「サーフルアーは飛距離が重要!」でも実際どのくらい欲しいの?

サーフルアーは空前の飛距離ブーム。「よく飛ぶ!」「圧倒的飛距離!」などの宣伝文句ばかりで、飛距離厨が増えました。

「だって遠くに飛ばす方が有利でしょ?」

そう言われていますが、確たる理由はあるのかい?

スポンサーリンク

サーフルアーに飛距離が求められる理由

サーフに飛距離が求められるのは、そこに波打ち際があるから。

だってそこはメチャ浅いじゃないですか。波が押したり引いたりして砂が巻き上がる浅瀬に、ヒラメがびっしり居ると思います? なら網で掬えばいいじゃないかってなるでしょ。

この波打ち際ですが、遠浅だと20mまでにフラットはほぼいません。急深ならその限りじゃないですけどね。

飛距離が必要なのは、その区間を超える必要があるため。だから最低でも50mは飛ぶルアーが欲しいところ。そうすれば、約30m分を探ることができます。

距離が増えれば増えるほど、広範囲を探れるからチャンスは増えます。だからサーフルアーには飛距離厨が多いわけですね。

サーフルアーで最低限必要な飛距離は50m以上

サーフ向けのタックル使用にルアーなら、50m以上はだいたい飛んでくれます。

サーフの安全な立ち位置は、波が足に当たるか当たらないかくらい。1mの波が遡上する距離を考えると、遠浅サーフだとそこから20mは魚がいないと思っていいです。

まあ少なくとも”そこ”を超えればいいわけですが、ワーミングはとりわけ飛ばないので、条件を満たしにくい場所も多々あります。

経験から一番釣れる区間は30~60mと感じている

魚は地形変化に着く習性があります。

サーフに隠れる場所はあまりないですが、波が高くなる箇所だったり、一部浅くor深くなっている所が”変化”に値します。

それが形成されやすいのはだいたい40m前後。理由は潮汐による海岸侵食で、砂浜は斜面だから、潮汐によって海岸線の位置が変わります。満潮だと30m先で波が起きる状態なのに、大潮だとそこまで砂地が露出する──なんてこともあります。

釣れやすい区間を30~60mとしたのは、経験上そこでバイトすることが多いからです。

それは何故かの理由は、干満で形成される地形の頂点であることが多いために至りました。

波が高いほど沿岸は砂が巻き上がるため、近場から魚は離れてしまいます。だからこの時は60mは必要ですね。穏やかだと足元で釣れることもあるし、30mもあれば充分です。

でもどちらかに特化する必要はありません。余計なこと考えず、とりあえず遠くに飛ばそうの考えが、最も効率がいいといえます。

スポンサーリンク

50m飛ぶルアーは普通。100m以上は条件がある。

ルアーの飛距離は使用するタックル(主にロッド)、アングラーの腕に左右されます。でも簡単にそれを達成できるのがタックすルセットの役目。

ただし、100m以上飛ばしたいなら条件があります。

  • 飛距離重視のタックルセッティング
  • 空力と重量バランスを考えたルアー
  • アングラーのキャスティングテクニック

サーフルアーで推奨される「10ftのロッドにPE1号」で飛距離は”普通”。飛距離に特化させるなら、ラインを細くするのが手っ取り早い

ルアーは空気を切り裂くフォルムが飛びやすい。後方重心なら飛行時のバランスもいいため、これらの相乗効果で飛距離は伸びます。でもメタルジグなど、細くて重いルアーを使うほうが手っ取り早い

100mを狙うルアーの重量は、メタルジグなら25gくらいから可能。固定重心のシンキングペンシルなら、大きさにもよるけど30g以上ですかね。

ミノープラグはどれだけ重くしても、図体が大きくなり抵抗を受けやすいため、どんなに頑張っても90mが関の山です。ショアで使う60gとか使うなら別ですけどね。

100m近く飛ばせるFミノーのおすすめ

よく飛ぶミノーの代名詞といえば、シマノのサイレントアサシンシリーズ。その中でも屈指のバランスを誇る「129F」は、邪魔な障害物がないサーフでこそぶん投げれます。

70mは簡単、飛ばせる人なら90mも視野に入ります。

ダイワの「バーティス120F」は飛距離重視のミノープラグ。アサシンには負けるけど、値段の安さではこちらが上! 70m近辺は安定だけど90mは厳しい。

ジャクソンの「サーフグライド」は、名の通りサーフで飛ばすために産まれました。

130mmサイズながら23gと、「90m飛ばしつつシャローも攻めたい!」そんな欲張りルアー。活性が高めな春シーズンに合うでしょうね。こちらでも紹介しています

Fミノーで100mを飛ばせるなら、キャスティング技能の世界選手権に出てもいいんじゃないかなと思います。

タイトルとURLをコピーしました