かっ飛ぶシンペン!「モアザン スイッチヒッター」の魅力

モアザン(ダイワ)の「スイッチヒッター」は、メタルジグ同等に飛ぶシンキングペンシル。

シーバス向けのコイツは、サイズとウェイトにカラーも豊富で、あらゆる状況に合わせることができ、オールシーズンで戦えるルアーといえます。

サーフや磯に、ディープからシャローまで、とにかく自由度が高い!

スポンサーリンク

「スイッチヒッター」シリーズの選び方

基本となる中間サイズは「85mm」「20g」。

飛距離はだいたい80m前後で、飛ぶシンペンとしても上位に入るクラス。スイッチヒッターはオヌマン監修で、オヌマン製は空力抵抗がよく考えられており、飛ぶルアーが多いです。

DAIWA : モアザン スイッチヒッター - Web site
小沼正弥監修モデル。コンパクト&高比重のぶっ飛びシンペン。

今あるスイッチヒッターのラインナップは以下の通り。

  • 65S
  • 85S(LV)
  • 105S
  • 120S

65~120mmまでのサイズ展開がされており、ウェイトもそれぞれ違います。

基本的に”シーバス向け”ですけど、サイズを見ればわかる通り、魚種に拘る理由はないですね。メバルなどのロックから、ブリまで狙えるすごいヤツです。

アクションはただ巻きでスラローム、早く動かして不規則ジャーク

ただ巻きのアクションはスラローム。リップレスシンペンらしい、ねっとりしたスラロームで泳ぎます。

リトリーブを一時的に早めたり、手元でトゥイッチを入れてあげると、不規則なジャーキングが可能です。デッドベイトを演出する時は”抜く”ことも武器になります。

スイッチヒッターは浮き上がりが速いため、シャローを楽にひけることもメリット

65Sと85SLVは13.5gと軽め。手練ならドッグウォークも可能ですし、トップウォーター代わりに使えないこともない。120mmはビッグベイトシーズンに使えるし、全種揃えれば、オールシーズンで隙がありません。

ただ巻き中心に使うなら85Sがおすすめ。

スイッチヒッターが特に活躍できる場所と使い方

おすすめは干潟河川です。

リップレスだけど浮き上がりが早いから、横の流れがある河川でドリフトが有効。120mmなら落ち鮎に適合できるし、春~夏のイナッコなら85mm以下で対応できるしね。

干潟はシャローとディープが入り交じるため、自由にレンジを上下できるシンペンは役立ちます。

干潟ウェーディングなら、ボトムを取ってちょんちょん巻いてくるだけで、美味しいポイントを舐めるように巻いてこれるから、釣果にもつながるでしょう。

春~夏は65Sで、秋~冬は120Sがベストでしょう。

「巻いて落とす──」。シンペンの基本はこれ。

スポンサーリンク

最後に──あえて「ぶっ飛び君」と比較してみると──

よく飛ぶシンペンの代名詞「ぶっ飛び君」と比較すると──

”ぶっ飛び君95Sより飛距離は落ちるが、ライト95SSよりは飛ぶし使いやすいのがスイッチヒッター”

──みたいな感じ。なにより”安い”のがメリットかもしれない。

どちらもほぼ同等のスペックで、使い方も似ている。選ぶなら個人の感性に従うのが間違いないですね。

ただフォールで魚を引き出す能力は、ぶっ飛び君が上かなと思います。それはフォール重視の設計だし、スイッチヒッターはスイム重視だから、住む土壌は違います。

どっちも実績はあるから間違いはない!

タイトルとURLをコピーしました