バヒッドシリーズ|ソフトなシンペン、君はバチになれる

『バヒッド』はBerkley(バークレイ)のシーバス向けソフトルアー。

ミノーやシンペンのように、ただ巻きで使えるのが強み。そして安い!(超重要)サイズの種類も増え、シーバス以外もアジ・メバルなどライトゲームでも使えるように。

スポンサーリンク

ただ巻きで使えるソフトルアー「バヒッド」

『バヒッド』がどんなルアーかを簡潔にいうと、ミノーのように使えるワームです。カテゴリとしてはスイムベイトといえます。

スイムベイトといえば「ジグヘッド+ワーム」の別売りコンボが定番でした。バリエーションの豊かさが売りですが、多すぎても買う時に迷ってしまう。バヒッドはセット販売であるため、カラーとサイズを選ぶだけで迷いが少ないのも魅力ですね。開封したらすぐ使えるのも嬉しい。

サイズは「55・80・100」の3種類。メインの対象魚はシーバス。この3種ならあらゆるサイズのシーバスを狙うこともできるし、100ならサーフに大河川でも使える大きさ。55ならメバルなど小物を狙うこともできます。

基本の80サイズ(VAHID80)は、特にバチ抜けに強い。ソフトルアーでこそ実現できるにょろにょろ感で、ハードルアーにはできないスイムがポイント。

あらゆる場所でシーバスを狙えるバヒッドシリーズ

ソフトルアーの利点は、リアルベイトの動きに限りなく近づけること。バヒッドの強みとは、自然界のベイトしか食わないスレた魚でも、食わせる可能性があること。

つまり、活性が悪い状況と、スレが進行している状況でこそ、真価を発揮します。

リトリーブするだけでテール部分がプルプル動くので、本物のバチに限りなく近いアクションが、ただ巻くだけで実現できちゃう。バヒッド80はサイズ的にも春~夏のベイトシーンにマッチしており、特に3~5月はいい相棒になってくれるでしょう。

使い方に関しては、監修した小沼正弥氏みずから実践する動画が参考になります。

シーバスを狙いつつライトゲームも楽しむバヒッド55

シリーズ最少のバヒッド55は、春スタートの小型ベイトが溢れるシーンで使えるサイズ。

注意してほしいのは他よりも軽いこと。80と同じロッドでは扱いにくく、バチ抜けモデルのソリッドティップなど、柔らかめのロッドが合います。アジ・メバルを最初から狙うのであれば、ライトゲーム用の7~8ftで性能を活かしてあげたい。

VAHID55 (バヒッド55)|Berkley|釣具の総合メーカー ピュア・フィッシング・ジャパン
釣具の総合メーカー ピュア・フィッシング・ジャパンの製品紹介ページです。Berkley・VAHID55 (バヒッド55)の紹介をしています。

バヒッド100は巻くよりも流せ!

シリーズ最大サイズのバヒッド100は、14gとそこそこな重量で、飛距離も出せます。大型河川やサーフにロックショアなど、足元を狙う必要がなく、ベイトが大きくて狙う魚もデカイ場所に向いています。

これは流れの中でこそ活きるルアーですね。

ソフトルアーの利点は、少ない刺激でもアクションすること。流れに身を任せて漂わせるだけで、死にベイトに近いアクションをしてくれます。だから河川やサーフなど、1方向に流れがある場所なら、ドリフトで底をころころ転がすだけでアプローチができます。

河川のドリフトテクについては、バヒッド100の実践動画をどうぞ。

サーフシーバスを安定して狙うのは難しいため、最も向いているのは河川と干潟・湾奥かと思います。糸フケを残しながら巻く程度のリトリーブで十分。ベイトサイズが100mm前後になりやすい秋に使いたいルアー。

釣具・製品検索|釣具の総合メーカー ピュア・フィッシング・ジャパン
釣具の総合メーカー ピュア・フィッシング・ジャパンの釣具・製品検索ページです。