同クラス対抗飛距離決定戦!飛ばないルアーを飛ばす技術

 

飛ばないルアー代表”ロウディー”を遠くへ投げるのにはコツがいる。

それはロッド次第なんだけど、あえて向いていないロッドを使い、なるべく遠くへ飛ばす術を模索し続けてはや半年。

昔から「飛ぶ」といわれるルアー達(アサシン・フライヤー)に勝てる見込みが出てきた気がする。

 

そんなわけで、同サイズ同クラスながら性質が異なる3種類のルアーで、なるたけ遠くに飛ばす方法を模索してみた。

 

スポンサーリンク

出場選手の紹介

 

・サイレントアサシン140F(23g)|SHIMANO

・ロウディー130F(22g)|JUMPRIZE

・タイドミノースリム140Fフライヤー(21g)|DUO

使用タックル:ディアルーナXR S1006M・AR-Cエアロ4000HG・PE1.5号

 

サイレントアサシン140F(平均70m程)

発売から現在まで不動(?)の飛距離厨御用達ルアー

万人が扱いやすいが、ボディが大きいとAR-C重心移動の恩恵があまり無い気がしないでもない。

 

ロウディー130F(平均50~60m程)

飛ばねぇルアーは釣らせるルアーだ。

フローティングミノーの中で最も飛ばしにくいとされるルアーで、評判よりも場所を選ぶため大衆受けせずマニアが多い。

 

タイドミノースリム140Fフライヤー(平均60~70m)

過去から現在までサーフルアーの王者。

”飛ぶ”と有名だが、古より伝わるルアーの実力はタックルが進化した現在も通用するのだろうか。

 

ーーーーー

丁度いいことにサイズと重量がほぼ一緒。その中でも”飛ぶ”と”飛ばない”を選び、重心移動システムも異なる組み合わせ。

これら全て、実はほとんど同じ飛距離で投げれますが、それぞれ向いている投げ方があります。

 

後ろに振るオーバーヘッドキャストではAR-C製品に分がある

 

ロッドの反動を使うオーバーヘッドキャストでは、AR-Cのようにウェイトが「スコン」と素直に動くほうが、軽い力で遠くに飛ばしやすい。

ある意味、楽に投げれるともいう。

「重いルアーはタラシを長くしたほうが飛ぶ」といわれています。でもAR-Cルアーは後ろに振りぬき反動を使う場合、タラシは短い(1m以内)ほうが安定して飛ばせると実践で結論付けました。

 

タラシが短いとロウディーは、どうしても飛行姿勢がブレるため、せいぜい50m近辺止まり。

タイドミノースリムは安定して飛ぶ──目立った欠点がないんだよなぁ。

 

図体が大きいルアーは静止状態から振りぬけ!

 

アサシンでは大差ありませんが、タイドミノースリムロウディーでは、この方法が最も飛びます。

……が、いかんせん風が強い時はやりにくい。

 

 

図にするとこんな感じ。

 

タラシは2m程取っていて、ロッドは2時の方向から振りぬく。

ペンデュラムキャストに近いといえば近い。自分より後ろにルアーが行って、ロッドに重みが乗ったなーってとこで一気に振りぬく

この場合はスイングスピードが物をいいます。

 

PE1号だと高切れチャンスがあったので全力が出せなかった。今回1.5号に変えてタックルを信じて振りぬいてみたら、驚くほど飛距離が伸びた。

ロウディーが飛ぶミノーのリアフックに引っかかった感じである。

 

疲れず手返しよく重いルアーも投げれるペンデュラムキャストのコツ
サーフルアーやショアジギングは、重いルアーを長いロッドで投げるため、けっこう疲れやすい。 それを助けてくれるのはタックルの性能ですが、キャスティングも重要です。 重いルアーを楽に遠くへ...

 

でもなんだかんだ個人で模索した結果──、結局の所行き着いたのは”井上キャスト”だったという。

飛びにくいミノーを最大限飛ばすには、初速を出すことが重要なため、これが最も飛距離が出ると感じました。

 

 

この投法は”ロッドの張り”が重要となります。

シマノのロッドは張りがある方なので出来ます。ダイワのロッドではモデルを選ばないと同様のことが出来ません。例えばブランジーノの104MHならいいけど、サーフモデルの1010MMLではフニャるので向いていません。

 

ロッドは長い方が飛距離が伸びる、といわれていますが──

9ftならまだ許容範囲で、それより短いロッドでは投点が低くなってしまうから、飛距離は思ったより短くなる。投点を上げると風に煽られ失速しやすくなるし、遠くに飛ばすためには長いロッドを使うのがやはり向いている。

1ft短くなるにつれ、10m近く飛距離が落ちていく感覚はある。

12ftクラスのヒラスズキモデルを拝借して投げたことがありますが、ロウディーでも70mは軽く飛びます。

それに伴い他のルアーも飛ぶので結局の所はイタチごっこなんですけど……、リリースポイントが高ければ高いほど、キャストの初速を上げれば相対的に飛距離は伸びていく

 

おもしろいことに、タラシを2mくらい取った後ろに振りぬくオーバーヘッドと、1m以内の同条件では、プラグのタイプにより飛距離が変化するんですよね。

重心が移動するタイプはタラシを短く、移動しないタイプは長いほうが飛ぶと思います

ロウディーでも10ftクラスのロッドなら、タラシを極力短くして、ロッドの反発だけの軽い力でも50m近くは飛びます。

これを正しく真っ直ぐ飛ばせるようになると、他のミノーを飛ばす実力も勝手に備わるかと感じるおもしろいルアーです。

 

テクニック
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さしし@釣りしたいマンをフォローする
とある浜松アングラーの一生