半年以上「パワープロZ」を使った末のインプレ

パワープロZは安いし強いしで、コスパが非常にいいPEライン。

他は同じ使い方をすると、数ヶ月で毛羽立ったりほつれたりしたが、大したメンテもせず、パワープロZは半年ほど保ってくれた。

とにかく擦れに強いラインです!

スポンサーリンク

パワープロは目立たないけど良いPEライン

「Z」が付く前のパワープロは、値段はほぼ同じだけど撚りも甘くほつれやすいし、硬めなのでライントラブルになることが多かった。

それも値段の安さなら仕方ないか……と割り切っていました。

新しく「パワープロZ」になってからは、それらの不安要素が一切なくなりましたね。

パワープロ Z[POWER PRO Z]|ライン|用品|製品情報|シマノ -SHIMANO-
シマノ釣り製品情報を始め、各種イベント情報など、フィッシングシーンをサポートする情報をご提供する公式サイトです。私たちシマノは釣り具という製品を通じてあなたとご一緒したいと考えます。海も川も湖も、そこに魚たちがいる限り、人と魚たちとの出会いのドラマは無限です。この素晴らしいドラマをこれからも永遠に継承するために、テクノ...

触り心地から「前作と違う!」と気づく。

巻いてからはサーフで使用しており、波打ち際でこすれるからPEは毛羽立ちやすいんですけど、そうなる気配が全然ないから、どこまで使えるのかな~と。

そうしたら半年過ぎていました。そしてこの間、ライントラブルはありませんでした。

耐久が売りのPEラインより保ったかも

1年近く同じラインを使うと、流石にクタクタなので交換しました。

その理由も、ノットを結び直すのを繰り返したことで、「キャスト後のスプールに下糸が見えてヤバイ」と気づいたから。

ノットに使う長さも、塵も積もればなんとやらで、馬鹿にできない長さですね。

でも使おうとすればまだイケます!

 

砂浜で使っている分、岩礁帯や堤防よりは傷つきにくい場所だけど、結果としては出来すぎですね。

擦り傷に強いとかウリ文句にしていた「ファイヤーライン」も使ったことがありますが、パワープロZは、その倍以上の期間は使えたので、コスパは圧倒的です。

コーティングは欠かさなかったのが良かったかもしれない

私は釣行後、必ずリールは洗い、乾燥後はラインにシリコンスプレーをかけています。

PEラインは表面のコーティングが要。水を吸いやすい素材だから、吸い過ぎると重くなってしまい、トラブルが発生しやすくなるし、摩擦も増えて保ちも悪くなる。

特に「シルキー(柔らかい)」とされるラインは、メンテしないと劣化が顕著ですね。

 

フッ素コートの「PEにシュッ!」がラインメンテナンスでは有名だけど、世のインプレで絶賛されているわけでもない。

PEにかけるのはシリコンスプレーで充分なんです。なんせ成分はほぼ同じですしね。

KUREの5-56とシリコンスプレーは釣具メンテナンスの神器
KUREの「5-56」と「シリコンスプレー」は、どちらもメカメカしい製品のメンテには欠かせない物。これは釣具にも使えますが、用途を間違えると塗装が剥げたりする恐れも……。この記事では、KURE製品を釣具に使う注意点と、釣具メンテナンスに活...

ついでに可動部の潤滑剤も兼ねるので、メンテの手間が省けるから便利ですよ。

スポンサーリンク

パワープロZが向いている釣り、向かない釣り

パワープロZは素材に張りがあるため、硬めのラインに分類されます。

硬めのラインはスピニングよりも、ベイトリールに巻くほうが合っています。巻き癖がつきやすいほうがベイト向けなんですよ。

 

質感がゴワゴワしているので、軽いルアーを投げるには向いていない。

重量感のあるルアーは、「そんなこと関係ねぇ」とばかりに飛んでくれますが、硬めのラインは摩擦による失速がしやすい節があります。

シーバスに使うなら、軽めを使う「バチパターン」でシンペンを扱う時などは、先に例を出したシルキーな8本撚りのほうが使いやすくなります。

 

パワープロZは、摩擦に強くしたために、摩擦を発生させやすいラインです。

「……何いってんだ?」と思うかもしれません。他のラインより巻きの糸鳴りがうるさく感じる程度のこと。

摩擦に強いってことは、ショアジギングやサーフなど、重いルアーを扱うポイントにこそ、向いているといえます。

糸鳴りは「今リール巻いてる! 巻いてるよ!」の感じがするし、シギングのジャークで小気味いい音がするから、キライじゃあないです。

擦れに強いから、サーフで0.8号使うのも問題ないでしょう。

インプレタックルライン
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました