カネをかけるならロッドにしたほうがいい理由

魚1匹を釣りあげるために、アングラーが用意すべき釣具は多い。

誰もが迷う組み合わせの中で、「最も重要な道具はなんなのか?」を考えると、2択に絞られます。

それは「ロッド」と「ライン」です。

 

ロッド

 

まずはロッドの話から──。

スポンサーリンク

ロッドに投資したほうがいい理由

安くて強いロッドは、太くて硬くなります。(意味深)

対して高価なロッドは、細くても強くしなやかです。

 

しなやかさが失われるってことは、ロッドは魚の動きを吸収しきれず、バレやすくなります。かといってしなやかすぎると、重い相手には耐えられない恐れが出てくる。

そんな二律背反を持ち合わせています。

 

高価なほど良い物が多くなるのは当然ですが、それを活かすも殺すも、アングラー次第。

その話からはじめましょう。

折れにくいロッドはあるが折れないロッドはない

どんなロッドにもウェイトの耐用重量は設定されていますが、「どれほどの魚を釣りあげれるか?」については明記されていない。

それは何が釣れるかわからない裏返しでもある。

 

10万のシーバスロッドでも、尺メバルを下手に抜き上げようとすれば折れるし、下手なキャストでも折れたりします。

正しく使えば安売りセット品でも10kgのエイは耐えるし、ランカーシーバスも釣れます。

 

別に難しいことではなく、折れないよう使えばいいだけの話

そうならないために、リールのドラグがあります。

 

何kg設定がいいとかどーとか、細かく気にしている方もいますけど、ドラグをかちかちに締めて2kg以上を相手にすると、引きに耐えきれず大抵のロッドは折れます。

 

曲げてはいけないロッドの角度を知ろう【ランディングの注意点】
ロッドが折れやすい条件は確実に存在する。 一連の動作内でいえば、『投げる』『掛ける』『取り込む』の3つ。 そして最も折れやすい条件が重なるのが、ウェーディングだったりします。 ロッド...

 

この辺の詳しいことはこちらの記事も参考にしてください。

 

高価なロッドでも、その性能をフル活用するには、ある程度の”腕”が必要。

それは「これ以上曲がったら折れるかもしれない」という恐怖感。そこに到達する前にドラグが出る設定をすればいいわけで、この調節はファイト中でも可能。

魚が走りだす時に、ラインを出せる余裕のある人ほど、バラしにくいはずです。

 

そしてこれ以上曲がったら──に余裕ができるのが、高価なロッド、ハイエンドモデルですね。

メーカーを信頼するか意見を信頼するか

釣具メーカーが送り出すアイテムは数多く、こういうサイトを全て見ても、把握しきれないほど存在しています。

そんな中からたった一つを選び抜くのは至難であるし、1人で成し遂げるにはカネもかかる。

それを手助けするのが、メディア発信している人々の意見。私はそれが役割だと思っている。

 

ある程度経験を積んでいるのなら、「これにはコレ!」てのがあるだろうし、それは拘りとして定着するでしょう。

拘りというのは、ハズレというリスクを回避したい決め打ちみたいなもの。

その考えは、地球上に棲む水生生物のごくごく1個体のみの話みたいなものだから、全てがそれに倣うのもおかしな話だと思っている。

 

ようは1人の価値観を、全ての人間に浸透させるのは、土台無理な話です。

まあそれでも、なるべくハズレて欲しくない思いから、ロッドの投資基準をつらつらと記します。

ロッドに投資する基準

高ければ高いほど良いのは間違いないですけど、値段の段階的にまとめるとこんな感じ。

 

  • 「0~1万円」柔らかすぎたり硬すぎたりとアンバランス。
  • 「1~3万円」大抵の人は良いと思う標準。特別を求めると足りない。
  • 「3~5万円」限定された魚にカスタマイズされはじめるクラス。
  • 「5万以上~」異次元。魚と戦うことを意識しているクラス。

 

それぞれ値段は別として、対象魚を想定しているため、その用途に限れば大差はなくなります。

値段で明確に変わるのは、対象魚の重さ(大きさ)が増えるほど有利に働くこと。それはドラグを締める余裕が出来るため。

 

