なんでも釣りたいジグサビキの無難な選び方

 

メーター越えから指1本に満たないイワシまで釣れる最強の疑似餌であるサビキ。

ジグサビキは「とりあえず魚を釣りたい&ベイトを確認したい」時、同時に実行できるワガママな注文を叶えてくれるからオススメ。

でもややこしいのが種類の豊富さ。

 

ジグサビキをどう使うかの選択肢はせいぜい2通りなので、そのポイントを抑えてみた。

 

スポンサーリンク

ジグサビキを選ぶのに最低限抑えたい重要なこと

 

それは仕掛けの長さ(全長)です。

市販のジグサビキはだいたい全長1m以下に抑えています。

その理由は、誰でも投げやすいタラシを考慮すると、そのくらいが妥当だから。

 

ジグサビキはサルカンで接続するし、仕掛けは1m前後が多いので、それがガイドに当たらず投げる必要があると、タラシは1m以上になるのが大半。

その状態で投げるのは長いロッドのほうが有利だし、10ftくらいなら余裕。けれど8ft以下は仕掛けをズリやすくなるので厳しい。

そのためにキャスティング向けのサビキは、全長1m以内の品が多くなっています。

 

ルアーメンの場合、多くはメインのPEラインにフロロなりのリーダーを結んでいるでしょう。

「わざわざサビキに直接PEを編み込むのも面倒だな」と、1m結んだリーダーのスナップにジグサビキを接続する人も多いかと。そのほうが楽だし。

でもロッドガイドが小径だと、ノットのコブが入らないように投げるとなれば、2m以上のタラシで投げる必要があります

 

コブをガイドに入れると、飛距離減少のキッカケにもなるし、ライントラブルの原因にもなる。

気にしないのならそのままでいいけれど、なるべくメインライン(PE)で結ぶか、リーダーを短くしてサルカンに繋ぐかの一手間をしたほうが楽。

「タラシが長いのなら長いロッドを使えばいい」って力押しも嫌いじゃない。

 

糸の太さはスペックで針は見た目で選ぶ

 

ジグサビキはあらゆる魚を狙えますが、大きさは掛かるまでわからない。

そこで困るのが糸と針から「どのサイズまで耐えるか?」、の指標を丁寧に教えてくれるパッケージがないところ。

 

岸から狙う魚は最大でも10kgがせいぜいなので、糸の太さは5号もあれば十分。

針の大きさは号数でいわれてもピンとこないので(ワイも)、見た目で選ぶなら幅2cm以内。「アシストフックはでかいじゃないか」と思うでしょうけど、あれはジグより狭いと掛かりが悪いので大きくする必要があるため。

針の大きさは「がまかつ|ヒラマサ・ブリ王」の実寸を参考にでも。

青物用ジグサビキの最小サイズで、幅2cm程度が多いのはブリを視野に入れているのもあります。

 

ジグサビキ仕掛けを個人的な意見として、選ぶ最低ラインは──

 

・ハリス3号以上 幹糸5号以上

・針はブリ用でいうなら10号(幅2cm以内)

 

……てところ。小さめの針を選ぶのは、いろいろ釣りたいから。

サーフならドラグ緩めて泳がせればメーターブリだろうが問題ないスペック。岩が多い場所はハリス5号以上を選べばいいかなー程度。市販品の糸は質がちょい悪いから、不安なら2ランク太めを選ぶのもアリ。

でも釣具屋の安サビキより◯イソーサビキのほうが保つのはなんでなんだぜ。

 

 

サビキに食わせるか、それともジグに食わせるか

 

選択肢のひとつは「大物をサビキに食わせる仕様」。これは市販品に多い。

ジグサビキは青物向けが多く、針の幅は2cm近くあるため、20cmくらいのサバならなんとか掛かるくらい。コノシロやイワシともなると横っ腹にスレ掛かりがせいぜいってところ。

サーフやら波止で尺アジを狙う常套手段でもあるが、青物用だと仕掛けが硬すぎて口切れが連発してバラシやすい嫌いもある。

 

もうひとつは「大物をメタルジグに食わせる仕様」。

サビキの針は小さくともいいから小魚も釣れやすく、釣れる魚種が一気に増えるメリットがある。その代わり、大物がサビキに食ってくるとまず切られる弱点がある。

 

