「テイルスラップ75S」で近距離のスレシーバスを釣る!

小型のジョイントルアーは「バチパターン」でよく使われる。

それはそれとして、「渋い時」「スレたと感じる時」でも十分効果を発揮します。

 

ベタ凪でどうにも食いそうもない時、『テイルスラップ』はキチンを反応を出してくれました。

スポンサーリンク

ジョイントルアーはなめらかなアクションが売り

ジョイントルアーは魚本来の泳ぎに限りなく近いルアーのひとつ。

ワームに負けるのは全体の柔らかさ。”泳がさなければ意味がない”時点で、それよりは劣ります。

 

ジョイントルアーが演出するのは「普段通り泳いでいる小魚」です。

流れがない場所で泳ぐ魚は、体を波打たせて真っ直ぐ進む。ちょこちょこ動いたり、流れに逆らう時はヒレを使います。

普段どおりは、一番油断している時、といえますね。

 

ルアーは大型になるほど魚の動きからは遠ざかるし、遅いリトリーブでは棒が泳いでいるだけになってしまいやすい。

その中間に関節(ジョイント)を入れると、上下からはうねうね動くように見える。すると遅いリトリーブでも波動を出してくれやすいから、魚の不信感が薄まる──と考えられている。

 

ジョイントルアーの利点は、巻かなくてもアクションしてくれる点。

そのため流れのある河川で使われることが多い。──サビが天敵なのもあるけど。

バチパターンに向いているのは”うねうね動く”から。

『テイルスラップ』は珍しい小型のジョイントルアーであり、バチっぽい動きはちゃんと演出してくれます。

スポンサーリンク

テイルスラップの飛距離とアクションについての雑感

泳ぎについては動画を見てもらったほうがはやいかと。

 

 

 

硬いロッドじゃわかりませんが、柔らかいLの感度ならぬるぬる動いているのがわかるくらいでしょう。頭はそんなに動かず後ろを左右に振る姿は、本物の魚に近い泳ぎですね。

ただ巻き(1回転/sec)なら小魚系を、それ以下ならバチのうねうねっぽくなります。リトリーブの速度でベイトに合わせていく感じ。

 

テイルスラップは小型なので飛距離はお察し。大型が多いジョイントルアーは河川で問題なく使えますが、これだと渓流のような狭い所でしか活用できない。

そのかわり流れがほぼない湾内だと、どこでも使えるルアーになりえる。

 

ジョイントルアーは飛行姿勢が悪いので飛距離は落ちやすい弱点があります。

テイルスラップも例外に漏れず、軽さも手伝って有効範囲は近距離。ぶん投げて使うよりも、30m以内のピンポイントを通したい時が向いています。

ティップが柔らかいバチ向けロッドがキャストに最適。

ローテーションに入れるためには、ロッドを選ぶ必要がある

テイルスラップは「約6g」と軽く、使いやすいロッドも限られます。

ロッド1本でいろいろやりたいのがシーバスゲーム。数グラムから30g近くまで使用したい万能さが欲しいところ。

これを使いつつ20g超も両立させたいなら、「MLモデル(ミディアムライト)」が無難かと。

 

手に入れやすさでオススメだと、「ディアルーナS806ML」「クロステージ862L」あたり。どちらも20g以内のルアーであれば満遍なく使えるようなモデル。

柔らかめのロッドを使うメリットは、軽いルアーを扱いやすいのと、バイトの食いこみがいいところ。

デメリットは魚が大きくなるほど苦労すること。シバースなら40cmくらいまで楽しめるけど、60cmを超えると浮かすのに苦労します。ウェーディングならドラグずるずるで対応できますけどね。

なので堤防や岩礁帯など、足場が高かったり障害物が多いところには向いてません。

ありがとうテイルラップくんの回

最も役立ったのが”この回”です。

「ベタ凪+小魚が見えない=釣れる気がしない」の状況で、やれるだけのことをやってダメだったのに、テイルスラップを使ったら数投で魚を連れてきてくれました。

別記事でも書いてますが、フックは大きめのシングルに変えておくほうがいいです。

標準のトレブルはシーバスなら30cm以下がメイン、メバル相手ならそのままでも十分ですけどね。

カラーも多いけど、夜間なら透過タイプで白っぽいものを。日中使うなら暗い色がいいはず。

バチパターンを想定しているので、透過タイプが多めなのもいいですね。

ルアー
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました