最小サイズのスプリットリングを開けるプライヤーはあるの?

淡水の釣りに手をだしてから、地味に困ったことがある。

スプーンのスプリットリングが小さすぎて、ソルトで使えているプライヤーの先が入らねぇ……」……う~んこの童貞感。なんだか自尊心がキリキリするが、爪で開けるのが苦手なので、より小さい物を使うしかない。

最小サイズのリングを開けるリングオープナーください!

スポンサーリンク

最小サイズのリングを開けれるリングオープナー

最小サイズのスプリットリングがどれだけ小さいかと例えれば、爪楊枝が通るか通らないかのサイズです。外で落としたらまず見つかりません。

ソルトルアーに使うリングは大きく、プライヤー兼オープナーで簡単に開きますが、淡水の小型スプーンに使うのは、その先すら通りません。……これで困ったわけです。

──で、極小でも開けれる物を探した結果、ベルモントのリングオープナーが最適でした。

リングオープナーというか……これピンセットやん?

でもこのくらいじゃないと開けれないんですよね。世の中ってざんこく😰

リングオープナーは便利だけど難点もある

リングオープナーは数あれど、スプリットリングの大きさもピンキリ。そのため私のように、”使えない”場合もあります

今は多くのプライヤーの先端がオープナーになっています。リングを開けるには、それが輪っかを通る必要があります。なのでリングが大きくなる分には支障がない、けれども小さいのを使う淡水は、使えなくなることが多くなります。

まあそれでも、先端を細くすればいい話──

それならプライヤーの先端を削ればいいですよね? でも金属を細くすると弱くなってしまいます。なので今度は、「プライヤーとして使える強度なの?」という問題が発生します。

ひとつで全てを賄えるほど、この世は上手くできていませんよね……。

オープナーはフレッシュとソルトで使い分けるのがベスト?

──のように、ソルトとフレッシュで使われるスプリットリングは、大きさに違いがあります。だから2サイズのオープナーを使い分けるのが最適解です。

あらかじめ知っておかないと、私のように現地でアワワしちゃいます。

スプリットリングの大きさ

とはいえ、小型だからこそ自力で開けることも容易い!

リングは爪で開けることもできます。そんな豪も居ますが、爪を傷つけるので推奨はしません。大きいのは硬いし、余計に力が必要ですからね。

スミスのリングプライヤーは先端が細いので、フレッシュとソルトどちらも対応しやすいです。その分、大型の魚からフックを外したりするのに苦戦しますけどね。

なかなか”万能”はないものです。

タイトルとURLをコピーしました