サーフで飛距離は重要!でも実際どのくらい欲しいの?

 

サーフルアーは「よく飛ぶ!」「圧倒的飛距離!」「ヤバイ!(適当)」と空前の飛距離ブーム

「いやいや、普通に考えれば100m飛ばした方が有利でしょうよ」と思うので、ソレに関して特にツッコミはないんだけど……、ただ闇雲に飛ばしているだけじゃね? とも。

そこに理由はあるのかい?

 

ことサーフにおいては、波打ち際から投げるのが当たり前。

その部分にあたる10m程は無駄な範囲になるから、「基本の飛距離+10m」が必要になり、とにかく飛ばしたほうが有利に働く。

 

飛距離は重要だといわれているけれど、実際どこまで投げればいいかは語られにくい。

なので、どのくらい投げればオイシイのかまとめてみました。

スポンサーリンク

サーフは足元で釣りをするわけじゃないので飛ぶルアーが有利

サーフで使うことを想定されているルアーは、「50~100m」は飛ぶと思ってくれていいです。

冒頭でいったように、波が海岸線を遡上してくる範囲は「釣りをする必要がないエリア」みたいなもの。大半の方はウェーダーを着けて、波が足に当たるか当たらないかの立ち位置でしょう。

そこから魚の居る位置に投げる場合、沈めてからアクションさせる区間も鑑みて、最低20m以上は投げたいところ。

 

おまけに、サーフは横に広いだけじゃなく、前はさらに広大です。

そのため、「遠くに飛ばすほど魚に出会えるチャンスは増える!」──ってわけ。

 

50m以内であれば、大抵のルアーは条件を満たします。それは5g以内の小型スプーンでも可能。

波打ち際でナブラがぼこぼこしているなら、その距離でも済みます。でもそんな状況、1年に1回あるかないかだし、出会うとなれば奇跡の確率になるでしょう。

 

ようは遠くに飛ばすほど、魚に届くエリアが増えるわけで、相対的に「出会う確率が増える」ことになります。

それだけ「他より飛ばせる」ことは武器になるわけですね。

でも満潮時の飛距離は短くてもいい

満潮時からの下げ潮はヒラメにとって最適なタイミング。

干潮時のブレイクライン(ほぼ足元)が狙えるので、30mも飛ばせれば十分。このタイミングならワームやレンジバイブで、底をネチネチ攻めるのが効果的。

飛距離が要らない場合は、飛びにくいけど釣れやすいワームが有利です。

干潮時に必要な飛距離は多くなる

地形が露出するため、ピンポイントで狙うには最適なタイミング。

満潮時には届かなかった箇所に届くこともメリットの一つ。50mも飛ばせば本来のブレイクを満遍なく探ることができます。

でも一番遠いブレイクにも届く可能性があるので、この時は100m飛ばせる何かが欲しいですね。

遠くだけじゃなく足元も忘れないデネ?

盛期は足元で食ってくることが多い。

そこにたまたま居た場合と、波打ち際まで追ってきて食った場合の、2種類の状況が考えられます。

 

盛期の高活性下では、波打ち際を歩きながらルアー通すだけで食うこともあります。とはいえ、そんなシーンは最盛期でも稀。

ドン深のような波打ち際先が一気に2m以上あるようなポイントなら、足元に居着くことも多い。

こういう場合は、斜めにキャストして段差を舐めるように引いてくるのが有効。

ただメインラインが砂に当たりやすく、痛むのが早いのが難点です。

50m以上飛ばすならウェイト固定で10g以上、ウェイト移動なら15g以上で

固定重心のルアーは飛ばしやすく、10gくらいでも50mは飛ぶ物がほとんど。

これは樹脂製の「レンジバイブ」「鉄板バイブ」「シンキングペンシル」が該当します。

最近のルアーは飛ばしやすいので、よっぽど軽い物以外は、普通に50mは飛ばせます。

 

重心移動するタイプは、10g以上なら平均して50m以上は飛ぶ! ──とされている物が大半。20g以上なら100mが視野に入るレベル。

9cm台の重心移動ミノープラグでは、「サイレントアサシン」「バーティス」が飛びやすい。

 

重心方式がどちらであろうと、強風下では重いほうが飛びます。

それを加味して”よく飛ぶルアー”は、「25g~ 90mm~」の条件なら、大抵70mくらいは飛んでくれます。そこからプラスできる飛距離は、腕と道具に頼ることに。

「ルアー よく飛ぶ」でグーグル先生に聞いてみて、色々な意見を参考にしてみるのが導入するには心強いかと思います。

 

 

干潮時にはこれがサーチ用に向いています。干潟のウェーディングにも使えてオススメ。

サーフルアー
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さしし@釣りしたいマンをフォローする
とある浜松アングラーの一生