どちらも選択できる仕掛けって、当たり前のようで、実はほとんど存在しない。

ただそれは”市販のジグサビキ仕掛けなら”の話。

 

ある程度の大物にも対応できるカマスサビキを投げる

 

カマスはサビキでも狙えるけど、歯が鋭いため細い糸は切られやすい。

そのため仕掛けを構成する糸は、アジ・サバ用のサビキよりも太めになる。

 

 

カマスサビキは針の幅が狭めで糸が太いのが特徴。

例えばこれだとハリスは4号で幹糸は6号。エンジョイ系のサビキは、せいぜいハリス1号幹糸3号だから小型のカマスでもハリスが切られやすい。

この太さならサビキに食ってきても60cmくらいまでは耐えるし、下に着けるジグになら10kgのヤツにも耐えうる。

なんといっても飾りが派手で、よくあるサビキより若干大きい小魚を演出できるのも魅力。

 

難点としては、口が硬めなカマスに掛かりをよくするため針が細めだから、デカイ相手だとドラグを緩めにしないと曲げられやすいこと。

小魚がつついてきやすいので、余計なアタリが多くなり気が散る。(飽きないけど)

これをジグサビキとして使うのにオススメな相手は、40cm前後のブリやサバ達ですかね。

 

玄界灘落とし込みから学ぶ大物を釣るサビキ仕掛け

 

「落とし込み釣り」の単語から、クロダイを連想する人は多いと思う。

九州の船上釣りではポピュラーな落とし込み釣りは、サビキで小魚を掛けて、そのまま下層に落とし込み、大物に食べてもらうわらしべ釣法のこと。

雰囲気は次の記事を参考にしてください。

 

落とし込み釣り徹底攻略!|釣楽

 

落とし込み用の仕掛けは、小さいイワシを掛けつつ、大きいブリまで耐える包容力が必要。

1つの仕掛けで釣れるサイズの幅広さは、落とし込み用の喰わせサビキが随一かもしれない。

針はイワシが咥える必要があるため決して大きくはないが、軸が太いので大物も耐える。糸も10号前後が基本なので、10kg相手だろうが切られる恐れはほとんどない。

 

 

難点は船釣りメインの港が近い釣具屋でもそうそう見ないこと。(静岡西部ではまずない。清水ならあるかも)

全長が1m以上あるので、投げやすくするため手を加えなければいけないこと。この商品は1.8mなのでまだ投げれる方ですね。

 

 

ジグサビキに向いている理想のサビキは船上向けが多い

 

針は尺アジが咥えるサイズで、糸は10kg相手に耐えるサビキは、だいたい船上向けのスペックになる。

それだと全長が長すぎるのでキャスティングはし辛い。だからそのまま使うのは厳しい。

 

「大きさ問わずいろいろな魚に出会いたいけど、やっぱり大物が掛かったら逃したくない」

そんなワガママに付き合ってくれやすいのが、「イサキ向けのサビキ」だと思う。

 

 

地域によっては波止の投げで狙えるし、それなりの大きさと重さで鈴なりにもなるから、仕掛けもアジよりは強めになる。

船上でも人気だからどこの釣具店でも見つけやすいメリットも。

 

「Q:ジグサビキに使うメタルジグって何がいいの?」

 

A:自分が投げやすい重さならなんでもいいよ。

 

なぜか──、それは実際ジグのほうに食ってくることがほとんどないから。着いていると「めずらしー!」と思うくらい。

なのでオモリとして投げやすい重さ、届けたい距離を考えて選べばいいです。

 

サビキは上下に動かすのが基本で、アタリは落としている時が多い。

上下にジャカジャカ動かすと軽めでは絡みやすいので、軽減したいならロッド対応の最大重量を用意しておくと吉。

小魚の”食わせ”を優先するなら軽めを選び、フォールを遅くすること。

 

メタルジグのカラー選びは、サビキと違う色を選ぶほうが好反応パターンを探るのにいいだろうけど、そこまで意識高くする理由もない。

問題は形状で、フォールが遅くスライドしやすい幅広は絡みやすくなるので注意。

ジグは細長いよくあるタイプが妥当で、「ジャカジャカジャカ」と3回しゃくりつつ速めに巻いて、そのまま底まで落とすのを繰り返すのが、小魚から底のフラットまで狙えてサーフでは有効ですね。

テクニック
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。
さしし@釣りしたいマンをフォローする
とある浜松アングラーの一生