釣り初心者が壁にぶつかった時にすべきこと

釣り初心者が壁にぶつかった時にすべきこと

釣り初心者が最初に当たる壁といえば、「上手い人より釣れない……」と、気づくことからかもしれない。

なぜ差が出るんだろう──?

初心者は圧倒的に知識が足りません。経験はオマケ。魚釣りは魚がどこで何をしているか知らないと、上手くなりにくい

魚を釣るための知識が足りないッ!

あらゆるジャンルに共通するのは、始まりは”基本”から

基本(基礎)は知識として、”はじめの一歩”程度しかありません。一歩を踏み出した時に躓くと、「なぜ?」の疑問が生まれ、それを解決する過程で学ぶのが応用です。

例えばサビキでアジを釣りたいと思ったら、タックル一式にサビキ仕掛けを購入して、釣れている漁港に出かければいい。これが基本。

しかしアジは回遊魚。時期によって居る場所を変えるため、通年同じ場所と同じ時間で釣ることはできません。

でも「毎年この時期ならここに居るかも」という推測はできます。これが応用。

初心者が釣れにくくなる原因に多いのは、釣れやすい時期に釣れる場所を選ばないから──。ようは非効率になっているわけです。

釣り初心者が基本から抜け出すために必要なモノ

魚釣りをはじめた時、教わった通りで釣れたのなら、きっと同じことを繰り返します。……もし釣れなかったら?

おそらく、「なぜ?」と不思議がるほうが稀。大勢は「釣れないじゃないか」と悪態をついて辞めるでしょう。

初心者を抜け出すキッカケは、釣れなくなったら釣れるように工夫しようと考えること。それは魚自体を知ることに繋がります。

漁港でアジを釣りたい場合、いつどこでやっても釣れるわけじゃありません。アジは夜行性なので、日中は深い所にいます。そのため”釣れやすい”のは、浅瀬にくる夜明けと日没。

アジ釣りの経験があるとそれは”常識”。何も知らない人にとっては新しい発見

何をもって「釣りが上手い」と定義するのは難しいけれど、特定の魚を釣れるタイミングを知っていることは、効率的だし十分上手い部類になると思いましす。

釣りの知識を深めたいなら、色々追わずに、まずは1種をとことん追ってみることがおすすめ。

魚を釣る引き出しを増やしたいなら月刊誌を1年分読むのがオススメ

釣り情報誌は週間・月間・季刊など、対象魚の釣れやすいシーズンに合わせて特集をしている傾向があります。

つまり、月刊誌を1年分読めば、1年間で釣れやすい魚のスケジュールがある程度わかっちゃうわけ。

情報誌が発売日近辺の「旬」を取り上げるのは、読んで釣れなかったら信頼を失うから。だから「釣れた」か「これから釣れる」を必ず特集しています。

とはいえ、雑誌を1年間買い続けるのはなかなかコストがかかります。無料でなんとかしたいなら、「Kindle Unlimited」の体験期間になんとかするのがオススメ。

Amazonプライム会員でも、特典で読める本は多いので損はないですよ。

メソッドは流行り物だから気にしなくてもイイ

メソッドは「マネするだけで釣れますよー」のまとめみたいなもの。ただし、”同じ条件下なら”の制限があります。

例えば「トップウォーターをこう動かせばチヌ爆釣!」なんて煽りがあっても、あなたが行くポイントにチヌが居ないと釣れるわけないし、深すぎればトップウォーターを使う意味がないしね。

メソッドも”引き出し”になるので、覚えておいて損はありません。初心者は使い所を見誤りやすいので、まずは「水中のどこに魚が居るのか?」から学ぶと良いでしょう。

ルアーをやる人は、バス釣りから学んでも損はないです。

ブラックバスは”魚をどうやって釣るか”の理論がもっとも発達しているから、魚の生態や潜んでいる場所などの詳細があります。

それは他の魚にも通じるから、覚えておいて損はありません。