「スイッチヒッター65S」は釣れる要素しかない

「スイッチヒッター65S」は、同サイズ&タイプで比べれば、おそらく最強クラスの飛距離。

スローで巻いても十分動き、フォールで食わせるらしさも兼ね備え、小型ベイトにも対応できる……。

欠点を探すほうが難しいルアーですね。

スポンサーリンク

予想の先に着水するスイッチヒッターの飛距離性能

6cm台のプラグ系は、飛距離は盛ってもせいぜい50m前後。

ウェーディングやボートに使うなら十分です。

でも季節で生息地が沿岸だったり外洋だったりと、移り変わる「シーバス」を追うには、飛距離があったほうが有利(というか楽)。

 

それならあらゆる状況に対応できる、万能なルアーを忍ばせておきたいところ。

ある程度の経験があるなら、万能なルアーは意外と少ないと気づきます。

 

今回の推しルアーである「スイッチヒッター65S」は、65mmの小型ながら平均飛距離は65m

空力とアクションを両立するフォルムに、13gの十分なウェイト。

カタログスペックだけでも、「これは飛ばないほうがおかしいだろう」と。

8cmのシンペンの後に投げてみると、先程より先へ落ちるため「あれ?どこ落ちた?」となった。

 

カタログで「平均65m」はウソじゃなかった。60mは余裕で飛んでくれる

飛距離重視のタックルならば、70mも視野に入る飛びっぷりには正直驚く。

DAIWA : モアザン スイッチヒッター - Web site
小沼正弥監修モデル。コンパクト&高比重のぶっ飛びシンペン。

上のレンジを引けて飛距離もあるから使う場所を選ばない

 

 

スイッチヒッター65が最もハマるのは河川と干潟。

磯とサーフはメインよりもフォロー寄り。

水深がある堤防でも、表層にベイトがいたりボイルがあるなら使っていきたい。

 

65mの飛距離は、陸っぱりであれば、足りないと感じることはまずない

固定重心なのでロッドの調子に左右されず、13gの重すぎず軽すぎずのウェイトは、あらゆる構成で安定した飛距離を叩き出してくれるはず。

ロッドを選ばないから、好きな場所で使えますね。

シンペンの弱点を補うため、深場はレンジバイブとセットで

シンキングペンシルの弱点は、水深があるポイントを攻めきれないこと。

「水平フォールするからいいじゃん?」と思うかもしれない。

でも深く沈めるほど、巻き上げで真上に向けて上昇します。

そのため点で落とすことは向いているが、横に線を引くように通すのが難しい

 

浅場を遅く引けるのがシンペンの利点、だが速く引くことで反応を得やすいことも。

これだけじゃなく、アレもコレもと用意しておくほうが、攻めるバリエーションが広がり、ポイントに左右されないルアー選択も身についていくことでしょう。

スポンサーリンク

スイッチヒッター65Sの弱点は風と不安定な流れ

ポイントをサーフに限定すれば不利な点が多くなる。

 

 

波が高いと13gぽっちじゃ、ボトムはとれない(120Sでも微妙だった)。

上層を引けて、緩く沈むのが特徴だから、波が高めの状況には向いていない。ベタ凪なら活路はあるでしょう。

荒れている時はリップ付きのほうが有利です。

自由度が高いから使っていて楽しいルアー

ロッドを振ればそれに応えて飛んでくれるし、なんだか「85S」よりも動く感じがする。

スイッチヒッターは65Sになって、他の85Sと120Sよりも、扱いやすいルアーになったと思う。

でかいベイトが基本の冬季は、留守番することが多くなるでしょう。

表層ベイトがぴちぴちしている春から秋は、忍ばせておきたいですね。

 

干潟のウェーディングなら、これと12cmのFミノーに、7cm前後のレンジバイブがあれば、大抵の状況で魚が引き出せるんじゃないかな。

このサイズで70m近く飛んで、ゆっくり巻けるルアーは、ホント貴重ですよ。

ルアー
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

気に入ったら
「いいね」お願いします!
更新情報はこちらでも

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生