サーフゲームの強~い味方!「ショアガンエボルブ」の賢い選び方

 アンリパのショアガンシリーズは、お財布に優しい値段でありながら、ハイエンドに劣らない性能とラインナップの多さが魅力のルアーロッド。この度、「ショアガンエボルブ」としてモデルチェンジしました。

モデルの全てを揃えれば、小さいメバルから10kgのブリまで無双することができます。一方で対象モデルが多すぎるため、初心者が選びにくい難点があります。

今記事は用途を”サーフゲーム”に絞り、おすすめのエボルブをまとめてみました。

スポンサーリンク

ショアガンエボルブはどんなロッド?

ショアガンシリーズは名の通り、ショアキャスティング向けのロッド。中でもラインナップの多さが魅力です。

ショアキャスティングで狙える魚は多岐に渡り、人気対象魚だけでも両手で数えるくらい存在します。ロッド1本で全てを狙えるのが理想ですが、”かかる魚の大きさ”だけは想定しようがありません。メバルを狙うロッドでブリを釣ることは、無理じゃないですが無謀です。

このたび「ショアガンエボルブ」に進化しました。その内容は、全モデルの強度が上がったこと、ロッドの総重量の軽量化があります。そして自社製品ルアーの性能をフルに活かすセッティングが施されている──。そのため種類が多く、どれがいいのかを選ぶのが面倒な視点もあります。

今記事のコンセプトは、「サーフゲームで使うショアガンエボルブの選び方」です。

全モデル所持すれば、ソルトゲームで困ることはありません。でも1ジャンルを追うなら、厳選する必要があります。その手助けとなれば幸いです。

遠浅からドン深までカバーするショアスロー向け|SFSGS-992・SS

モデル名SFSGS-992・SS
長さ9.9ft(2本継)
適合ウェイト20-40g
適合ラインPE0.6-2.0号
重量205g

SFSGS-992」はショアスロージギング専用のモデル。メタルジグを使ったメソッドに特化しています。

メタルジグは「よく飛びよく沈む」の特徴があり、フラットを釣るための条件が揃ったルアー。現在はただ巻きで使えるジグも増えましたが、アクションの自由度も魅力のひとつであり、サーフでメタルジグを使う人がかなり増えました。

ショアスロージギングはサーフだけじゃなく、ロックショア(地磯)で根魚を狙うにも有効なメソッド。そのやり方は次の実践動画を参考にしてください。

このロッドは太平洋側よりも、岩盤やゴロタ石が多めの日本海側や瀬戸内海向けのモデルですね。あとは長時間のシャクリに耐えられるよう、上半身を鍛えておきましょう。

ミノープラグ主体で攻略したい人に向いているモデル|SFSGS-103M

モデル名SFSGS-103M
長さ10.3ft(2本継)
適合ウェイト10-35g
適合ラインPE0.8-2.0号
重量199g

SFSGS-103M」はサーフルアーの基本スペックといえます。

10ft台はメディアでよく推奨される長さだし、ウェイトも35gまで扱えるなら、世にある大抵のHSミノーにメタルジグを投げることができます。

フラット相手なら申し分ないけれど、大型の青物相手ではパワー不足。ランカーシーバスと座布団ヒラメを視野に入れているくらいならちょうどよく、ゲームを無難に楽しめるロッドですね。

「今から始めたい」人にとっていい相棒になるでしょう。

ショアガンといえばフラットフィッシュエディションでしょ|SFSGS-98M+・FL

モデル名SFSGS-98M+FL
長さ9.8ft(2本継)
適合ウェイト10-45g
適合ラインPE0.8-2.0g
重量194g

ショアガンにはサーフのフラット専用モデルの「フラットフィッシュエディション」があります。

エボルブへと進化した「SFSGS-98M+FL」は、前作よりロッド重量が少し増えましたが、適合ウェイトは40gから45gになり、重めのルアーを扱うことが多くなったサーフゲームにおいて、使えるルアーの選択肢が増えました。

フラットフィッシュ専用モデルの冠は伊達じゃない。

9.8ftは万人に扱いやすい長さですし、ロッドの軽さは長時間のキャスト疲れを軽減してくれます。フラットの引きを抑え込む調子になっており、掛けやすくバラしにくい──そんな贅沢設計です。

大型青物の鉄火場で戦うための武器|SFSGS-106XXH・BL

モデル名SFSGS-106XXH・BL
長さ10.6ft(2本継)
適合ウェイト40-120g
適合ラインPE1.5-6.0号
重量369g

SFSGS-105XXH」は、ショアジギングロッドとしてはかなり上位のスペック。更に1段階上のモデルもありますが、サーフで想定しうる大型魚ならこのモデルで十分戦えます。

5kg以下はねじ伏せることができ、10kgのブリなどランカーサイズも対応できる。青物の周回シーズンなど、アングラーがひしめく鉄火場で、ど~してもその場を動かずに仕留めたい時に用意したいロッド。

ランカーハントができるのに、値段は36,000円(メーカー)という安さ。サーフだけで満足せず、ロックショアやオフショアに出る未来も考えている方におすすめ!

スポンサーリンク

これからのサーフゲームはメタルジグがメインになりそう

メタルジグは「安い!」「飛ぶ!」「小さい!」などの利点があります。砂地のサーフは根がかりの心配がないし、フラットは底べったりだから、メタルジグをボトムずりずりするだけで釣れます。

サーフで釣れる魚を二分すると、水面下から中層までの「青物・シーバス」と、中層以下の「フラット・根魚」となります。メタルジグは”レンジの自由度”が利点ですから、これ1本でサーフで釣れる可能性のある魚を全て釣ることができます……理論上は。

ではなぜロッドの種類がこんなに多いのでしょう?

ルアーは重量があるし、それがレンジコントロールの要です。魚の大きさも千差万別だし、全国どこも同じ地形ってわけでもない──。だからある程度、狙う魚が釣れやすいポイントに特化させる必要があります

ショアガンシリーズはショアで狙える魚ごとに細分化されているため、釣りたい魚が決まっている方にとって、選びやすいロッドだと思います。

タイトルとURLをコピーしました