着るだけ防虫!ワークマンの防虫コーデはコスパ良!

着るだけ防虫!ワークマンの防虫コーデがコスパ良すぎ

夏のアウトドアの大敵は虫たち。

すっかり釣りアウターに定着したワークマンから、夏の防虫アウター(パーカー)と長袖シャツが発売中! これで夏の夜釣りは虫に悩まされなくなるかも?

スポンサーリンク

ワークマンの防虫コーデは値段が相変わらずバグッてる

現在発売されている防虫素材コーデは3種類。

機能面は防虫の他に、防風で風が強い登山でも使えるし、UVカットもあって真夏のアウトドアで使うことが想定されています。

防虫素材は繊維に虫が嫌がる成分を編み込んでいるため、素材に虫が寄り付かない仕組み。……なので、肌を丸出しにしていると狙われるので注意。

購入はお近くの店舗か、オンラインショップで!

商品点数約10000点、作業用品の総合ショップ
店舗受取なら送料・手数料無料!
ワークマン

※素材が防虫なだけで肌を晒すと普通に刺されます

公式の商品紹介ページにも注意書きがありますが、服に虫が寄らないだけで、刺されないとはいってません

夏の夜釣りは虫が気になります。特に草木が多い河川沿いでは、服にまとわりつく虫が厄介になります。

その経験があれば、服に虫が寄り付かないこと素晴らしさがわかると思います。

防虫素材はどんなのがあるの?

防虫素材のメンテは簡単。汚れたら洗うだけで構いません。簡単でありがたいですね。

素材についてある程度詳しく補足すると、ワークマンの防虫素材で採用されているのは、「DIAGUARD(ディアガード)」と「PARAL(パラール)」の2種類。

防虫加工は2通りのやり方があって、繊維にあらかじめ忌虫成分を付加する方法と、完成品に表面加工をすることで処理する方法があります。

https://www.mcf.co.jp/service/diaseries/diaguard.html

DIAGUARDは植物由来を主成分とした防虫加工。高い抗菌性と優れた洗濯耐久を誇ります。繊維に加工が施してあるため、洗っても簡単に効果が落ちないし、服の全体がムラなく効果を発揮します。

https://www.jcfa.gr.jp/about_kasen/katsuyaku/29.html

PARALは完成品に塗布するタイプ。忌虫剤が入ったマイクロカプセルを吹き付け、繊維がそれを取り込むことで効果を発揮するタイプ。頻繁に洗うと効果が落ちやすいかもしれませんね。

素材の特性から、特殊なメンテナンスは必要ありません。ただ普通に、汚れたら洗えばいい。簡単でありがたいですね。ワークマンの手掛ける虫対策ウェアは、ウェブ上でも特集されていますので、こちらも参考にしてみてください。

ワークマンの防虫対策ページ

ウェア・アパレル
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生