サーフにある目印だけで良ポイントをゲットする方法

見渡すかぎり同じような海岸線なのに、「それってこの中のどこにあるの?」と思った人もいるでしょう。

サーフルアーで釣れやすいポイントの説明は簡単。

これからはじめたい人には有効な、釣れる目印について話します。

スポンサーリンク

遠くからでも地形変化を見抜く方法

サーフ(砂浜)で釣りをするに重要なのは「地形変化」です。

それは海中にある段差に、一部だけ違う流れがある場所を指しています。

ベテランは遠くから海を眺めただけでも解りますが、はじめたばかりの人には、「どこと何が違うかわからない…」となるでしょう。

 

もし釣れやすい場所に、わかりやすい目印があるとしたら?

 

それは実際にあるので、遠くからでも良ポイントを見つける方法を書いていきます。

広い海岸線にある「目印」とは?

サーフには波と潮汐の力によって、部分的に浅い箇所と深い箇所が存在します。

それを潜らずに判断できるのは「波の発生点と高さの違い」です。

冒頭のサムネイル画像を例にすると、左側は波が立っているのに、右はないことがわかるかと。

 

”波が立つ”ってことは、海底に山のような段差が生まれている。それが波を発生させている要因です。

逆に波が立たない箇所は、海底が平らで変化が乏しい。

 

この2つの違いをわかりやすくする目印とはなんでしょう。

波が発生する仕組みを理解するだけでも十分ですが、もっとわかりやすい方法として、我々よりも海に近い人を参考にするといい。

その答えはサーファーです。

サーファーが居る場所と居ない場所の違い

サーフィンは波が立たないと競技が成立しません。

なのでサーフィンのベストポイントは、良い波が立つ場所のことを指します。

【サーフィン ポイント】で検索すれば、全国津々浦々にそれはあります。そこには波が立ちやすい地形と条件が必ずあるので、人気スポットとして有名になった経緯があるわけです。

 

長めのサーフボードを載せるには、室内が広めで大きい車が便利。そのため広めの駐車場があることも重要です。

2つの簡単な要素はサーフルアーにも当てはまるため、「サーフィンの良ポイント=釣りの良ポイント」となるわけです。

スポンサーリンク

彼らを目印にヒラメとシーバスを釣り分ける方法

ようは「サーファーが居る場所は釣りにとっても良ポイント」となるわけですが、その目印を参考にしても、釣りをするのは難しい。

サーファーは海に浮かんでいるし、そこに仕掛けを投げ込めば、怪我をさせてしまう恐れがあります。

 

朝と夕方にあるマヅメタイムは、こちらのゴールデンタイム。

彼らにとっても、日が出てからが波乗りフィーバータイムです。

ヒラメの場合はマヅメに居ない方を選び、日中は居る方をランガンする

彼らが海に入る場所はほぼ決まっていて、夜明け前から投げていても、いずれ眼の前でぷかぷか浮かんでいることもあります。

こちらが独占する理由もないわけで、”横入り”としてギャーギャー騒ぐのもどうかと。

 

なので事前にサーフポイントを下見できるなら、「サーファーが居る・居ない場所」を覚えておくこと。

居る場所ならそのままポイントに使えるし、居ないならストレスなく長い時間投げれます。

ただしサーファーが居ない場所は、波が発生しにくい地形であるため、有利に働くわけでもないので注意してください。

 

日中(昼ごろ)になると、サーファーも釣り人も減り、ピンポイントで探りやすくなります。

時間帯はそれほど関係はなく、そこに居れば食ってきやすいのがヒラメ。

釣れた場所は埋める穴を掘った形跡があったりするので、それを参考にするのもいい方法です。

シーバスは日中にサーファーが居る場所を覚えて夜間の潮変わりを狙う

波が立つ場所はサラシができやすく、海中酸素濃度も高くなり、プランクトンとそれを食べる小魚がよりやすい。

泡立つことでルアーの違和感も消えやすく、シーバス相手では一級ポイントです。

なのでサーファーが多い場所は、釣りにとっても一級ポイントになりえるわけ。

 

シーバスは夜間のほうが活性が高いため、釣れやすいのはマヅメか夜間になります。

障害物があれば居着きやすく、日中でも狙えるのですが(ヒラスズキとか)、外洋のサーフにおいて、障害物は人工物以外ほぼありません。なのでサラシを積極的に狙いたいのですが、サーファーがいる日中だと、狙うのは困難になります。

 

ということは、日中にサーファーが居る場所をメモしておけば、闇夜で地形が判断し辛い時間帯でも、ピンポイントで釣れやすい場所に入れるわけ。

夜間でも白波で地形はわかりますが、はじめたばかりにそれを求めるのは難しい。

日中に良いポイントをたくさん見て、覚えた風景の特徴を記憶しましょう。するといつのまにか、夜でも波だけで良ポイントを判断できるようになります。

夜のサーフでも離岸流を簡単に見つける方法
明るい時間の離岸流は、目視で簡単に見つけることができます。でも釣りはデイゲームだけじゃない、ナイトゲームだってある……。でも闇夜の中で、離岸流を見つけ出すことは出来るのだろうか。実は海岸線を見るだけで探せるんですよ。...

夜間にポイントを見つける方法はこちらも参考に。

おまけ(浜への降り口もポイントのひとつ)

サーフィンポイントは駐車場が整備されている、もしくは多く停めれる場所がほとんど。

釣りをするうえでもそれは参考になりますが、サーフへの入り口はなぜそこにあるのかを、考えたことはあるでしょうか。

降り口は無数にあるけど、実はその真正面が一番良い波が立ちやすく、いい流れもあります。

つまり、昔からそこが良いポイントだと周知されているわけです。

 

人が多く通ることで、獣道のようだったのが普通の道になり、車が増えることで駐車場を整備することになって、──現在の状況になりました。

なのでGoogleMAPなど、地図で砂浜への入り口を探してチェックしておくだけでも、良ポイントは判断できたりします。

テクニック
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました