テトリストに高価なタックルはいらない

テトリスト”とは──テトラの隙間にある、いやらしい穴を攻める「穴釣りメン」のこと。

ルアーは何かと金がかかる釣りですが、テトリストはお財布にめっちゃやさしい!

 

私のタックルなんて、シーバス用ルアー1個と同じくらいですよ。

スポンサーリンク

私の穴掘りタックルはワンコインです。

ルアー釣りをはじめてから気づいたことがある。

 

……なんかやけにお金が減らない?

 

散財しているわけでなく、あのルアーが欲しい、あれは釣れそう(錯覚)、この道具が欲しい、と。

気がつくと財布が軽量化されている不思議。

──あ、回数が多いからか(自己完結)。

 

現在愛用している「根釣用タックル」は、いつからあったかわからない古さ。

テトリストだった頃を思い返すと、「金がかからないし、魚をかける頻度は高い。最強じゃないか!」。うん、優秀な釣法だよな。

──仕掛けまで含めて、このタックル一式、おいくらだと思いますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A.(ざっくり)500円以下。

 

タックルの内訳

  • 竿:貰い物(船用20号1.8m)
  • リール:中古で200円(一応チヌ用)
  • ライン:道糸5号500mで500円程度、ハリス3号50m600円。
  • 針:チヌ2号か丸セイゴの13号前後(1個あたり20円程度)
  • オモリ:中通し4号(1個あたり40円前後)

 

──というわけで、タックルの単価はダイソーに勝っているレベルです。

高頻度にやる釣りでもないし、ハリスはともかくメインラインは替えるビジョンが浮かばないし、針とオモリも2セット買っておけば1年以上戦える。

根掛かり回避技術の向上もあって、根ズレで交換すること以外に、仕掛けを失うことも少なくなったのが大きい。 

えっ…?私のタックルはルアー1個より安いの…?

そう考えると、ルアーを買う行為は、ソシャゲでガチャるような感覚に……。

 

「もう十分元は取っただろう?」

 

そういわれば、そうやな……。

根魚は高級魚に入るので、いつもキープしているロック1匹でそれは余裕な気がする。

 

しかし、釣りにコスパを求めると、それは『漁』じゃないか?

趣味の範囲だからこそ、お金をじゃぶることは至極当然なんじゃないか?

そうだ、俺たちは課金兵なんだ!(発症)

 

私は釣りもソシャゲも微課金兵です。「快適にするための最低限は投資する」スタイルですかね。

特集記事
気に入ったら
「いいね♪」お願いします!
更新情報はSNSでも
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生