Jacksonの「サーフグライド」でただ巻きメソッドを楽しみたい

Jacksonの『サーフグライド』は、名の通りにサーフ向けのぶっ飛びミノー。

──なんだけど、他とちょっと違うのはフローティングであること

Jacksonのサーフ向けルアーは、ヘビーシンキングが多いので意外だった。

 

 

どんな風に使えるのかなーと妄想してみる。

スポンサーリンク

「サーフグライド」はありそうでなかったぶっ飛び系Fミノー

「サーフグライド」のスペックは以下の通り。

 

http://www.jackson.jp/lure/surf-glide-サーフグライド/

 

  • サイズ:130mm
  • 重さ:23g
  • タイプ:フローティング
  • フック:#5(3フック)
  • 値段:1650円(税別)

 

Jackson

 

HPの製品スペックにある「Not Include tax」は税別、「Quantity」は量のこと。……量はいるか?

ともかく、覚えればTOEICの点数が増えるかもしれません。

風じゃなく空気を切り抜くフォルム

ただ写真を見た時に思ったのは、「重くてよく沈みそうだなー。リップもゴツイし、ぶるんぶるん泳ぎそう」、と感じた。

次いでスペックを見たら、「この姿で130mm23gは、やけに軽すぎやしませんかねぇ? …………あっ、フローティングだコレ」と、ようやく勘違いに気づく。

 

キス投げ釣りの「弾丸シンカー」に見えなくもない。

比較しはじめると、それにしか見えなくなってきた。

 

http://www.daiwa.com/jp/fishing/item/terminal_tackle/nage_te/f_sinker/index.html

 

30号(112g)なら200m飛ばすキス釣師もいるらしいし、ルアーもやろうとすれば、そのくらい飛ばせるでしょうね。

巻くのがすっごいダルいけど。

「空力抵抗を考えました」ってルアーは多いが

投げ釣りの飛距離選手権で使いそうなシンカーの形をしているサーフグライドは(長い)、お決まりの流線型から逸脱して、飛ぶための道具、まさにロケットのよう。

Fミノーで飛ぶ系の『ハウンド125』もなかなかの弾丸状。

 

サーフグライドは向かい風がヤバイ状況だと、焼け石に水でしょうね。

無風で飛行姿勢がよければ、90mは飛ぶんじゃない?

飛ぶFミノーをサーフで使うメリット

フローティングのメリットは、ある一定のレンジまでしか潜らないこと

 

サーフでおまけにヒラメだと、底をどうしても取りたくなる心理が働きます。だって底に張り付いている生物ですし。

でも活性が高い季節──特に春~初夏は、ベイトも表層でわちゃわちゃしているし、もともと上目がちなヒラメさんの意識が上気味になる。

 

じっと上を見てて、そこにエサが通りかかったら……体をうねらせてバクッと。

飛ぶヒラメを見ている人なら、「そういう時期はわりとテキトーなレンジで釣れるよね♪」の経験はあると思う。

 

つまり、「高活性のシーズンでこそサーフでFミノーは輝く!」……てこと。

メソッドに疲れた貴方に「……ただ巻くだけ」

それとは別に、Fミノーは一定のレンジを泳ぐルアーだから、基本はただ巻くだけ

頭カラにして、投げて巻いてを繰り返すだけで結果がくる。ボトムとってあーだーこーだがいらない。

たまにハンドルの手を休めたり、ロッドを上や下気味に構えたり。そんな些細な変化でも、レンジは変わります。巻く速度もね。

 

高活性だと早巻きのほうが好反応な時もある。

ヘビーシンキングも早巻きでは浮き上がってしまうし、意外とアクションが弱くなる。逆にフローティングは──特にサーフグライドの形状だと、ぶりぶりに動くだろうし、下手なレンジバイブより派手になりますね。

「派手=遠くから見つけてもらえる」の公式があるので、シチュによっては活用していきたい。

シャローが多い遠浅には、何も考えず巻くだけで、ベストマッチするでしょう。

ルアー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生