づきやすい。

たとえそれに気づかなくても、どのみちシャクるからそこで乗る

……それだけの話。

 

エギングのロッドは硬めでも問題なしから、インターラインはエギングにとって最適のロッドかもしれない。

 

 

20g前後のルアーを主に扱うのであれば、魚種を問わず使えるロッド。

「メンテナンスの面倒さ」を許容できるかになるので、風が吹きやすい時の勝負として、限られた状況の一手として、持っていても損しないと思う。

 

流行らない理由、「飛距離が落ちる」との先入観がありすぎるせいかと。

確実なデメリットとメリットは挙げたので、自分に必要かそうでないかを比べて、必然を見いだせるかどうか……じゃあないかな。

エギングに限らずとも、インターラインが有利に働く釣りは他にもあります。

 

ちなみに強風の中で使ってみて、たしかにライントラブルを気にすることがなくて楽だった。

けれども、準備と片付けに時間がかかりすぎるから、「時は金なり理論」で時間短縮をしたい考えとしては、「そこまでして要らないよね☆」という結論(台無し)。

 

ガイドを内包できるメリットを活かして、モバイルロッドに使ってくれりゃ面白いかもしれない。

バッグに入れたい小型ロッドなら、ガイドが外にあるとそれが折れやすい。

収納が楽になることは強みだと思う。

ロッド
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生