エギを10本以上収納できるケースでおすすめ4選

10本以上収納できるエギケースを、おすすめでまとめました。

スポンサーリンク

10本以上収納しつつ取り出しやすいケースが求められている

実は……販売されているエギケースで10本入らない物が稀

しかしケースには、”売れている”のと”売れていない”の差がある。それがどこにあるかというと、デザイン性のある使いやすさ!

そこに注目すると4選になりました。

【MEIHO】リバーシブル140(10本)

MEIHOのリバーシブル140は、いわずと知れたエギケースの帝王

MEIHOリバーシブル140のエギ収納

エギを収納したリバーシブル140

ベストセラーたるゆえんは、エギはもちろん大型ミノーも収まるから。エギングもミノーイングもするアングラーにとって、マルチに使えることが魅力

最大140mmを収納でき、片面5本ずつの両面で10本収納。

もちろん小型ルアーならもっと入るし、「入れるのはエギだけでいいのか?」といわんばかりに、用途を問わないのが有能さが売り。

【SHIMANO】セフィア エギケースSFPC-221I(32~36本)

エギケース(略)の魅力は、なんといっても収納本数

エギケースSFPC-221I

チャックで開けるポケットは2つで最大36本収納できるケース

3・4号のエギを32~36本収納できる小型ケースは業界トップクラス。持っていくエギをあれこれ悩むアングラーは多いだろうけど……全部持っていけばいいじゃない!

25✕17.5(cm)のサイズはウェストバッグにすっぽり入る程度。コンパクトかつ大容量な1品。

ただ……「そんなに持つ必要ある?」の問題がつきまとう。

【EVERGREEN】エギボックス(10本)

エギボックスはエギの収納に特化しており、きっちり並べて収納できる。

EVERGREENエギボックス

エギをスコンと入れれるケースは取り出しやすさと選びやすさが抜群!

ケースを開ければ10本どれでもアクセスできる便利さが光る。交換時の利便性はピカイチ。スチャっと出す姿は動画映えも狙える。

でも4号を10本はちょっとつらめ。3号なら問題なし。

注意して欲しいのは、ケースの大きさが「スモール」「スタンダード」「ラージ」の3種類あること。よく使うエギに応じて選ぶべきかと。

【第一精工】エギラックⅦ(20本)

エギラックの特徴は、カラビナで腰ベルトに直接つけれること。

エギケースⅦ

荷物を最小限にしたいランガンミニマリストにおすすめ

腰に装着すれば、ジッパーを開けてスッと取り出し、スコンと収納できるため、ランガンでの利便性が高い。

20本の収納は十分なレベルだし、ベストのD管に着けまくって100本持ちを目指してもOK。

……ひょっとして、ライブのペンライトを入れるのにも使える?

スポンサーリンク

ケースに入れるエギを選ぶ時間は、悩みのタネでもあり楽しみでもある

エギングは対象がハッキリしているし、用意する本数を抑えれることがメリットかもしれない。

10本ケースなら慣れたポイント用。水色や地形を把握していれば、サイズよりもカラーを豊富にしてスレを防止したいところ。

20本ケースは遠征向け。知らないポイントだからこそ、臨機応変のために種類が必要に。

エギケースに10本収納が多いのは、「複数(ケースを)買えばええやろ?」な節もある。見落としがちなのは、バッグなり収納に収める必要があること。

ランガンのウェストポーチなら、10本ケース2個で、1軍2軍のラインナップ。フィッシングベストなら、10本ケースを1つで使いやすさを優先しつつ、20本ケースをサブに据える感じが多いのではないかと。

でも実際やると、20本ローテはまず(時間が)無いよなぁ……。だから10本が多いかもしれない。