バヒッドシリーズ|ソフトなシンペン、君はバチになれる

『バヒッド』はBerkley(バークレイ)のシーバス向けソフトルアー。ミノーやシンペンのように、ただ巻きで使えるのが強み。そして安め! サイズも増えてシーバスだけじゃなく、ライトゲーム(アジ・メバル)も楽しめるようになりました。

リアルベイトに限りなく近いスイム。活性が落ちやすいタイミングで使いたい。

スポンサーリンク

ただ巻きで使えるソフトルアー「バヒッド」

『バヒッド』がどんなルアーかを簡潔にいうと、ミノーのように使えるワームです。

スイムベイトは「ジグヘッド+ワーム」の別売りが定番。バヒッドはセット販売で、開封したらすぐ使える仕様です。サイズは「55・80・100」の3種類。メインの対象魚はシーバス。ルアーサイズによってフラットやメバルなどを狙い分けることができます。

最初に発売されたのは80サイズ(VAHID80)。 こいつの使い所は「バチ抜け」で、ハードルアーにはできない自然なスイムがアピールポイントです。

バチ抜けといえば「シンペン(シンキングペンシル)」が定番。ですが、10cm以下の細いにょろにょろと完璧に”マッチベイト”させるのは不可能です。リアルに近い”うねり”を表現させるためには、ワームのようなゴム製品が最低条件でした。……でも、表層をゆったり巻ける物がなかったのです。

バヒッドが産まれるまでは。

あらゆる場所でシーバスを狙えるバヒッド80

ソフトルアーの利点は、リアルベイトに限りなく近づけること。バヒッドの強みは、そこにいるベイトしか食わないような、活性とスレが混在する状況でこそ効果を発揮します。

テール部分が細くて長く、リトリーブするだけでここがプルプル動くので、本物のバチに限りなく近いアクションが、ただ巻くだけで実現できちゃうから簡単! バヒッド80はサイズ的にも春~夏のベイトシーンにマッチしており、特に3~5月はいい相棒になってくれるでしょう。

使い方に関しては、監修した小沼正弥氏みずから実践する動画が参考になります。

シーバスを狙いつつライトゲームも楽しむバヒッド55

シリーズ最少サイズのバヒッド55は、バチやアミなどのマイクロベイトパターン攻略するルアー。

80よりサイズが落ちて軽いため、9ftのM寄りロッドでは少し扱いづらい。ソリッドティップのバチモデルロッドなら両方扱えるため、80で食わない時のフォローに用意するのが定石。シーバスではなくアジ・メバルを最初から狙うのであれば、ライトゲーム用の7~8ftで性能をフルに発揮させてあげたいところ。

VAHID55 (バヒッド55)|Berkley|釣具の総合メーカー ピュア・フィッシング・ジャパン
釣具の総合メーカー ピュア・フィッシング・ジャパンの製品紹介ページです。Berkley・VAHID55 (バヒッド55)の紹介をしています。

55mmのサイズはマイクロベイトも対応できるため、2~4月は「バチ・アミ」を意識して、4~6月は「イワシ・ハク(ボラの幼魚)・稚鮎」の下を通す意識を心がけたいところ。ただ巻きだけじゃなく、ジャークでダートさせるアクションも簡単にできます。

80はオールラウンドですが、55は堤防向けかな。

バヒッド100は巻くよりも流せ!

シリーズ最大サイズのバヒッド100は、14gとそこそこな重量でそれなりに飛距離はあります。なので大型河川やサーフにロックショアなど、ベイトが大きければ狙う魚もデカイ場所に向いています。

これは流れの中でこそ活きるルアーですね。

ソフトルアーの利点は、少ない刺激でもアクションすることですから、ルアーを流れに身を任すだけでリアルと同じアクションをしてくれるんですよ。だから河川やサーフなど、1方向のドリフトで底をころころ転がすアプローチもできます。

河川のドリフトテクについては、バヒッド100の実践動画をどうぞ。

サーフシーバスを安定して狙うのは難しいため、最も向いているのは河川と干潟・湾奥かと思います。糸フケを残しながら巻く程度のリトリーブで十分。ベイトサイズが100mm前後になりやすい秋に使いたいルアー。

スポンサーリンク

バヒッドに向いているロッドと唯一の弱点

軽いルアーですし、マイクロベイトパターン用のセッティングになるので、使うロッドはソリッドティップが望ましい。

メジャークラフトの「N-ONE 892ST」は、バチパターン向けのモデルに必要な最低限が揃っています。値段も2万以下で比較的安め。バヒッドの全シリーズをソツなく使えるロッドです。

ハイエンドモデルのメリットは、より繊細なアタリを感知することが可能になること。「モアザンAGS 86LLX」は3ピースを活かした高感度モデルで、ルアーを優しく吸い込むバチパターンらしいバイトでも、ロッドの柔らかさが食い込みをアシストしてくれます。

合わせるリールは、8ft以上なら3000番、7ft以下なら2000番が望ましい。アクション主体ならベイトリールが向いていますが、軽いルアーは(リールに投資しないと)飛びにくいため、スピニングモデルを選ぶのが無難です。

で、バヒッドの弱点についてですが──

ソフトルアーのため、歯が鋭い相手だ1バイトでボロボロにされます。シーバスは口に手を突っ込めるし、歯はざらざらしているだけで切れることはまずないです。ヒラメやタチウオなど、露骨に牙がある魚はルアーの一部を食いちぎってしまいます。

胴体部はワイヤーが通っているため、真っ二つにされる恐れはないですが……。テール部分は細く柔らかいため、いつのまにか食われる恐れがあるので注意しましょう。

バヒッドシリーズ|Berkley

Berkley(バークレイ)|釣具の総合メーカー ピュア・フィッシング・ジャパン
釣具の総合メーカー ピュア・フィッシング・ジャパンです。Berkley(バークレイ)の紹介をしています。
タイトルとURLをコピーしました