どんな魚種でもPEラインは1号以上から使うほうがいい

どんな魚種でもPEラインは1号以上を使うほうがいい理由

メインラインに使うPEラインは、1号からから使うべきです。

ライトゲームでは、それ以下の0.6号や0.4号を勧めることもありますが、得られるメリットは「細いラインで魚釣って俺スゲーだろ」くらい。

海に余計なゴミを捨てないためにも、太いラインを使うべき!

スポンサーリンク

細すぎるラインを使うメリットはあんまりない

釣り雑誌などでは、0.8号以下のラインを勧めることがよくあります。特にメーカー品の宣伝目的とか、ぶら下がり記事とかね。

実際のところ、0.4・0.8号・1号を同じ時間帯に同じ釣り場で使い比べて、釣果に差があった──とか、検証してみた人はいます?

よくアングラーは、「細い方が釣れる!」と洗脳されている感じがする。

確かにメリットがないこともない。でも”切れやすい”リスクがつきまといます。ラインが切れるってことは、仕掛けが丸々水中に残ってしまう。

……これはいけない。

細いラインは消耗が激しいから交換頻度が高まる

細いPEラインは摩擦に弱いため、投げて巻き取るだけでも消耗します。摩擦防止に潤滑剤もありますが、結局はコストが増えますね。

0.6号クラスになると、地面に置くのも気を使うレベル。逆に1号以上だと、多少岩に擦れてもなんとかなるので、長く使いやすい。

ようするに細いラインは、交換の頻度が高まるため、ラインに使う金額はかさみやすくなります。

0.6号と1号は値段的にも変わりはないから、長く使い続けるほうが、結果としてコストは下がることに。──これも節約術といえるでしょう。

細いラインを使うことがあたり前になりすぎて、アングラーの誰もが、太めのラインを使うことが頭に無いように感じます。

……まあ、アジングのジグヘッドで1.5号は太すぎますけどね。

陸っぱりなら1号か1.5号でだいたい足りる

私はサーフで0.6・0.8・1・1.5・3号を使っていたことがあります。

細いラインは確かに飛距離は伸びやすい。1.5号から0.8号に落とすと10mは変化するので、劇的といえないこともない。ただ10m分の価値があるかっていうと、あんまりない。

0.8以下でも問題なく使えるけど、波打ち際の摩擦で、ルアーから20m付近の部分がほつれやすい感じ。1号でも毛羽立ちはしますが、太さから考えると許容範囲と思います。

別に10kgの魚がかかっても、リールにはドラグがあるので、ラインにかかる負荷はそんなに強くありません。

陸っぱり(ショア)の釣りなら、10kgを超える魚はレア中のレアだから、メインラインはPE1号で十分といえます。

実際今まで、結び目がスッポ抜けた以外、メインの途中で切られたことはないですしね。ドラグを出せばなんとでもなります。

細いラインはなぜかエギンガーに多い

エギングで1号以下を使う理由が、まったくさっぱりわかんないんですけど、メソッドの代表的なリグだと0.8号以下を勧めていることが多いと感じます。

エギングはしゃくりの動作でラインに負荷がかかるため、細いとしゃくり中に切れることもあります。

これはあまり考えたくないですが、根がかりしやすい釣りだからこそ、メインに弱いラインを選んでいるのではないかなって。いやいや、エギを回収したいなら、太いラインを使うほうが回収率はあがるってばよ。

宝石のように綺麗なエギもロストした海底ではゴミとなる。 | THEエギング烏賊追い人のブログ
この何気ないエギを集めた1枚の写真が語るもの この写真は和歌山にお住まいでフェイスブック友達の「雄一チョキチョキ」さんから提供いただいた写真です。この写真を昨日、私のインスタグラムで公開した所、大きな反響をいただきました。 なぜ、このエギを並べただけの1枚の写真が見た方々の心に刺さったかを紐解いていきたいと思います。 ...

やはりパワーはなんでも解決してくれる

ラインの細さ太さであーだこーだ言っても、かかった時に切れない安心感に勝るものはないと思う。

スポーツフィッシングなど記録の世界では、ラインが細いほうが優遇されるけど、環境美化を掲げる世論からしてみれば逆行しているわけで、廃れるべき思想だと感じています。

釣りで一番興奮するのは、やはり魚との綱引きではないでしょうか。

太いラインならドラグきつめでも耐えるし、パワー勝負になるから、最近だとゴリ押し勝負を求めるアングラーのほうが多く感じます。

……細いラインで気を使うのに飽きた、てのもあるかも。

テクニック
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生