ドラグを締めるメリットは、力の綱引きで、魚を早めに疲れさせることができること。

となれば、ランディングにかかる時間が短縮され、魚へのダメージも軽減される。そしてリリース時の生存率も上がると……は言われていますね。

 

5万円以上のロッドはおいそれと使えるわけでもないので、耐久力に関して分かりやすいのは、シマノのEXSENCE∞(INFINITY)にある耐久テスト動画ですかね。

 

エクスセンス インフィニティ [EXSENCE INFINITY]|ソルトウォーターロッド|ロッド|製品情報|シマノ -SHIMANO-

 

ちょっと馬鹿げてる角度で曲がっていますけど、新品一回勝負ならではなので、実際に真似しないでください

3万以下だと「く」の字が限界ラインですけど、5万以上は「つ」の字まで許容できる耐久力がある感じですね。

この限界ラインも、各メーカーが使う素材で変化しますが──、どんなに高価でも「つ」は折れると覚えましょう。

高価になるほど下手は軽いウェイトが投げにくくなる

これは弾性(反発)が向上するためで、軽いウェイトだとロッドで重量を感じにくくなり、タイミングがずれやすくなります。

 

キャスティングはもともと、バックスイングでロッドを曲げて、反発でウェイトを押し出すメカニズムなので、基本ができている人ほど、選ばずすんなり投げることができます。

なのでウェイトで曲げるやり方に慣れすぎると、高反発のロッドではスイングスピードと曲がりが一致せず不安定になり、結果としてキャスト時にティップが折れやすくなります。

感度優先の細いソリッドティップなら尚更。

 

コツとしては、両肘を可動させること。これは極端に柔らかいトラウト用ULロッドで練習するのが一番の早道です。

 

 

自分の主戦場に合わせたロッド選びを意識する

例えばサーフなら10ft以上の長めが推奨されています。けど8ftでも構いません。

「ロッドが長いほうが飛距離うんぬん~」といわれますが、高反発なら長さは大した問題じゃないです。

サーフで長いロッドが有利なのは、「波打ち際に近づきすぎるとライフが危ない」がひとつ。

もうひとつは「沈むルアーを巻いている最中に、立ち位置によってはメインラインが傷つきやすくなる」があります。

 

ウェーディングも10ftのような長めより、7ランディングが楽になる7ftで十分。

ポンドのトラウトも同様の理由。

フライも20m以内の近距離なら5ft以下でもいいですけど、50m近くラインを飛ばすには7ft以上を使うほうが楽です。

アジングも専用じゃなく、ブリが余裕なジギングロッドでもできます。

けれどアタリを取りにくいし、口切れを防止する効果も含めて、柔らかく感度のいいソリッドが向いている。

 

……とまぁ、ロッドの種類が多いのには、このように、ちゃんとした理由があるわけです。

「アレソレこういうロッドが欲しい!」を明確にしよう

アングラーの「こんなの欲しい!」を参考にしてきた結果が、数多い魚種別の専用ロッドに、そこから枝分かれするモデル達。

先の例に出したように、主戦場(ホーム)でロッド選びをすることは、釣りを有利に働かせてくれます。

 

まずは自分がよく行くポイントを整理して、次に釣りたい魚の大きさを浮かべて、それからロッドを選ぶと失敗は少なくなります。

あとはそれを店員に伝えるか、Google先生などのサーチエンジンに伝えると、オススメが返ってくるでしょう。

 

あらゆる釣りをまずやってみたい!」というワガママ意見を汲むならば──

 

Amazonのシーバスロッドカテゴリで、10000~50000円範囲の9ft前後で、あとは見た目で選ぶといいと思います。

バスロッドとシーバスロッドは、それぞれ淡水と海水の基準値みたいなものだから、よくいえば万能なロッドだからです。

見た目に惚れるって、道具でも大事だと思います。

愛着が沸きやすいですし、大事に扱いたくなります。

 

真のパートナーとの出会いって、そういう直感めいたことからはじまりやすいしね。

 

 

ラインに投資したほうがいい理由
ラインに金をかけるのは、ロッドほどじゃないけど一応メリットはあります。特筆したいのは、細くても強いラインを選べること。ラインを細くできるのは有利に働きます。

 

今記事とは別の「ライン」についての話はこちら。

特集記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生