かっ飛ぶシンペン「スイッチヒッター」の魅力を披露!

メタルジグと同等に飛ぶ系ルアーは増えてきたが、モアザンの「スイッチヒッター」はその黎明期に発売されました。

こいつは向かい風をものともしないし、飛行姿勢もよく、飛びたった姿を眺めても気持ちがいい。

 

このルアーが最大限能力を発揮するのは、シャローが多いけど飛距離が求められる遠浅サーフでしょう。

スポンサーリンク

よく飛び使いやすいスイッチヒッターシリーズ

最初に発売されたスイッチヒッターは「85mm20g」でした。飛距離は80m前後

オヌマン監修ルアーは空力抵抗がよく考えられていて、飛ぶルアーが多いです。

DAIWA : モアザン スイッチヒッター - Web site
小沼正弥監修モデル。コンパクト&高比重のぶっ飛びシンペン。

──実績をつみ、人気が出たからなのか、いつのまにか種類が増えました。

現在は最小の「65S」から、最大は「120S」まであり、ウェイトの種類は5種類です。

 

アクションの基本はシンペンらいいスイングアクション。

浮き上がりもはやいので、シャローも楽にひけます。65Sと85SLVは13.5gで軽く、トップウォーターにも使えますし、ドッグウォークも可能。

同カテゴリの「ぶっ飛び君」と同様に目立った欠点がなく、万能なシンキングペンシルです。

使うのに向いている場所とオススメメソッド

スイッチヒッターのおすすめポイントは、浅瀬と深場が入り交じる干潟が一番向いています。

サイズのバリエーションで季節ごとのベイトサイズも対応できます。特にサーフと干潟のシーバス相手には、特に困ることがないでしょうね。

飛距離も武器なので、磯のヒラスズキにも使えます。

 

干潟やサーフなら駆け上がり先で落として、舐めるように底から巻きましょう。

比重があるため多少の波では飛び出しにくく、波高な場合でもそれなりに使える。波に乗った時にストップして、揉まれた小魚を演出するとサーフのシーバスでの効果は高い。

ジャークによる上下の動きはちょっと苦手で、リトリーブスピードによる緩急が基本操作になる。

 

海底の高低差がある箇所の高→低ならフォール、低→高ならリトリーブとそれぞれ役割が持てる。

飛距離もあり、荒天にも強い──様々な環境に対応できる万能タイプのシンペン。

 

「ぶっ飛び君はいつも売り切れだ! おまけに高いし……」って人にはオススメしたい、はっきりいって同等です。

あえて「ぶっ飛び君」と比較してみると──

オススメした手前、よく引き合いに出した物と比較すると──

『ぶっ飛び君95Sよりは軽く飛距離は落ちて、ライト95SSより重いが飛距離は(若干)のびる』

……といった感じ。

 

アクションもほぼ同じだけど、スイングの振れ幅はぶっ飛び君のほうが大きい。

ぶっ飛び君はフォールに強く、スイッチヒッターは泳ぎに強いので、同じなようでありながら性質は異なる物。

値段の安さでほぼ中間スペックが買えるんだから、スイッチヒッターはお得といえばお得かな。

ルアー
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生