メンダコより強いメンタルでありたい

メンダコより強いメンタルでありたい

メンダコはとにかく弱い。

お触りはNG。カメラを向け続けるだけで死ぬ。ドッキリに弱く、音や光、水流で死んでしまうことも……。メンダコは体とメンタルの弱さでは随一を誇る一方、姿の愛らしさで莫大な人気を集めている──。気弱でステージに上がると死んじゃうかも~な設定のアイドルはいそうだが、メンダコはマジで死ぬから困る。そんな存在。

俺はせめて、メンダコより強いメンタルでありたい。

スポンサーリンク

メンダコより強いメンタルでありたい

ストレス社会だの、地上は些細なことで騒いでいる。

だが水中生物にもストレスが存在するのは確かである。

メンダコは厳密にいうと”メンタル”が弱いわけでなく、体そのものが弱い貧弱キャラ。冒頭でいったように、外部刺激でコロッといく弱さなのだが、その愛らしい見た目で水族館の人気者だし、グッズの売上も上々──だと思う。

展示されているメンダコは非常にデリケートなのだが、どのようにして採取しているのだろう……?

航海・採集日誌 | 新江ノ島水族館

底曳網で普通に採ってた。私が思っていたより貧弱ではなさそう。

飼育すると弱さが目立つメンダコ

底曳網で他の仲間達とともにサルベージされたメンダコは、飼育するのが非常に難しいらしい。

もともと深海生物であるため、普通に考えれば地上に出た時点で昇天するのもやむなし。それでもなぜ飼育に挑戦するのは何故か? それは……メンダコは集客効果が高いためである。

その希少価値から、過酷な地上に降り立った瞬間から「お前がこの水族館のアイドルになるんやで」の宿命を背負い、むしろ君が体で稼げとエロ同人誌みたいな展開に進む。つまりメンダコは、”生きているだけで価値がある”のである。(ゲスい顔で)はぁ尊い。

その飼育の難しさは、とある水族館の飼育日記で知ることができる。

2016/02/04 メンダコ飼育準備 | 新江ノ島水族館

「えのすいトリーター日誌」では、メンダコの死因に”エサのゴカイに体を食い破られた”とある。これが……弱肉……強食……っ! ルームメイトは敵……っ!!

私がはじめて見た「沼津港深海水族館」でも、『撮影禁止』『大きな音は立てないでね』との注意書きがあった。こいつら水中でどう生きているんだ? メンダコが自然界で『しんかい6500』と出会うとどうなるのだろう。スクリューの影響で「うわーっ」と飛ばされ、それを追うカメラ──! どうしよう、ちょっと見てみたい。

メンダコが見れる(かもしれない)水族館

沼津港深海水族館はメンダコ飼育の世界記録を保持しており、”居れば”基本的に展示しています(2019年11月13日現在展示中)。

沼津港深海水族館
光の届かない、深海。そこにはどんな生物がいるのか、実はほとんどわかっていません。きっと想像もつかないような生物が泳いでいるのだと思います。世界的にも希少なシーラカンスのほか、珍しい生物をたくさん展示。「こんな生物がいたんだ!」という発見をお楽しみください

飼育・展示記録がある水族館はそこそこ多い。でも数日で終わることが多いため(察して)、事前に「今日はメンダコちゃん出勤してる?」と確認しましょう。

ちなみに記録があるのは、「名古屋港水族館」「鳥羽水族館」「サンシャイン水族館」「葛西臨海水族館」「アクアワールド茨城県大洗水族館」「新江ノ島水族館」など。つまり、深海のアイドルちゃんと高確率で出会えるのは沼津港深海水族館だけ!

もし居なくても、干物と出会うことはできるから(真顔)。

ぺったんこでカリカリなメンダコ
ぺったんこでカリカリなメンダコ
スポンサーリンク

メンダコより強い君であれ

2019年に新卒で入社したメンツも、半年を過ぎて(普通なら)有給という「武器」を手にし、(あれば)冬のボーナスに長期休暇が待っている。

近頃は展示物による”環境型セクハラ”が話題です。直近だと秋葉原のエロゲー広告が議論の対象になりました。……まぁあれは視界に入れても「ウホホッ!」となる思春期は越えていますが、アキバの特性があるとはいえ、公共の場にドーンと置くのはいかがなものかと──は理解できる。

”環境型”の厄介なところは、マイノリティな意見でも通るところです。それだけ「セクシャルハラスメントの定義と認識」が広がっている背景もあり、住みやすい社会を造るには必要なことですけどね。

アングラーの世界で例えると──

  1. 管理釣り場で同じ条件下で釣りをしている
  2. 周りはポコポコ釣るのに自分1人だけ釣れない
  3. 俺だけ釣れないのはパワハラでは?

これも環境型パワハラと認定される可能性はあります。

わざと音を立てたり横入りして、釣れないよう意図的に仕組んだと証明できれば該当します。ただし”意図的”を立証することが難しい。映像がなければ自白させないとほぼ無理だし、法律として裁くのが難しい分野であります。痴漢の冤罪と同様に、いわれもない訴えが今後増えると予想できます。

その”もしも”に備えるために、メンダコより強いメンタルを持ち、自分が正しいことを立証できる冷静さを身に着けましょう。

これマジさわり心地よかった。

コラム 魚を知る
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました