かっ飛ぶシンペン「スイッチヒッター」の魅力

モアザンの「スイッチヒッター」は、メタルジグ同等に飛ぶプラグです。向かい風もなんのその、飛行姿勢がよくかっ飛ぶ姿は眺めるだけでも気持ちいい。

これをサーフで使うなら、シャローが多く凹凸があるポイントを、くまなく探るのに向いています。

スポンサーリンク

サイズが増える「スイッチヒッター」シリーズの選び方

最初に発売されたのは「85mm20g」。飛距離は80m前後。オヌマン監修ルアーは空力抵抗がよく考えられていて、飛ぶルアーが多いです。

DAIWA : モアザン スイッチヒッター - Web site
小沼正弥監修モデル。コンパクト&高比重のぶっ飛びシンペン。

しばらくして、スイッチヒッターは実績をつんで人気が出たからなのか、種類が増えだしました。現在は何種類あるかというと──

  • 65S
  • 85S(LV)
  • 105S
  • 120S

系5種類あります。大きく重くなるほど飛ぶってわけでもなく、体感の飛距離としては、バランスがいい「85S」が最も優れているといえます。

アクションの基本はスラローム

リップレスシンペンらしく、くねらせるようなスラロームで泳ぎます。ピッチを速めるほど不規則になるのでトゥイッチ代わりに。

浮き上がりが速くシャローも楽にひけます。65Sと85SLVは13.5gと軽めでドッグウォークも可能。大きめは低活性とビッグベイトシーズンにねっとり巻いて、小型は活性高めの時に上層を攻めるために使うのがいいかと。

スイッチヒッターは同カテゴリの”ぶっ飛び君”と比べても、目立った欠点はなく、万能なシンキングペンシルといえます。

使うのに向いている場所と使い方

おすすめは浅瀬と深場が入り交じる”干潟”。

季節ごとのベイトサイズに対応できるし、シーバス相手はオールシーズンで対応できるルアー。磯のヒラスズキでも飛距離が武器となり、遠方の障害物やサラシ打ちも難なくできるでしょう。

シャロー帯を攻めるコツとしては、深い箇所に投げ入れて、駆け上がりを舐めるように巻いてきましょう。これは一度ボトムとって、ハンドルを2秒で1回転程度にゆっくり巻くだけ。これで反応がなければ、ガッと数回巻き止めて落とすを繰り返すといいです。

シンペンはロッドで動かすのではなく、リーリング(巻くこと)の緩急で動きをつけるほうが、やりやすいしレンジキープもしやすいです。

あえて「ぶっ飛び君」と比較してみると──

スイッチヒッターをオススメした手前、比べられやすい”ぶっ飛び君”と比較すると──

『ぶっ飛び君95Sより飛距離は落ちる。ライト95SSよりのびる』

そんな感じ。……それよりも安いのがメリットですかね。ほぼ同等のスペックだし、選ぶならどちらでも構わないくらい。

ただフォールの反応がいまいちなので、そこは比較相手に負けているかな。これは重心設定と形の違いだからどうしようもない。さすがにシャロー帯をひくための性能は、スイッチヒッターが上です。

ルアー
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

気に入ったら
「いいね」お願いします!
更新情報はこちらでも

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生