根掛かり対策にはフックを曲げれる強靭さが効果的

根掛かりを外す方法は「色んな方向から引っ張る」「反動で外す」「フックを曲げる」など、いろいろあります。

その原因はフックが何かに引っかかることが大半。そのため、フックを曲げることが最も簡単な外し方。

 

フックは一応金属なので、ラインが切れないよう曲げるために、それが切れない必要があります。

細いほど釣れやすいといわれていますが、それはあくまでほんの少し有利になる程度のこと。

ルアーロストを減らしたいのであれば、ラインを太くしましょう! という話。

スポンサーリンク

「細いラインのほうが釣れる!」はしょせんTPO次第

「細いラインのほうが釣れる!」てのは本当のこと。

でも時と場合(TPO)による効果が大きく、それをハッキリさせないまま伝播されている。

 

釣りの記録としては、ラインが細いほど上位にされます。

細いほど切れる可能性は高くなるし、それは当たり前のこと。

でも業界は何故か細いラインを推したがる

 

より自然な動きに魅せるのもわかりますけど、そもそも魚に負けては話にならない。

なのでラインは太くて構わないんですよ。いくら細くしても魚からは丸見えらしいですし。

消費サイクルを早くして売りたいだけでは? ……と穿ってしまう。

フックの強度はあてにならない

フックの強度は数値化されている製品もあるものの、無いほうが多い。

簡単にいえば、軸が太ければ硬く、細ければ柔らかい。

そこから強度が前後するのは素材の質になる。

 

フックは針先を何かにひっかけて曲げようとすると、意外と簡単に曲がります

「魚に曲げられたー!」ってよく聞きますが、原因はだいたいソレ。ようは「フッキングが甘い」わけです。

水中の障害物で、フックがぶっすり行く材質は少ない。そのため曲げやすい条件が整っているわけでもあります。

 

根掛かりロストを防ぐのに役立つブログ

こちらが参考になります。

今年も根掛かり回収率は100%!ルアーロストを減らすコツ!!
この2年間で、根掛かりによるルアーロストは無く、スタックさせてしまった場合も、ルアーの回収率は100%を維持しています。今回は、根掛かりを防ぐ為のコツや、要点などをまとめてみたいと思います。

推奨されているPE1.5号クラスは25lb以上はあるので、約11kgの力まで耐えることが出来る

シーバスやフラットだと、0.8~1号辺りが推奨されていますね。

 

軽いルアーを使うなら細いラインの方が有利です。

太いと摩擦やら、それ自体の重さで扱いづらくなったりするので。

重いルアーなら太いラインでも関係なくなります。

逆に細いと切れやすくなるので、バランスが大事ってわけ。

スポンサーリンク

根掛かりの外し方

特に気をつけるべきことは、ロッドをむやみに煽らないこと

高価なロッドほど角度によって、あっさりポッキリします。

 

根掛かりは大まかに2つのパターンで断定し、それぞれの対処法で切り抜けましょう。

フックが引っかかっているパターン

「根掛かりした、かも?」と感じたら、軽くチョンチョン聴いてみる。

微妙に動く感触がしたらフックだけが掛かっているパターン。

そしたらラインを張っている状態で、指でグイッと引っ張り、弾く感じで一気にテンションを抜くと外れやすい。

ガッチリしてルアーも動かないパターン

ガッチリパターンは、ルアーが隙間に挟まっていたり、絡まっていたりする。

こんな時は、角度を変えると案外あっさり外れることがある。

 

ようは通したルートと反対から引っ張ればいいんだけど、堤防の先端とかなら、そう出来る状況でもない。

そういう時は力で引っ張り、フックかルアーを強引に曲げる必要があります。

もし力で引っ張る場合には、ラインがガイドに干渉しないくらい海中から真っ直ぐに構え、自分が後ろにじりじり進んでフックを伸ばす努力をします。

この時にロッドが曲がるような構えだと、もれなく折れるので注意。

スポンサーリンク

根掛かりしても強引に外せるラインシステムの目安

根掛かりする要素が無い所──特にサーフでは、0.8号以下でも十分ランカーを獲れます。

岩場が多い場所など、根掛かりする要素が多い場所なら、無理やりにでも引き寄せたいから、ラインは1号以上が望ましい。

 

タックル構成はポイントによって最適を求めるべき。

リーダーの太さやフックのサイズを変えただけでも、ルアーの泳ぎは変わるし、ロッドの調子でもレンジは変わります。

根掛かり対策にオススメの強靭なメインライン

リーダー部分は”どんぐりの背くらべ”なので無視するとして──

問題は切れやすいPEラインを使う、メインラインの部分。

 

コーティングをして摩擦に強くしつつ、しなやかさも兼ね備えるなら、「スーパーファイヤーライン」がオススメ。

しなやかより「パリッ」としてるので、細いラインを扱うライトには向いてない。

けれど、20g以上の重いルアーを扱う釣りなら関係ないので、岩場でやるメインラインの選択にはオススメ。

 

ラインひとつにも、ポイントによって切り替えが必要なことがわかったかと思います。

だからこそ、この世界は底が知れない。

「一生幸せになれる」どころか、気持ちによっては「生涯悩む」……なんてことになるかもしれません。

Tipsテクニック
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました