馬の背はどこにある?【今さら聞けないサーフルアー知識】

馬の背はどこにある?【今さら聞けないサーフルアー知識】

今やサーフルアーも過渡期になって、「ggrks」で済まされたり、今更告げないし聞けない知識も多くなってきました。一般サーフルアーメンにとっては当たり前。だけどこれからの方にとっては初体験。──そんな”今さら聞けない”知識をぽつぽつまとめていきたい。

今記事は「馬の背は一級ポイントらしいけど、どこにあるの?」についてお答えします。

スポンサーリンク

「馬の背」はココにある

サーフの良ポイント「馬の背」はココにあります。

「馬の背」は干潮時の波打ち際が、満潮で沈むことで発生するパターンが多い。 あとは波の発生点(ブレイクポイント)がそれになったり、離岸流の周囲によく存在します。
「馬の背」は干潮時の波打ち際が、満潮で沈むことで発生するパターンが多い。
あとは波の発生点(ブレイクポイント)がそれになったり、離岸流の周囲によく存在します。

馬の背が出来る条件はふたつあります。潮汐(干満)の境界線なこと海流や離岸流の終着点にできやすいこと。これだけ覚えてください。

そこは砂が盛り上がりやすく、広く平らな砂浜に突如現れる魚たちの休憩所──みたいな存在。そこで休むのもいれば、エサを待ち構えているヤツもいます。サーフルアーの対象魚である「フラット(ヒラメ・マゴチ)やシーバス」は、ここでエサを待ち構えてラクをしたいヤツが多いため、サーフの一級ポイントとされているわけです。

馬の背は魚が着きやすい狙いドコロ!

馬の背は”流れの終着点”になりやすく、魚にとって良い休憩所になると伝えました。

魚にも体力があるわけで、海流や離岸流に逆らい続けては疲れるだけ。それなら流れの先など”緩む”場所で漂ったり、エサを待ち構えるほうがラクと思いませんか? 離岸流の先や馬の背は、そういうポイントなんです。

馬の背は潮汐と流れが形成するアート。小潮と大潮で場所は変化するし、海が荒れると全リセットされたりも……。なので沈み石や堤防のように、いつでも同じ場所で攻めれるポイントじゃないんですね。

だからこそ、どんな場所に出来やすいかを知る必要があるわけ

──とはいえ、サーフへの海流はほとんど変化しないので、リセットされてもだいたい同じ場所に作られます。だから馬の背があるサーフはリストアップしておくと、後々に探り釣りする場合に役立ちますよ。

  • 馬の背ができやすいサーフは流れの変化がある証拠。
  • 瀬の切れ目は離岸流が発生しやすい。
  • 広く浅いサーフにある唯一の物陰。お魚さんたちも集まりやすい!
  • リセットされても同じ場所に形成されやすく、メモっておくと再び探す手間が省ける。
  • そこに届かせるルアーは”飛距離50m”が目安

馬の背を狙うならよく飛んでゆっくり沈むルアーがおすすめ

「馬の背は岸からどのくらい離れて、どれだけ飛ばせばいいのだろう?」

それは干潮時の波打ち際が、満潮で沈むことによって産まれることがほとんど。そのため波打ち際から30~50m付近に多く存在します。もちろん飛ぶルアーほど有利になりますが、最も重要なのは、地形に這わせることができるルアーであること

シャロー帯ならFミノーで十分ですが、よりピンポイントで狙うには「重いシンキングペンシル」がおすすめ

ただ落とすだけなら、シンキングミノーでもレンジバイブで出来る。──シンペンは”ゆっくり落とす”ことで、より自然なベイト演出ができることが最大の利点です。オマケに地形に這わせて落とす(通す)こともできるし、それが”狙って釣る快感”に繋がりやすい。

回収が速く手返しがいいのもおすすめしたい利点ですね。

馬の背狙いにおすすめなのは『ぶっ飛び君』。飛距離は十分だし、重さも初心者から中級者まで扱い安く、サーフのシンペン入門には丁度いいです。同社の『かっ飛び棒』は重いし大きいしで、初心者が扱うのは難しいルアーです。

基本の誘い方は、馬の背の直上か先に落として、底に着くまで沈めるだけでもOK。魚が居ればそこで反応するし、居なければ回収して少しズラしてまた繰り返します。投げ入れたい地点を意識することで、キャスト精度の向上にも繋がります。

テクニックに自信がないなら、ただ巻きでもいいシンキングミノーを選択しましょう。ジャクソンの『アスリートSS』がおすすめです。

沈むミノーはアクションが乏しく、軽いトゥイッチやジャークを織り交ぜると効果的。ルアーの側面がなるべく平面なモノほど、手先の動きによく反応してくれます。側面がギラついてくれるため、周囲へのアピール効果も高くなります。

スポンサーリンク

馬の背を制すればサーフの些細な流れも制することができる

サーフの地形は波による作用として受け止める方も多いでしょう。それで形成されるのは底にある「砂紋」で、一部で盛り上がったりくぼんだりするのは、海流や潮汐による作用が大きい。

一部で盛り上がっているなら、流れの終着点? それともぶつかり合っている? などと判断できます。くぼんでいるなら、そこに強い流れが当たっているから? と判断できます。これらを判断するに重要なのは「水色」です。

海面の色で深さが大体わかります。薄いほど浅く、濃いほど深い。一部で深い箇所ほど、強い流れが近くにある可能性が高いです。
海面の色で深さが大体わかります。
薄いほど浅く、濃いほど深い。一部で深いは強い流れが近くにある可能性が高いです。

浅ければ砂色が目立つため白っぽく見えます。深ければ砂底が離れるため、青色が濃くなっていくわけです。この違いを見やすくするには偏光サングラスが必須。水面のギラつきを抑えると水色が見やすくなりますよ。すなわち、水色の変化もサーフにとっては一級ポイントになり得るわけなんですね。

ちなみに偏光サングラスは安物で十分。数万レベルのグラスは、魚を見つけるサイトフィッシングじゃないと必要性は特にない。だって砂底で擬態するヒラメを視認することは無理でしょ?

なので、紫外線から目を守るツールとして役目だけで十分なんです。

ぶっ飛び君95S
ぶっ飛び君95S ◆スペック◆ 全長:95mm 重量:27g タイプ:シンキング アクション:ハイピッチワイドスイング レンジ:0~100cm フック:ST46 #4 価格:1,900円(税別) ◆説明◆ 約二年に及ぶ過酷なテストの末、ようやく完成したぶっ飛び君95S。 井上友樹が追い求めてきた新世代のルアーがついに形...
Jackson
Tips テクニック
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました