サーフルアーは飛距離が超重要!?ならどのくらい欲しいの?

サーフルアーは空前の飛距離ブーム!

「よく飛ぶ!」「圧倒的飛距離!」など売り文句が目立ち、「だって遠くに飛ばす方が有利でしょ?」と盲目的な飛距離厨も増えている──。でも飛ばすだけで釣れるなら、苦労はしないんだよなぁ。

スポンサーリンク

サーフルアーに飛距離が求められる理由

サーフに飛距離が求められるのは、フィールドが広すぎるから。

砂浜の先は大海原。100m飛ばそうが”向こう岸”には届かない。波打ち際は浅く、魚が居そうにないし実際居ない……。近い距離ほど魚が居る可能性は低いのがサーフ。だから波打ち際よりもさらにさらに先へと投げたくなる。釣れる可能性を高めるためには、少しでも遠くへ投げるほうが有利になるのは違いない……。

とはいえ、今のサーフ向けのルアーで70mも飛ばない物は存在しないくらい

ルアーの飛距離は道具よりもアングラーのテクに比例する

飛距離に関しては、タックル構成や使うルアーなどの”道具”に寄ると思われがち。

でもよく考えてみてください。どんなに良いタックルを使おうとも、投げ方を知らない人がカタログ通りの数値を出せるわけがないでしょう? 100m飛ばせるタックルはごろごろありますけど、全力で「ビシィッ!」と振ってそれなのに、「ふにゃぁ……」とへっぴり腰で100m飛んだら怖いでしょ。

商品に「○○m飛びます!」とあるのは、雑誌で紹介されているようなタックルで、それなりにキャスティングが上手な人が”無難”に出せる飛距離のこと。──ここを勘違いすると、飛ばないじゃないかクソとつぶやくクレーマーになってしまいます。

ルアーの飛距離はアングラーの腕次第。はい復唱。

サーフ必要な飛距離は最低でも50m以上は欲しい理由

サーフルアーのタックル構成で、20g以上のルアーを使うなら……50m以上飛ばない方がレアです。

飛ばない理由があるとすれば、キャスティングがめちゃくちゃ下手か、ルアー自体がクソデカすぎて空気抵抗受けまくりか、向かい風20mある馬鹿げた状況──とかですかね。最もスタンダードな「10ftロッド・PE1号・ルアー20g」の構成なら、プラグで60m、ジグなら80m超行けます。

”最低でも50m以上の飛距離が欲しい理由”は、釣れる可能性が低い区間を避けるため。

サーフでキャスティングする際、あなたは足元にかかる程度の波打ちに立ちますよね? そこから先にある海の部分すべてに魚が居る可能性はあるけど、浅い部分がしばらく続くし、実質的な釣れる区間は「20~50mの範囲」です。

経験から一番釣れる区間は30~60mと感じている

魚は地形変化に着く習性があります。サーフにその場所は無いように思えますが、波が高くなる箇所だったり、一部浅くor深くなっていたり、離岸流があったりする所が「変化」です。

それらが特に形成されやすいのは、だいたい40m前後。波が砂を積み上げるから、砂浜は斜面になりやすく、干満(潮汐)によって高さが変わります。満潮時は干潮の時に作られた海岸線が沈むので、これが馬の背になったり、ちょっとした変化を砂浜にもたらしています。

ようするに、魚が居やすい砂浜の変化は、30~60mの範囲によく出現するということ。

今までの経験上、バイトが多いのもこの区間。100m飛ばそうがアタリは30mくらいで発生しやすいから、70m多く飛ばす分だけ無駄な労力……とも感じてしまいます。

スポンサーリンク

50m飛ぶルアーは普通。100m以上は条件がある。

ルアーの飛距離は使用するアングラーの腕に左右されます。誰でもより簡単に達成できるのがタックルセットの役目。ただし、100m以上飛ばしたいなら条件があります。

  • 飛距離重視のタックルセッティング
  • 空力と重量バランスを考えたルアー
  • アングラーのキャスティングテクニック

簡単に飛距離を伸ばしたいなら、メインラインを細くしましょう。PE1号から0.8に変えるだけでも変わります。太くするほど摩擦抵抗が増えるし、ライン自体も重くなるから、飛距離が落ちやすいんですよね。

100mを狙うならルアーの選択は重要。メタルジグなら25gくらいから可能です。固定重心のシンキングペンシルなら、大きさにもよるけど30g以上ですかね。ミノープラグはリップが抵抗になるため、どれだけ重くしても、キャスティングが上手くても、90mが関の山。ノンリップなら少し有利になりますし、ショアで使う60gとかなら別ですけどね。

80mは飛ばせるFミノーのおすすめ

よく飛ぶミノーの代名詞といえば、シマノのサイレントアサシンシリーズ。その中でも屈指のバランスを誇る「129F」は、邪魔な障害物がないサーフでこそぶん投げれます。70mは簡単、飛ばせる人なら90mも視野に入ります。

ダイワの「バーティス120F」は飛距離重視のミノープラグ。アサシンには負けるけど、値段の安さではこちらが上! 70m近辺は安定だけど90mは厳しい。

ジャクソンの「サーフグライド」は、名の通りサーフで飛ばすために産まれました。

130mmサイズながら23gと、「90m飛ばしつつシャローも攻めたい!」そんな欲張りルアー。活性が高めな春シーズンに合うでしょうね。こちらでも紹介しています

Fミノーで100mを飛ばせるなら、キャスティング技能の世界選手権に出てもいいんじゃないかなと思います。

タイトルとURLをコピーしました