アンリパのエフリードだけで釣るサーフヒラメ

サーフヒラメ向けのルアーは数多い。

けれど、「単シリーズ物だけで全て完結する」のは少ない。てかほぼ無い。

そんな中でも、「Angler’s Republic(アンリパ)」の「F-LEAD(エフリード)シリーズ」は、現在6種類ほど。

用途が豊富で、浅瀬から深場まで満遍なく使える物が揃っている。

 

アンリパのエフリードだけで釣るサーフヒラメ

 

そのおかげで、季節ごととレンジ攻略の説明がしやすいので、まとめてみた。

スポンサーリンク

エフリードシリーズの大雑把な使い道

サーフに特化しているエフリードシリーズ。

得意な対象魚はヒラメにコチの「フラット」に、シーバスや青物も視野に入る。

シリーズ物としては種類が豊富なほうで、全種揃うとシーズン通してポイント&対象魚に困ることはないくらい。

 

まずは6種類を雑に紹介。リンク先は全て公式HP。

 

エフリード90Sサーフヒラメ専用HSミノーの金字塔。マヅメに投げてアタリがなければ「今日ダメっぽい」と決めつけてもいい。
エフリード92SRHSながらシャローモデルとよくわからんスペック。干潮時の沖瀬を狙い撃つのに向いている。
エフリードバイブ115樹脂タイプのバイブレーションにおいて最大に近い。冬季に関東地域のコノシロパターンで猛威をふるう。
エフリードギラバイブ53サイズのわりにシルエットが”目立つ”バイブ。近場の駆け上がりに残されたフラットを引きずりだす系。
エフリードジョインテッド135Sリップ有り無しの2モデル。競合が多いけど、波がある外洋だとあまり使う場面がない件。
エフリードメタルセンターフックにリアフラッシャーもついた目立ちたがりのメタルジグ。荒天時やドン深にどうぞ。

(HS:ヘビーシンキング)

 

次いで「どのレンジに向き、どこを攻めるに向いているか」をまとめてみる。

マヅメを効率よく攻める「エフリード90S」

シンキングなのでボトム狙いにも使えるけど、使いやすいレンジは「水深1~4m」程度。

数回巻いて止めてまた巻く」を繰り返すストップ&ゴーがやりやすく、万人向け。

底から50cm↑を狙って通せるようになると、ヒラメ相手に効率が良くなる。

 

水深3m前後の遠浅サーフに向いており、派手な動きのわりにレンジキープが優秀。

Mクラスのロッドだと、曲がりすぎない程度に巻くだけで、50cm↑を通せちゃうくらい。

海の様子は知らんけど魚がいるか確認したい」、そんな時に使いやすい。

サーフを広く使える時に「エフリード92SR」

こちらはシャローモデルで、有効レンジは「30cm~2m以内」くらい。

「サーフ向けにシャローモデルなんて要るの?」と思うでしょう。

干潮時に露出する沖瀬、河川の出口や防潮堤周りなどは、先の90Sだと攻めにくくなるので、そんな時はシャローモデルの出番。

 

夏から秋は、昼間にド干潮が重なりやすく、沖瀬(馬の背)を狙い撃ちしやすい。

ここは「満潮時では届かないor狙いにくいポイント」だから、マヅメ組が取りこぼしやすい

そういう箇所を舐めるよう通せるのがシャロータイプ。

重いシンペンでも同じことはできるけど、リップ付きは早く巻いてもレンジが一定以下をキープしてくれるため、見切られにくいメリットも。

コノシロパターンで実績が高い「エフリードバイブ115」

100mmを超えるサイズは鉄板が多いけど、これは樹脂タイプ。

それより波動がマイルドで巻きやすく、魚がスレにくいメリットもある。

 

「エフリードバイブ」は冬季のコノシロパターンで実績が多く、ボートシーバスでもビッグベイト代わりに使われていたり。

その時期は在庫希少になることも珍しくない。なぜか関東のサーフで人気。

120mmくらいのサイズで、底をネチネチ攻めれるルアーは貴重。

足元のお宝を狙う「エフリードギラバイブ53」

サーフは飛距離が重要といわれますが、たまに波打ち際で食ってくることも。

すぐそこの波打ち際にも魚は潜んでいる。

時期によってはお宝ゾーンで(特に産卵期)、レンジバイブならなんでも使えるけど、ちょっと有利にしてくれるのが「ギラバイブ」

波打ち際のチョイ先に投げて沈め、ロッドを上げてリフト、そして落とす。この繰り返し。

ラインが痛みやすいデメリットはあるけど、狙って釣る面白さがある。

晩秋のキスパターンで「エフリードジョインテッド135S」

ジョイントルアーの肝は、「より自然のベイトに似せる」と「流れがルアーを動かしてくれる」の2点。

波だぱだぱのサーフだと、あっちこっちに動くため扱いづらい。

離岸流など均一の流れでこそ輝くタイプ。

そのため使い所が限定されやすく、シリーズ物では人気がなかったほう(100mmなら需要があったろうけど)。

 

台風シーズンが過ぎた晩秋辺りは、凪続きで波も穏やかだし、ベイトも大型化していく。

ジグもだめ、ミノーもだめ、シンペンもだめ。じゃあ何で釣れるんですか? ってタイミングでこそ使うべきルアー。

ジョイントルアーとしては安い部類だから、冬シーバスのビッグベイト代わりにする選択肢もある。

いつでもどこでも「エフリードメタル」

サーフといえばメタルジグ。飛距離もあるし沈むしで、どれも使いやすい。

「エフリードメタル」は平べったい形状で、ただ巻きするだけでウォブリングしてくれるから使いやすい。わりと浅い箇所も対応できる。

こういうジグは下手に動かすより、巻いて止めるくらいでいい。

冬季はグリーン系の実績が高かったりする。

季節ごとに向いているエフリードシリーズのまとめ

毎度6種類を持ち歩くのが手っ取り早いが、「時期で絞るなら」こんな感じ。

 

季節高 ←  (優先度)  → 低

[90S][バイブ115][92SR][ギラバイブ]

90S][メタル][92SR][ギラバイブ]

[90S][ギラバイブ][メタル][バイブ115]

[バイブ115][92SR][ジョインテッド135][90S]

 

ヒラメに限れば、サイズ問わずに釣れやすいのが「春~秋」。サイズを狙うなら「冬~春」。

それを狙っていれば、コチは副産物みたいなもの。釣れやすい時期もほぼ同じ。

低活性の冬から春は気づいてもらえるルアーを使うこと

極論をいえば、魚さえいればルアーはなんでもいい。

ベイトからのゲーム性を優先させると、冬季は自然と大型のルアーになってしまう──だけの話。

こういう時期は、エフリードバイブ115を使い、ボトムを小突く感じでゆっくり誘うのが効果的。

高活性になる初夏から秋は早く巻いても底をキープできる物を

高活性こそ、リップ付きミノーの本領が発揮される。

その理由は「リップ無しよりは、早巻きでもレンジキープが可能になる」ところ。

90Sはボトム付近のレンジキープが優秀なので、魚の数と活性に合わせて巻く速度を変えるだけでいいからラク。

そういう時期はHSミノーとメタルジグでだいたい完結できる。

 

都合でデイゲームしか出来ないのなら、92SRやバイブで瀬の周辺を点で探ること。

宝物探し感覚でランガンする楽しみもある。それは体力作りにもなるし、意外と人が少ないメリットもある。

サーファーとアングラーでごった返す週末とマヅメより、平日に有給とってのんびりサーフ散策はおすすめ。

サーフルアー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生