手を汚さずにサビキ釣りをしてみませんか?

サビキ釣りの魅力は、準備をするのが楽なことと、魚がたくさん釣れること。

ひとりで黙々よりも家族でワイワイが向いていますが、”影”の部分もあります。それは汚れやすく臭いが気になる点。大量の魚に触れたり、撒き餌が服についたりすると、後片付けをするのも大変です。なるべく手を汚さずサビキ釣りをする方法はないものか……。

そんな時は頼れる道具に助けてもらいましょう。

スポンサーリンク

サビキ釣りでなるべく手を汚さないためには?

なるべく汚れないサビキ釣りの極意は簡単です。

  • 魚に触らなければいい
  • 撒き餌(コマセ)に触れなければいい

臭いの元凶である、「魚」「撒き餌」に一切触れなければ、臭くなることもありません。……ただしこれらが最大の難問です。完全に防ぐためには、防護服で釣りをするのが確実でしょう。

ならば、それらに”なるべく”触れないようにするだけ──。

アミ姫|フルーティーな香りでカゴにも入れやすい撒き餌用アミエビ

サビキ釣りは魚を寄せるために撒き餌を多用します。それには「アミエビ」がよく使われますが、だいたい冷凍ブロックでの販売。溶かす必要があるため、すぐ釣りに移行できないのと、撒き餌の入れ物が必須になる難点があります。

その悩みを解消してくれるのが「常温保存タイプのアミエビ」です。

今は種類も豊富になり、「保存」「利便」「香り(?)」を改良して、よりクリーンな撒き餌になってきました。その中でも人気なのがマルキューの「アミ姫」です。

シャンプーの詰替え容器みたいな見た目で、特徴はキャップ付きで途中保存しやすく、カゴ付き仕掛けなら直接「ニュッ」と出せるので汚れない! そして、フルーティーな香りで生臭さとオサラバ! もちろん撒き餌の効果も抜群です。

常温保存が可能なので、堤防釣りの最終兵器として忍ばせておくのもいいでしょう。

さかな外し|魚に触れずにハリ外しを!?

魚に触れずに針を外せる”リリーサー”があります。リリース前提の管理釣り場で活躍するアイテムですけど、サビキには向いてないアイテムです。魚を挟む”ハサミ”もありますが、6本針に6匹かかるのを外すには「もう手でよくね?」ってなります。

この悩みを解消してくれるのが、がまかつの「おさかな外し」です。紹介動画もあるのでひと目見てください。

サビキの対象魚は口が弱く小さいので、”稲穂をこぐ”ようにすれば、けっこう簡単に針から外れます。おさかな外しのようなアイテムは、バッカンとセット売りされていることも。

有能といえば有能だけど……「これいる?」と思うこともある。堤防釣りでは使い勝手がちと悪く、船上のアジ釣りには向いてますね。アジ・イワシは特に口が弱いし、直接触れると魚が火傷しやすいので便利です。

【真理】もうゴム手袋して直接掴むほうが早いのでは?

いくら便利な道具が増えたところで、使い慣れた”自分の手”に勝るものはありません。

その場合は”魚などの臭い”が大敵になりますが、それを防ぐために「ゴム手袋」をしましょう。調理用の薄手のゴム手がおすすめです。

薄手のゴムだけでは魚のヒレなどですぐ穴があくため、上に軍手をつけると防御力が増します。どちらも燃えるゴミに出せるので、捌いた生ゴミといっしょに捨てましょう。

スポンサーリンク

「最後に洗えばいいじゃない…」魚のニオイを消す最強の石鹸

サビキ釣りをしていると、どうしても臭いが気になるので、これまで色々と試してきました。便利なアイテムを使うのも手段のひとつですが、最終的に思うのは「もう素手でよくね?」でした。やっぱり利便性って大事。

釣りの最後に手洗いは欠かせないけど、完全に臭いを消すのは難しかった。──その悩みに応えてくれるハンドソープが、ついに現れてくれました!

De-Fishing Soap」は外国製品なので、通販くらいでしか手に入らないけど、魚の生臭さが消えつつ自然環境への影響がゼロの”石鹸”です。他にも油臭さなど消臭力は万能。小型容器に詰め替えて、釣り道具に忍ばせておきたいですね。

タイトルとURLをコピーしました