LB入門におすすめの激安リール「グレシアスピン」(と使い方)

最近「レバーブレーキ(以下LB)」のリールが注目されている。

ドラグに頼らず、テクニックでやりとりを楽しみたい人には、もってこいの代物。

その入門編に安い物を使い潰してみよう。

スポンサーリンク

LBは魚の動きを制御する楽しさがある

リールは釣具において、技術の結晶みたいなもの。

その中で「ドラグ」は重要な役割があり、ラインシステムを保護するため、切れる前にスプールを滑らせて、タックルの限界点を効率よく使い切ることを実現している。

このおかげで大型魚に耐えれることができます。

 

LBはそれと少し違う。

任意でスプールを滑らせることができるので、タックルの限界点を知る使い手なら、魚を弱らせる最大効率でやりとりが可能になる。

だから慣れないと、ただのドラグ付きリールになります。

お魚さんが引っ張るのは、危険から逃げているから

魚がかかるとなぜ引っ張られるかは、「危険を察知して逃げているから」です。

人間だって「イイカラコイヨ、コワクナイ」と、あやしい店に手をひかれれば、逃げたくなるでしょう?

 

LBが優れているのは、魚への抵抗一時的にフリーにできること。

すると魚は、「あれ? 安全になった?」と勘違いし、動きを一時的に止めます。

この習性は、メジナのフカセ釣りをやっていると解りやすい。

居着くタイプの魚は、住処からヒュッと出てきてエサを食べ、再び戻る。

これがウキ釣りを成立させているわけです。

 

口に針がかかるよりも、”引っ張られる感覚”に魚は違和感を感じています。

ならばそれを解消すれば、普段通りの状態に戻るので、突っ込みすぎる動きを抑制できるわけです。

スポンサーリンク

LBを使ったやり取りの例

あらかじめいうと、バラシにくくなるわけじゃないです。

LB作動時は仕掛けへの負荷も抜けるため、針が外れやすくはなります。それと普段から全力で走る相手には、あまり意味がありません(青物とか)。

活用しやすいのは、よく動く魚。

上下に暴れるシーバスと、波の力があるサーフで効果を発揮します。

シーバス相手の使いドコロ

シーバスは下に突っ込むわけでなく、大きくなるほど水平に力強く泳ぐ。

なのでドラグで負荷をかけていると、水上に向かいやすい。──そこでエラ洗いをやられて、負荷が抜けたところを反転されると、針が外れやすいわけです。

つまり海面に近づくほど、エラ洗いチャンスが生まれるのなら、そこに向かわせなければいい。

 

やり取りの最中に、「フッ」と軽くなる時があるので、この時が上に向かっている予兆。

必要以上に浮かさないことでエラ洗いは防ぐことができます。

 

シーバス相手にLBを駆使するなら、進行方向を変えたい時がいい。

障害物がある時に、そっちに行き過ぎるのを防ぐためとか、慣れれば意図的に狭い範囲で、ジグザグにやりとりして短時間でランディングもできるように。

そのため堤防シーバスでLBはよく使われますね。

サーフでの使いドコロ

サーフで一番厄介なのは、取り込み直前の波打ち際。

魚が波に乗ると軽くなるし、引かれると数倍の重さを感じます。

波打ち際は負荷が抜けやすく外れやすいので、ずりあげるだけでもけっこう難しい。

 

ドラグがあるなら、波打ち際で緩めるだけでいいです。

LBを使う場合なら、引き波でラインを出す時に使えるので、ドラグを緩めるよりかは短縮につながります。

障害物がほぼ無いポイントだから、余裕のあるやりとりを楽しむにはもってこいですね。

スポンサーリンク

値段相応の実力があるグレシアスピンSP

プロマリンの「グレシアスピン」は、S社やD社に比べると見劣りする耐久と機能。

値段は安めなので、LB入門用としては申し分ない。

 

安物のリールは、「一口目はめっちゃ美味しいけど、食べ続けるのは辛い脂っこい料理」みたいな感じ。

2万を超えると「家庭料理」の安定感。ハイエンドになると「コース料理」ですかね。

これに慣れてLBを恒久的に使う段階なら、2万円台を考えるといいでしょう。

インプレタックルリール
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました