ゼロから始める夏の駿河湾ショアジギング【まとめ】

 

静岡の梅雨も明け、駿河湾のショアジギングはいよいよこれからが本番。

話題のアニメタイトルに乗っかるカタチでしたが、今夏は2作も静岡が舞台のアニメがあるんですよ。

聖地巡礼に組み込んで釣りに来てもいいのよ?

 

スポンサーリンク

タックル選びから釣り方までまとめてみました

 

失敗しにくい駿河湾ショアジギングタックルの選び方
梅雨で育ったイワシも巡り、駿河湾はショアジギングの最盛期になります。 「これからはじめる」「なんかちょっと合わない」……そんな人向けに、タックル選びのちょっとしたアドバイスを。 多分これが...

 

駿河湾ショアジギングのレンジ攻略の考え方
水深がいくら深くても、魚が居る層というのは限定されている。 魚群探知機を使用した船釣りを経験した人は”体験で理解している”だろうけど、岸からしか釣りをしたことがない人は、水中ならばどこにでも...

 

【駿河湾ショアジギング】レンジで攻めるおすすめメタルジグ選
駿河湾はショアでも水深20mを超える場所。 そんなポイントの釣りは、水深を刻んで魚を探していくレンジ攻略が鍵になる。 メタルジグは沈めることが楽だけど、横に引くとなると、これが難しい。...

 

──これらとは別に、魚を釣るために必要なのは「場所(ポイント)」です。

「いいから釣れる場所はよ」と思う人が大半だろうし、有名所をちょろっと挙げておきますね。

 

駿河湾ショアジギングの有名ポイント

 

下田港(南伊豆)

 

黒潮が当たる南伊豆は県内において、回遊魚が最も早く訪れる場所になる。開幕の合図はだいたいいつもここから。ここから西は地磯の釣りが多くなる。

ちなみに「あまんちゅ!」の舞台である伊東市は、ここより北上した所です。

 

あと、ここから沼津までは「環境保全」と称して、港にある駐車場は料金が徴収される箇所が多い

釣り人がゴミを一切出さず、漁師にとって迷惑どころがありがたいのであれば、必要ない事ですけどね。

 

千本浜(沼津)

 

駿河湾サーフのショアジギングポイントとしては最も有名。なので人も集まる場所。夏はシイラにソーダカツオなどの回遊魚、秋から朝晩とタチウオが狙える好ポイント。

他には足保港など、沼津の港ではルアーフィッシングを楽しめる箇所がいくつもある。

ラブライブ!サンシャイン!!」の舞台である沼津・内浦へのアクセスも抜群です。

 

ラブライブ!サンシャイン!!」聖地巡礼マップ|ラブライブ!サンシャイン!wiki

 

三保半島(清水)

 

世界遺産にも登録された景勝地である三保の松原もあり、観光客も増えて渋滞することが多くなったらしが、通年通して投げる釣りでは有名所。

地図上で見える東岸がサーフルアーでのポイント。西岸は海水浴場などがあり、キス狙いなどに向いている。

難点としては、商業船の出入りが激しいので、日中の釣りが難しいところ。マヅメ時は漁船が通り何かと忙しい場所である。

 

秋冬は比較的大型がでやすく、ポイントの性質としては一応初心者向けでもある。理由は駐車場があるし場所は広いしで、やろうと思えばどこかしら空いているから。

ショアジギングで書いた記事の数本は、だいたいここを基準に書いています。

 

石津浜(焼津)

 

アオリイカとタチウオで有名所。海藻が生えやすいので、産卵期にイカちゃんがよりやすい。

これまで紹介したポイントより、幾分かは水深が浅くなる。なのでナブラも遠くに出ることが多く遠投向け。南の方にいくにつれ浅くなり、こちらはフラット狙いがしやすいなど、バリエーションに富んでいる。

 

場所によっては岩盤ゴツゴツで、トレブルフックで底を取るともれなくロストな場所もある。投げ釣りでサンマを付けて放っおくと、根魚やウツボが遊びにきてくれたりする。

難点としては駐車場の絶対数が少ないところ。

近隣住民とのトラブルも絶えず、空いてなければ大人しく、焼津港内にある「ふぃっしゅーな」で岸壁ジギングを楽しんでいただきたい。

 

通年通してゲリラ豪雨が発生しやすいので注意

 

周囲に山間部が多く、南寄りの風が吹きやすい夏から秋にかけては、特に駿河湾奥で突如として雨が降りやすいので注意。

雨雲アラーム」に登録する、雨雲の気配を察知するなどして、対策はしておきましょう。

風向きが変わったり、空気の温度が変わったりすると注意です。

特集記事
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。
さしし@釣りしたいマンをフォローする
とある浜松アングラーの一生