リリースはマナー?いやいや法律もあります

低温・低水温で釣り続けるためのウェーダーの選び方

アングラーの性分とは、一年中、釣れる魚を追うこと。

”釣れる魚”を探すコツは、生態サイクル(繁殖・成長)を学ぶことが近道。例えば冬だと、ロックフィッシュ(根魚)がメインターゲットになりやす。ただし繁殖期に該当するため「釣りすぎに注意!」と、ジレンマに悩まされます。

そのために存在するのが「マナー」であり、「共同漁業権」という法律でも定められています。

スポンサーリンク

法に縛られる漁業、無知でも出来る魚釣り

日本の漁業が水揚げ不足で悩んでいる中、魚釣りでそれが顕在化しないのは、お互いが離れて活動しているため。漁業は陸から離れて網を入れることが多いし、魚釣りは人の生活に近い活動が主です。

でもお互い対等な存在ではありません。こと”魚を捕る”に関しては、漁業の方が厳格なルールが敷かれています。それが「漁業権」。しかし魚釣りが特別自由なわけでもなく、漁業権の一部の「遊漁」に該当します。名前の通り、条件付きなら遊びの範疇で魚を捕まえてもいいよって法律。

問題なのは、魚釣りをするために必要な知識ではないこと

釣具屋で道具なりエサを購入し、水辺に行けばどこでも魚釣りが出来ます。その自由度がアウトドアレジャーたる所以──なのですが、一部で立入禁止区域や漁獲制限が存在します。

それは法律で定められているのもあるし、地域が定めたルールでもあります。”法律”の聞こえは難しく感じるでしょうけど、原理(考え方)はとっても簡単。

あらゆる人が不快に思わない決まりごと

というわけで、この記事では、魚釣りでたびたび意見がふつかりあう「ルール(法律)」と「マナー」について、どう違うのかを簡単ながら説明します。

ロックフィッシュで考える「リリースはルールorマナー?」問題

「ロックフィッシュ(根魚)」は人気の対象魚であり、冬季のメインターゲットです。

まあ年中釣れますけど……、ロックフィッシュのリリース問題が発生する起因は、成長が遅いことと、産卵期が釣りシーズンに当たることのふたつ。あと定着性があるため回遊をしません。そのため一箇所で爆釣すると、その場から数年まともなサイズの魚が居なくなる恐れがあります。

これらの理由から、冬季のロックフィッシュゲームでは「リリース推奨」とされているわけです。イシグロのHPに詳しく書かれているので参考にしてください。

「釣りすぎ注意」食べる分だけキープ。その他はキャッチ&リリースを|釣具のイシグロ |釣り情報サイト
「「釣りすぎ注意」食べる分だけキープ。その他はキャッチ&リリースを」を分かりやすく解説!わからない事がありましたらお近くのイシグロ店舗でお尋ね下さい!昭和27年創業。静岡・愛知・滋賀・岐阜で26店舗。大型釣具専門店。最新の釣り情報、セール情報、イベント情報など満載。初心者から上級者までお客様の”遊び”のお手伝いします。...

「リリース推奨」は釣り人が決めた独自ルール。ですからマナーの範疇であり、法的拘束力はありません。ちなみにリリースサイズも個人の裁量によって決められています。う~んガバガバ。

でも地域によっては、漁業権で守られていることもあるんですよ。

ロックフィッシュに資源管理措置が施されている県の例(宮崎・山口)

瀬戸内海は地磯が多く、ロックフィッシュの聖地と呼ばれることもあります。そのため漁業も盛んであり、捕りすぎによる個体減少を防ぐために、漁業権で明確なルールが敷かれています。

宮崎県ではカサゴの資源回復のため、地区別の漁獲量制限と、小型魚を再放流するサイズの規定があります。それは”18cm以下”ですから、比較的厳しい基準ですね。

宮崎海域カサゴ資源回復計画が改正されました

これは共同漁業権で決められたことなので、カサゴを捕る人たち全てに当てはまります。それは遊漁(釣り人)も同様。18cm以下のカサゴが釣れたとして、リリースしないと法律違反(もしくは条例違反)となり、罰金刑が課せられることもあります。悪質なら懲役もワンチャン。

いっぽう山口県は、キジハタ(アコウ)に制限がかけられています。

山口県/水産振興課/キジハタ・キジハタの採捕制限について

山口県の水域で釣れた30cm以下のキジハタは、再放流と決められているので注意しましょう。アコウはロックフィッシュゲームでも人気なので、雑誌の特集で知った方もそれなりに居るのではないでしょうか。

スポンサーリンク

釣り人が釣る量はブラックボックス状態

宮崎県の引用元の最後に、この一文があります。

併せて、当計画の終了後、カサゴを自立した資源として、維持管理していくためには、カサゴ資源を利用する遊漁者の協力も不可欠である。今回、かさご延縄漁業者の主導により、資源管理協定の作成が進められることから、遊漁者においても、水産資源の保護、漁場の円滑な利用の観点に基づき、漁業者の定めた禁漁区の遵守等の協力を求め、定着性の高い資源管理体制の構築を目指す。

宮崎海域カサゴ資源回復計画が改正されました

近年はSDGsの取り組みや、「マグロが食べれなくなる!?」などの食文化に対する危機感があったり、資源管理に関する国民の注目度は高くなっています。資源管理をするために必要なのは以下の事柄。

  1. 現存する最大資源量を把握すること
  2. 一定の資源量があることで回復する見込み量を算出すること
  3. 年間で水揚げされる資源量の見込みを把握すること

(1)は1匹ずつ数えるのは無理なので、水域のとある範囲に生息する個体数から、概算を統計で割り出します。なので見込み量と変わりません。

特に問題なのは(2)と(3)です。生態がハッキリと解明されている魚は(養殖でも)少なく、抱卵の確認から産卵数が分かっても、孵化してから成魚になるまでの期待値はバラバラ。そして(3)は各水域の漁業組合が申請するので、その数字を丸々信用していいか? が疑問です。

そして……、水揚げ量は遊漁に釣られる分を計上していません

例えばとある漁港でアジが爆釣になり、多くのアングラーが1人当たり100匹とか釣ったとします。50人が達成したと仮定すれば、そこから5000匹のアジが居なくなったことになる。1匹が100gなら、0.5トンも遊漁で水揚げされた事実が抹消されていることになります

食べる目的で釣るなら、欲しい数だけを釣って帰ろう

管理釣り場は持ち帰り数やリリースサイズをルールで定めていますが、無料で遊びやすい海の釣りは、無法地帯のようなものです。

一応アングラーは独自のルールで自制しています。だけど全てじゃない。たくさん釣れると楽しいのはわかりますが、際限なく釣り続けることは、やがて自分だけじゃなく全体の首を締める結果になることを、頭の片隅に置いていただけると幸いです。

「100匹釣ったどー!」とか数釣りして持ち帰る爺ほど、自分は食べずに近所に配るとか、よくわかんねぇ行動をするタイプが多い気がする。

タイトルとURLをコピーしました