インターラインより優れたロッドは存在しない

ロッド内部にラインを通すタイプを「インターライン」と呼びます。

外付けガイドの弱点をなくした優れもの(のはず)なのに、使っている人は全然見ません……。でも気になっている人は多いようですね。ちなみにインターラインはダイワの呼称、シマノは”インナーガイド”と呼びます。察しろ?

それを実際に使ってみた経験から、この記事を書くにあたり、どうしてもジャギ様が浮かびました

スポンサーリンク

インターラインより優れたロッドはいねぇ!

『北斗の拳』に登場するジャギは、「兄より優れた弟なぞ存在しねえ!」とイキりつつ弟に負けました(要約)。……短い登場ながら抜群の存在感だったため、敬愛をこめて”ジャギ様”と呼ばれます。

なぜ北斗的小話からはじめたかは、今回紹介する「インターライン」のロッドが、ジャギ様の立ち位置に似ているところから。

釣り竿の起源から考えるに、穂先にラインを結ぶ延べ竿が長兄であり、リールを活かす外付けガイドのタイプが次男、そしてインターラインが三男の位置。いわずもがな、現在もっとも主流なのは次男タイプです。さすトキ。延べ竿は淡水域のスタンダードだし、ラオウのような力強さを感じます。

それらの影に隠れた存在が、三男のインターライン。

使用するアングラーは少ないですが、兄より優れている点があることも忘れてはいけない。それは使い手によって輝く、AC版のジャギ様のように……。

インターラインが外付けガイドより優れている3つのポイント

インターラインを使ってみて、外付けガイドよりも優れていると気づいたのは以下の3点!

  • 針が多くても絡まない!
  • ガチで感度がいい!
  • 強風でもラインが煽られにくい!

(案外ショボくね……?)────と、読者の心の声が直接脳内に届く。

正直いって日常で使うのはクソ面倒なロッドです。でもこれら3点が絡む状況においては、まさに世紀末覇者となりえる存在なのです! さすがジャギ様!

針が多くても絡まないからサビキ釣りに最適!

インターラインのロッドは、外に針が引っかかる部分が(ほぼ)ありません。そのため外付けガイドでよくある「ラインに引っかかる」「ガイドに引っかかる」「穂先に絡む」などのトラブルと無縁。

そのため、針がめっちゃ多いサビキ釣りとの相性が抜群!

特にキャストする投げサビキにおいては、ロッドに仕掛けを絡めてもすぐ取り外せるので、ちょこちょこ移動するランガンスタイルにはもってこい。絡むのは仕掛けくらいなので、サビキのほうが無能に感じるほど。

ガチで感度がいいロッドを語るならこれ!

インターラインは名前の通り、ラインをロッド内部に通せるタイプです。

仕組みを簡単にいうと、中にガイドリングが無数にあって滑りをサポートしています。だからラインとロッドが触れる接点が多くなるため、必然的に感度が外付けより優れます。

外付けは数個しかラインが触れませんし、実際は先端の2個くらいでしか感じられません。

しかしインターラインは先端のみならず、手元までの全体で感じれるため、それよりも格段に繊細なアタリをとることができます。

ロッド内部にラインがあるから強風に強い!

外付けガイドは風にラインが煽られやすく、強風時は手元から引っ張られる感覚になります。

インターラインのロッドは、リールから外に出る部分も最小限のため、風に煽られるのは先端から出ている部分からになります。なので強風時でも、穂先を水に浸ければその影響も全然感じません。

未だ色あせないジャギ様の名シーン

──というわけで、3つのメリットは兄より優れるのは確実。なのに使う人が少ないのは、もちろんデメリットが勝るからです。

スポンサーリンク

インターラインが兄より優れない理由

  • どうしても飛距離が落ちる!
  • 総重量が増える!
  • 準備と片付けが超めんどい!

”どうしても飛距離が落ちる”理由は、ロッド内部にあるガイドのせい。外付けよりラインが触れる箇所が増えるため摩擦が発生しやすく、水気が抜けにくいためにおこる悲しい現象。

”総重量が増える”のは、ガイドの多さもありますが、ロッド全体が肉厚になりやすいから。あとは”ロッド内部にラインを通す”だけで、準備と片付けの面倒さは伝わるでしょう。

──あと「高価になりやすい」って理由もあるけど、使うアングラーが少ないのは、日常的に使うほど利便性が高くないからですね。

「北斗の拳」俺の名をいってみろ! 完売した"ジャギ様フィギュアの決定版"が再販決定 | アニメ!アニメ!
『北斗の拳』よりフィギュア「ジャギ&バイク」の再販が決定。本商品は、フィギュアメーカー「SpiceSeed」が贈る“北斗の拳シリーズ第2弾”であり、「ジャギ様フィギュアの決定版」として、発売終了後も問い合わせが相次いでいたという逸品だ。

ある条件下では無敵、でも基本スペックは低い。AC版のジャギ様そっくりじゃないか!

というわけで、インターラインが特に向いている釣りを紹介しましょう

サビキ釣り全般で優位に立てる!

ロッドに引っかかる部分がないから、陸と船上のサビキ釣りでの取り回しの良さは抜群。

特に「ショアジギングwithサビキ」の投げサビキでは、これ以上に向いているロッドは存在しないですね。キャスティングでライントラブルを起こすこともほぼないから、ストレスなくぶん投げれます。

ジグサビキにおすすめなのは、ダイワの「リーガル遠投3-45」です。

長さは13ft相当で30gまでのジグが使えます。仕掛けが長いサビキを投げるには、長いロッドのほうが有利。でもロッド自体が重くなるし、小柄だと投げにくく難点もあるから注意。

ラインコントロールが重要なエギングで

エギングのシーズンは春と秋がメインで、季節の変わり目であることから風が強めの日が多い。エギはルアーの中でも軽いしデカいから、キャストで風の影響を受けやすいし、ラインが煽られるとすぐ浮いてしまう。

インターラインなら穂先を水に浸ければ、その悩みもなくなるので、エギングにとっては最適のロッドといえます。

ダイワのエギングモデル「エメラルダス」には、インターライン仕様が豊富にあります。

それだけエギングに向いているわけですが、通常よりも高価になりやすいし、品数も少ないのが難点。最高のセッティングでやってみたい人向け。

スポンサーリンク

インターラインは使う状況によって強キャラになる

正直いってインターラインは”無くても困りません”。なので積極的に勧める人もいないでしょう。

一部の状況においては唯一無二の存在になるため、細かいセッティングを追求するアングラーには好まれると思います。メリットを活かせるのは「ウキフカセ」「エギング」「サビキ」「ショアジギング」くらい。簡潔にまとめれば、ラインのトラブルレスが強み

それに投資するメリットがあるかを考えましょう。

インプレ タックル ロッド
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました