「魚が釣れなかった=ほげるorホゲ」の由来を真面目に考えてみる

昔から魚が釣れなかったことを「ボウズ」といいます。ところが、ナウでヤングなルアーフィッシング界隈だと、ノーフィッシュを「ほげる」「ホゲた」といっていることに気づく。

(この違いは何だ……?)そもそも”ほげ”ってなんだよ……。

そのままでも何となく意味は通じるけど、そもそも何故その言葉を選んだのか、気になります。というわけで由来について真面目に考えてみました。

(※2019年8月21日に加筆修正しました)

スポンサーリンク

「ほげる」って一体なんなんだよ……

まず”ほげる”のルーツを探るにあたり、同じ意味を持つ釣り用語の「ボウズ」から探ることにしましょう。ちなみにボウズは「釣果が無いこと」を指します。同じ意味で使う「オデコ」もあります。

そもそもボウズの時点で髪はあるじゃ────ハッ!?(閃き)

ほげるに繋がる「ボウズ」の語源考察

  • 魚っ気がない→つるつる坊主→ボウズ
  • 釣れないからストレスがたまる→毛根が死ぬ→ボウズ
  • 釣果がない→ゼロ→髪がない→坊主

ボウズの語源に関しては、おそらく”無い”から連想されたのが、頭髪のないつるっつるの坊主からだったのではないだろうか。……どうやら「ハゲ」は、いつの時代だって淘汰・嘲笑される存在らしい。

ここで「ボウズ」がなかった場合の例文を──。

「いや~昨日は爆釣だったけど、今日は何も釣れなかったよ~」

「なんだよ、お前ハゲたのかよ(笑)」

これは喧嘩ですよ。それを防ぐために、暗喩でボウズを使いはじめたのではないでしょうか。むしろ坊サンに対する風評よ。

素直に”釣れなかった”っていえばいいと思います!

スポンサーリンク

ところで「ほげる」はどこから来たのだろう?

主観だと、エサ釣り界隈では「ボウズ」、ルアー界隈では「ノーフィッシュ」が使われます。

ルアーフィッシングは横文字連発でシャレオツなイメージが強い。エサ釣りよりも汚れにくく、魚釣りに新規参入する場合、ファッションに優れたルアーからはじめる方も多いでしょう。

その中でも異彩を放つのが「ほげる」です。

魚が掛かると「フィッシュオン!」。お帰り頂く時は「リリース」。そして釣れない場合は「ほげる」。……意味わからなくない? いきなり平仮名ぶっこんで来るし、おまけにその意味がよくわからない。Google先生に聞いて他サイトを参照しても、「魚が釣れなかったこと」だけしか書いていない。

ちなみに「ほげ」で画像素材検索して出てきたのがコレ

まさか、誰も由来や語源を知らずに使っているのか……?

でもいつから? ……いつから「ノーフィッシュ=ほげる」になったんだろう。方言? ルアーメンだけが使う暗喩? その語源を真面目に考え探求し、理解を深めていこうとする過程で、時間を無駄に浪費していると知る。

それでもいくつか絞り出し候補が挙がったので紹介しましょう。

方言としての「ほげる」

九州地方の方言で「ホゲる」を見つけました(達成感)!

その意味は「崩れる」「穴があく」などの意味で使われています。なお秋田県では「物を散らかす」の意味でほげている模様。もしかしてこれが語源なのだろうか……?

  • 釣行記録で”釣れない日”があった→記録に穴があいた→ホゲた!
  • 毎回釣れてた場所なのに今日は釣れない→予定が崩れる→ホゲる!

うん、なんだかしっくりくるぞ。

でも使っているのは九州・秋田の方々だし、地方が発信した結果、全国のルアーメンに伝播する影響力はあるのだろうか?(失礼)おまけに連続して釣果がない場合は誤用ですよね?

よし次だ次。

ゲイ言葉・オネエ言葉としての「ホゲる」

方言の後に判明したのは、なんと! ゲイ言葉としての「ホゲる」です。以下は語源の引用。

【ホゲる】
オネエ言葉や女性的な仕草などをしており、オネエ丸出しのこと。
「ホゲてる」と活用して使うことが多い。

出展|ホモだけど普通に生きてます

「釣果がない奴らは女々しい!」「だよネ、あいつらマジホゲてるよネ」……そういう会話からほげてしまったのだろうか。もしかしてルアーメンはオネエ系だった!?

というわけで、ホゲるを大衆で多用しすぎると、ノンケ以外を集める可能性があります。意味もわからずに多用するのは身を滅ぼすゾ☆

意味のない・存在しない言葉として使われる「ホゲ・hoge」

「Homepage」はネット黎明期に「ほめぱげ」といわれたり、「ぱげ=はげ」としても使用されていました。キーボードでのタイプに慣れている人ならわかりますが、「hoge」はホームポジションから打ちやすい文字で、何も考えずでもなんとなく打ってしまう言葉だったりする。

そして「hoge」はプログラム用語の”メタ構文変数”です。通常ユーザーをIDで指定する構文を作成する場合、ユーザーIDを変数に入力する必要があります。まだ仕様が決まらない状況で適当にID付けできないから、代入しても問題ない”意味のない言葉”がhogeなんです。後で置換すればいい話だしね。

  • hoge→意味のない言葉→すなわち「無」→釣果がゼロ

もしかしてルアーメン達はプログラマーが多かった?

疲労と絶望…魂が抜けそうな状態からひねり出る「ホゲ~」

アングラー達はいつだって、「釣りに行けば魚が釣れて当たり前!」と思っています。そう思っているからこそ、ノーフィッシュの言い訳を常に考えており、暗喩が「ボウズ」なんですよね。

あれこれ試行錯誤し、長い時間をかけても釣れない場合は、疲労と絶望から「こんなはずじゃないのに……」と、口から魂が出そうな時もあるでしょう。その放心した表情は……

「ほげ~」って感じでしょう?
  • 1日かけて何も釣れなかった
  • 疲労と絶望に打ちひしがれ、思わずでた言葉が「…ほげ~」
  • 第三者がそれを見かけて、「こんな過ちは二度とあってはならない」と戒めた結果。釣れなかったことを「ホゲる」と形容した?

使用例としては驚くほどしっくりくる。

私の経験だと、暑い中で一日中メタルジグ(30g)をひたすらぶん投げてぶん投げて……。結果ノーバイトだった時、こんな顔(↑)していたはずです。

スポンサーリンク

以上の考察から最も”らしい”「ほげる」とは?

そんなわけで、ほげるの語源・由来についていろいろ考察しましたけど……、一番しっくりきたのが「崩れる」「穴があく」の意味である九州・秋田の用例でした。釣果記録に穴があく意味での「ホゲる」が、最も”それらしい”と思います。

しかし誰が使って、どうして広まったのかまではわかりません……。それを辿れないってことは、私が「ほげるって何だよ」と疑問に感じるまで、アングラー達は「ほげる=釣れない」とDNAレベルで認識しており、意思疎通できていたかもしれない──と仮定できます。笑顔はどこの世界でも人を嬉しくさせるコミュ手段と同じように……。

さて、ここまで調べることで、それなりに時間を浪費してからこの記事を書いているわけですが、その自分に対してしっくりくるのが──

ホゲました。

ほげる - 釣り用語 - 釣りの総合情報サイト「ツリホウ(釣報)」
ほげ (hoge)とは|「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典
用語「ほげ (hoge)」の意味を何となく説明しています。
コラム 釣りの雑学
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました