気がつくと釣り禁止の漁港が増えているワケ

私が釣りを始めてからン十年……。釣行範囲内(主に静岡)で釣り禁止になったポイントが増えましたね……。主な理由はゴミ問題に不法侵入など、マナー悪すぎ問題が9.9割ほど。

特に駿河湾のマナーがひときわ悪いと評判だぞ!

一体どうしたら負の連鎖を断ち切ることができるのだろうか。

とうとう由比漁港が釣り禁止になったらしい

駿河湾奥にある由比漁港は、アオリイカで有名なポイントでした。

由比漁港は桜えび漁が盛んな港。桜えびは朝と夜に漁を行うので、漁船の出入りも激しく、釣り人の投げた仕掛けが船に飛び込むとか、停泊中のロープにルアーを残して逃げるなど、漁師と釣り人の間でトラブルが耐えませんでした。

組合もいい加減にキレたし、保安上でも部外者は出入り禁止にしたほうが楽。それならばと、ついに「釣り禁止」の決定となりました。詳しい経緯は以下のサイトを参考にしてください。

『由比漁港の釣り禁止処置について 拡散お願いします。』
前回このようなことがあってから、由比漁港で進展がありましたので拡散をお願いします(・ω・)/結果から言いますと由比漁港では以前のように釣りはできなくなりました…
『由比港の釣り場とポイント 由比漁港のルール 釣り禁止エリア 釣れる魚 釣り方 静岡県』
由比漁港は静岡市にある大きな堤防を持つ漁港です。由比漁港の釣り場は、駐車場から近い漁港内の岸壁と、「旧堤防」と「新堤防」からなる2つの堤防です。釣り場は駐車…

漁港は本来、漁業関係者だけが利用できる施設です。

そこを勘違いしている釣り人が多いから、漁港で禁止になっているわけです。

人としてのマナーが必要であって、釣り人が定めるルールじゃない

アウトドアのマナー悪化問題は、何も魚釣りに限ってはいません。

キャンプや登山でもゴミ問題はあるし、深夜まで大騒ぎするBBQとか、自分さえ良ければ全てヨシ! ──な人々が、先人が切り開いた分野を閉じていくのは心苦しい。おまけにそれが”ごく少数”であるからこそ、なおさら苦しいのです。

「ゴミはゴミ箱へ」

子供のうちに誰でも学ぶこと。

「公共の場では騒がない」

周りが静かにしているなら、そこは静かにするべき場所なのでは?

アウトドアのみでいうなら、「自分のゴミは自分で持ち帰る」「ゴミをなるべく出さない努力をする」「現地や他人に迷惑をかけない」などがあります。当たり前に聞こえるでしょうけど、その当たり前を出来てない人がいるから、今の状況になっています。

ルールを守れないのは、ケモノ同様でしょう。

釣り人口のうち1割がマナー違反していると考えると……恐ろしいことですよ

釣り人口は1000万人規模といわれています。

その中の2割は啓蒙活動を行い、7割は普通に楽しんでおり、1割はルールを破る行為をしている……と、区分出来そう。これはあながち間違ってないはず。

1億人のうち100万人が迷惑行為を行っているとすれば、各県に数万人規模のヤバイ奴らが潜伏しているかもしれない。もしそれが一同に集結したら……? そうなりやすいのは、人気ポイントですね。

ハイシーズンや人気ポイントでは、横入りや居座りなど、SNSでマナーに関する愚痴や晒しは日常です。それでも、仲間同士で潰し合っている内はまだいいんですよ。

公共に迷惑かけたら終わりでしょ?

【終わりに】模範的アングラーが師となるかが今後を左右する

釣りのマナーを教えてくれるのは誰だろう……?

それは最初に教わる人や、情報ソースでしょうね。

初心者にいきなり「あいつの居る場所は釣れるから追い出せ」とか、「侵入禁止だからこそ釣れるんよ」などと教える人は、ぶっちぎりでヤバイ奴です。マナーが特に悪い年代といえば、高齢者層が目立ちますが、そうなるのも、その時代は海がゴミ捨て場だったから……。

よくある言い訳に、「以前は出来たのに……」があります。

なぜ今は出来ないのだろう。それは皆が間違いだと認識したからです。いい加減に現実と向き合っていただきたいものですね……。

各地にある注意書き看板もタダじゃないんですよ

今では各地に注意書きの看板を必ず見かけますね。

水辺なら条例のこと、レジャー(水遊び・釣り・マリンスポーツ)に関わること、狩猟の可否、立入禁止区域の表示などがあります。

これらの看板も、タダで立てているわけじゃありません。

優しい世界なら、こんな注意書がなくとも皆がルールを守る前提。誰もルールを破らないのなら、注意書きも必要なりくなります。守らない人、知らない人が多すぎるから、注意書きがあるのです。